繊維に沁みる旨さ。ほぐし鶏のアンチョビサルササラダ。(糖質7.0g)

繊維に染み込む旨さ。ほぐし鶏のアンチョビサルササラダ。(糖質7.0g)

鶏年の今年は、昨年に負けない絶品レシピを作り上げたい。

そうするといつもしゃしゃり出てくるのが、大好きなほぐしチキンだ。

簡単・柔らか・ジューシーな彼を、今年はどう調理してあげよう。

ようし、今年のテーマは食材の絡み合いだ。

本日ご紹介するのは、ほぐし鶏のアンチョビサルササラダ

筋線維の隅々まで旨みが入る、おせっかいな旨みに要注意だ。


スポンサー様

ほぐし鶏のアンチョビサルササラダの美味しい糖質オフレシピ

費用:250円時間:10分糖質:7.0gたんぱく質:動物 34.1g  植物 0.7g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-08-17-52-06
まずは材料2人分)だ。

・トマト  1/2個
・ピーマン 2個
・玉ねぎ  1/4個
・鶏むね肉 300g
・アンチョビ 1缶

今回は、野菜もお肉もバランス良く。

できるオトコは全てのバランスを求める

そう本に書いてあったのだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-08-17-52-14
次に調味料だ。

・料理酒   小さじ2
・塩/黒胡椒  各軽く4ふり
・ぽん酢   大さじ1
・タバスコ  軽く6ふり
・大蒜チューブ 小さじ1

一見刺激的な彼らだか、完成後はフワッと甘みがあるのだ。

その甘みの正体はトマトであることは、後から気づいたのだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-08-17-52-29
まずは鶏むね肉に塩軽く4ふり、料理酒を小さじ2かけよう。

しかし鶏はなぜ、こんなにプリッとしているのか。

この秘密を解き明かした時、湯上りタマゴ肌も夢ではない気がするのだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-08-17-52-36
そしてこれを、シリコンスチーマーにて600W4分30秒レンチンしよう。

ぶっちゃけ私は、このまま食卓に出ても嬉しい。

私の将来の奥様は、きっと楽ができるだろう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-08-17-52-43
この熱を冷まし、しっかりと繊維を解していこう。

底に貯まっているエキスも染み込ませ、これにてほぐしチキンの完成だ。

ちなみにこれを愛犬にあげると、音速で胃袋の中に消えていったのだ。(塩分なしバージョン)

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-08-17-52-50
次に、ピーマン二個と玉ねぎ1/4個をみじん切りにしておこう。

わずかな苦みと、お料理に映える

この緑という色は、非常にほっとさせてくれる。

ガチャピンが紫じゃなくて、本当に良かった。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-08-17-52-59
ここに大蒜チューブを小さじ1加え、ふんわりとラップをしよう。

そしてこれを、レンジで2分30秒ほど加熱していただきたい。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-08-17-53-05
さらにこれに、以下の具材を合わせてしまおう。

・黒胡椒    軽く4ふり
・ぽん酢   大さじ1
・タバスコ  軽く6ふり
・トマト  1/2個(みじん切り)
・アンチョビ 1缶(みじん切り)

アンチョビはオイルも入れ、滑らかさを引き立てよう。

タバスコに関しては、お好みで激辛仕様にしていただいてOKだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-08-17-53-12
そしてここに、先ほどのほぐしチキンを投入しよう。

お箸を回すたびに異国の香りが広がり、鼻孔をくすぐる。

タッパ一杯作れば、旦那様も大喜びだろう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-08-17-53-26
そして少し味を染み込ませて、いさ完成だ。

辛味エキスの混ざり合う、形容しがたい美味しさをお楽しみいただきたい。


スポンサー様

低糖質の美味しさチェック

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-08-17-53-40
本来は青唐辛子を使うところを、ピーマンの旨みにチェンジ。

この判断が正しかったのか、答え合わせが必要だ。

職員室に入る時のように、礼儀正しくいただこう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-08-17-53-48
ごそっと一口を持ち上げ、しっとり感を楽しむ。

あぁ。

やはりチキンとサルサは、相性抜群だ。

玉葱とピーマンのほのかな辛みに、タバスコの風味がとても美味しい。

大蒜の香りも広がり、一口がこぶし大になってしまう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-08-17-54-02
そして、注目すべきはこの量だ。

一人暮しのメンズには嬉しい、チキン庭園

掻き上げるたびにチキンが躍る、エンドレス感が最高だ。

筋トレ後の腹直筋が、ひな鳥のように口を開けている。

あぁ、サルサチキンよ有難う。

これから一週間、タバスコを携帯したくなる美味しさだった。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

繊維に染み込む旨さ。ほぐし鶏のアンチョビサルササラダ。(糖質7.0g)

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)

こちらの記事もいかがですか?