じんわり旨い。レタス豆腐の味噌バター煮込みチャンプル(糖質7.4g)

じんわり旨い。レタス豆腐の味噌バター煮込みチャンプル(糖質7.4g)

心地良い春には、料理の旨みを噛みしめたい。

しっとり吹き出す旨みを、じっくりと味わいたい。

最近私は、お豆腐の旨みとしっかり向き合えていただろうか。

旨いまいまい!!と、ガキ大将の様に頬張っていただろうか。

本日ご紹介する、レタス豆腐の味噌バター煮込みチャンプル

シックな時間を過ごせる、味との個別面談を行う逸品だ。


スポンサー様

レタス豆腐の味噌バター煮込みチャンプルの美味しい糖質オフレシピ

費用:150円時間:15分糖質:7.4g脂質:16.1g塩分:1.3g
熱量:315kcalたんぱく質:動物 11.2g  植物 11.4g※上記データは1人分です。
写真 2017-04-03 17 28 43
まずは材料2人分)だ。

・木綿豆腐 1丁
・タマゴ  3個
・レタス  1/3個

潔さすら感じる、今宵の健康食材達。

いつも鶏むねの後ろでハンカチを噛んでいた彼らが、今宵の主役なのだ。

写真 2017-04-03 17 32 11
次に調味料だ。

・味噌    大さじ1
・有塩バター 計10g
・鶏ガラスープの素  小さじ0.5
・大蒜/生姜チューブ  各小さじ1

素材の旨みを引きだすためには、シンプルな調味料が最高である。

このデキる感じを出そうとしている理由は、昨日喫茶店で美味しんぼを読んだからかもしれない。

写真 2017-04-03 17 32 36
そしてまずは、木綿豆腐を薄く10等分に。

カットするだけの簡単仕様なので、一人暮らしを始められた方にも最適だ。

思い出される、私の新生活一発目。

それは約1kgのシャウエッセンだったことを、今も鮮明に覚えている。

写真 2017-04-03 17 32 26
そして次は、ふっくらスクランブルエッグを完成させよう。

卵を3つ使用する、主役級のふっくらタマゴ。

これがビジネスホテルの朝バイキングにあった日は、嬉しくて前日から寝られない。

簡単な作り方については、以下をご参照いただけるだろうか。

参照:わずか30秒。料理をふんわり包むスクランブルエッグの作り方(写真付き)

写真 2017-04-03 17 32 47
そして次に、レタスを1/3個手でちぎっておこう。

今回は特にサイズに規定はないが、より細かな方が旨みは沁みこみやすくなる。

この時期お安いレタスなのだが、使い切れないパターンも広く散見される。

ここぞとばかりに使い切り、広々とした冷蔵庫空間を取り戻そうではないか。

写真 2017-04-03 17 33 11
では早速、以下の調味料を同時に加えていこう。

・有塩バター 5g
・大蒜/生姜チューブ  各小さじ1

中火で30秒加熱するお決まりのスタイルだが、お豆腐との相性もばっちりだ。

写真 2017-04-03 17 33 24
そしてお豆腐の片面を中火で3分、焼き目を付けていこう。

味がない!と、お豆腐を避けていた従弟の康広の悩みも、本日で解決。

彼の喜びにあふれた笑顔が、フライパンに映り込むようだ。

写真 2017-04-03 17 33 34
そしてこれをひっくり返し、以下の調味料と共に中火で4分煮込んでいただきたい。

・水     大さじ3
・味噌    小さじ1
・鶏ガラスープの素  小さじ0.5

じんわりと味を染み込ませ、康広をさらに喜ばせてあげたい所存である。

写真 2017-04-03 17 33 44
そしてしっかりと味が沁みこんだら、ここでいったんお豆腐を避難させよう。

既に美味しい香りが立ち込めているが、ここはグッと我慢。

ではここからは、最後の行程に入って行こう。

写真 2017-04-03 17 34 01
そして最後の行程は、非常にシンプル。

まずはフライパンに以下を投入し、これまた中火で1分炒めていこう。

・味噌    小さじ21
・有塩バター 5g

レタスの水分がしっとり滲みだし、最後の煮込み工程にも活躍するのだ。

写真 2017-04-03 17 34 09
そして最後にお豆腐を戻し、がさごそ混ぜながら約1分

味噌と鶏ガラの旨みを全体に行き渡らせたら、いざミッションコンプリートだ。

写真 2017-04-03 17 34 33
この上に先ほどのスクランブルエッグを乗せ、いざ完成だ。

全ての食材が柔らかい、優しい世界をお楽しみいただきたい。

レタスはシャキシャキじゃん!というご意見は、元払いで郵送していただければ幸いだ。


スポンサー様

低糖質の美味しさチェック

写真 2017-04-03 17 34 43
味噌バターと柔らかなスクランブルエッグ、これだけでホッとするビジュアル。

タンパク質がここにあるよ!と脳が反応し、伝達された胃袋が背筋を伸ばす。

このふんわりした旨みを、お豆腐と共にいざ頂こう。

写真 2017-04-03 17 35 03
たまごの柔らかさと、ふんわり感を残した木綿豆腐。

沁みこんだエキスは少し薄めだが、心からホッとする美味しさだ。

鶏肉を頬張るのとはまた違った、グッとくる満足感に充足させられる。

写真 2017-04-03 17 35 13
そしてさらに、しゃきしゃき感を残したレタス。

クタクタになる一歩手前の、レタス炒飯のあの美味しさ。

程よい塩気で煮込んだレタスは、口いっぱいに頬張りたくなる快感だ。

あぁ、心からホッとできる逸品だ。

残業で疲れた日にも、また作りたいお豆腐メニューだった。


いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
じんわり旨い。レタス豆腐の味噌バター煮込みチャンプル(糖質7.4g)

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)

こちらの記事もいかがですか?