食卓10分。ふんわり辛みの皮なし粗びきチキンチョリソー(糖質5.8g)

10分で食卓へ。いい感じの辛み皮なし粗びきチキンチョリソー(糖質5.8g)

夏休みまであと一週間。

夜市でたくさんご飯を食べて、路上の飲み屋でしっかり飲んで…。

ん…?夜市?屋台?そ、そうだっ!!

本日は胃袋が思わず反応した、美味しい屋台レシピをご紹介しよう。

ご飯にもおつまみにも最適な、このチキンチョリソー

辛味も程よく調節したため、沢山の方にお楽しみいただけるのではないか。

でもちょっとピリ辛だ。

粗びきチキンチョリソーの美味しい糖質オフレシピ

費用:150円時間:10分糖質:5.8gたんぱく質:動物 25.1g  植物 0.2g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
写真 2016-08-03 19 34 32
まずは材料2人分)だ。

・鶏もも肉 250g(約1枚)
・たまご  1/2個
・大葉   5枚
・玉ねぎ  1/4個

皮なしソーセージと言えど、その旨みは容赦なしだ。

写真 2016-08-03 19 34 41
次に調味料だ。

・塩/黒胡椒 軽く6ふり
・クミン   軽く6ふり
・粉唐辛子 小さじ1.5
(一味唐辛子、チリペッパーでもOK)
・料理酒  小さじ2
・片栗粉  小さじ1
・オリーブオイル 小さじ6
・大蒜チューブ  小さじ1

少し量は多いが代用可能なのもあるので、何卒ご用意いただきたい。

写真 2016-08-03 19 34 50
今回の主役はこの二人。

韓国出身の粉唐辛子と、地中海出身のクミンだ。

粉唐辛子「안녕하세요」

クミン「मैं तुमं प्यार करता हुँ」

ちょと何言ってるのか分からない。

写真 2016-08-03 19 34 59
そんな二人は放っておこう。

まずは、鶏ももの脂肪をしっかり取り除こう。

今回は写真にも見える、筋も出来るだけ取り除いていただきたい。

写真 2016-08-03 19 35 11
これをフードプロセッサー、又はぶんぶんチョッパー先生で粗みじんにしていこう。

ぶんぶんチョッパー先生の場合、最初の段階で少し細かめにカットしておこう。

写真 2016-08-03 19 35 23
そして玉ねぎも、かなり細かめにみじん切りしておこう。

これもまたブンブン先生にお願いした。

ブンブン先生「わしゃ社畜か

写真 2016-08-03 19 35 33
次に香りづけの大葉5枚だ。

茎の部分は必要ないのでカットして、半分にしておこう。

写真 2016-08-03 19 35 42
これを丸めて細切りにカットしよう。

もちろん大葉が苦手な方は、なくてもOKだ。

写真 2016-08-03 19 36 28
そして以下の材料をすべて混ぜて欲しい。

・鶏もも肉 250g(約1枚)
・たまご  1/2個
・大葉   5枚
・玉ねぎ  1/4個
・塩/黒胡椒 軽く6ふり
・クミン   軽く6ふり
・粉唐辛子 小さじ1.5
(一味唐辛子、チリペッパーでもOK)
・料理酒  小さじ2
・片栗粉  小さじ1
・オリーブオイル 小さじ1
・大蒜チューブ  小さじ1

写真 2016-08-03 19 36 44
これをしっかり混ぜ込もう。

手で混ぜると、ささくれが地獄の悲鳴をあげるので要注意だ。

スプーンで根気よく混ぜて欲しい。

写真 2016-08-03 19 36 53
そしてラップを多めに広げ、その中心に細く乗せて行こう。

市販のソーセージレベルの太さにすると、非常にやりやすい。

写真 2016-08-03 19 37 10
ラップをしたからくるくる回し、端っこの部分を昔のキャンディーの様にねじって欲しい。
写真 2016-08-03 19 37 18
全部クルクルしたら、耐熱皿に乗せて置いてほしい。

「なぜ長さが違うのですか?」という記者の質問には、黙秘権を使おう。

「なんで太さが違うの?」という小学生の質問には、子供電話相談室の電話番号をそっと渡そう。

写真 2016-08-03 19 37 26
これを600Wで3分間加熱して欲しい。

あまり端っこを縛りすぎると、稀に破れてしまうのでご注意を。

写真 2016-08-03 19 37 35
お皿の上で端っこのラップをハサミでカットして、中からぬるっと引っ張り出そう。

この時の肉汁も取っておこう。

写真 2016-08-03 19 37 44
ではフライパンにオリーブオイル小さじ5(約大さじ2)ほど加えよう。

ここからプリプリソーセージへ昇格させよう。

強火でかりっと焼きを入れるのだ。

写真 2016-08-03 19 38 03
ジュー。コロコロ。
写真 2016-08-03 19 38 19
約90秒転がしながら炒めたら、最後に先ほどの肉汁を絡めよう。

ソーセージに肉汁を染み込ませ、おいしさバージョンアップだ。

175
最後にいい感じに並べたら完成だ。

マスタードもしくはマヨネーズをお勧めしたい。

今回はマヨネーズの方が断然マッチする。




低糖質の美味しさチェック

写真 2016-08-03 19 38 52
いい感じの焼き色、隠れた大葉の野菜感がいじらしい。

いい感じの重厚感に、ぽろぽろと崩れる事はない。

さぁ、早速ぱくついてみよう。

写真 2016-08-03 19 39 05
粉唐辛子のほのかな甘みを含んだ、粗びきチョリソー。

プリッとした歯ごたえに、肉汁が絡む。

とても美味しい。皮なしでも十分OKだ。

凝縮された旨みに、5本で足りるのかという疑問すら湧いてくる。

写真 2016-08-03 19 39 43
そしてこれ、マヨネーズとのコラボだ。

滑らかな舌触りと、ピリッとした辛味が絡み合う。

ぁぁこの組み合わせが一番おいしい。ソーセージ最高だ。

ゴメンネ、マスタード。

あぁ美味しかった。ご馳走様でした

チキンチョリソー、100本作っておくべき逸品だった。


いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
10分で食卓へ。いい感じの辛み皮なし粗びきチキンチョリソー(糖質5.8g)

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)

こちらの記事もいかがですか?