辛さを甘みに。食べる辣油の芳醇トマトガーリックシュリンプ(糖質3.9g)

辛さを甘みに。食べる辣油の芳醇トマトガーリックシュリンプ(糖質3.9g)
スポンサー様

海外のBARで食べるような、真っ赤な海老をモリモリ食べたい。

ビール片手に海老を掴み、海賊のように剥き倒す。

でも剥いている途中で、指が痛くなるのはご勘弁。

そんなワガママを聞いてくれる、おしゃんな海老レシピはないものか。

それなら本日ご紹介する、食べる辣油の芳醇トマトガーリックシュリンプ

和風な旨味に辣油の刺激、それでいて辛すぎない美味しい逸品だ。

同時に皆様、あけましてオメデトウございます(*’▽’)!

スポンサー様


食べる辣油の芳醇トマトガーリックシュリンプの糖質オフレシピ

費用:250円時間:40分糖質:3.9g脂質:7.0g塩分:2.7g
熱量:187kcalたんぱく質:動物 23.9g  植物 1.1g※上記は1人分 調味料の糖質一覧:こちら 食材の糖質一覧:こちら
食べる辣油の芳醇トマトガーリックシュリンプ
ではまずは材料2人分)から。

・海老      10匹
・国産大蒜    1片
・粗びきトマト缶 50g

エビ独特の香りをトマトに併せる、本日の簡単ガーリックシュリンプ。

芳醇なトマトソースを絡めながら、手を真っ赤にする晩御飯となるだろう。

食べる辣油の芳醇トマトガーリックシュリンプ
そして次に調味料を。

・塩/黒胡椒   各軽く6振り
・醤油     小さじ1
・ごま油    小さじ1
・食べる辣油  小さじ2
(臭み取り)
・料理酒    大さじ3

そして味付けは、トマトと食べる辣油の組み合わせ。

ただ辛みはそれほど強くないため、多くの人にお召し上がりいただけるだろう。

さらなる糖質オフを狙うなら!:本当にお勧めな糖質オフ調味料!🥫
隠れた名作揃い!:高たんぱく低糖質お勧めおつまみ!🍪

食べる辣油の芳醇トマトガーリックシュリンプ
では早速、本日の食材の下処理から始めよう。

まずは海老のこの辺りに竹串を刺し、背ワタをするりと引き抜こう。

この際のポイントは、結構深めに刺すこと。

さらにスルリできなかった場合には、隣の殻の隙間でお試しいただきたい。

意外に簡単な工程で、包丁を使うより個人的に好きな手法である。

食べる辣油の芳醇トマトガーリックシュリンプ
さらに背ワタを取った後は、料理酒大さじ3に5分程漬け込んでいただきたい。

市販のバナエイエビをご使用になられる際は、特に臭みも気になるところ。

柔らかくしながら臭みも取る、料理酒の敏腕がキラリと光る瞬間だ。

ちなみに本日は10匹をご用意したので、お二人でシェアする際のエビ奇数戦争も起き得ないだろう。

食べる辣油の芳醇トマトガーリックシュリンプ
さらにここで、以下を混ぜ込んだトマトガーリックソースも作成したい。

・塩/黒胡椒    各軽く3振り
・醤油      小さじ1
・ごま油     小さじ1
・食べる辣油   小さじ2
・粗びきトマト缶 50g

見た目と裏腹に意外と辛すぎない、こちらのソース。

マリオが落ちてもGAMEOVERにならない、優しい辛みが特徴だ。

食べる辣油の芳醇トマトガーリックシュリンプ
さらに料理酒の漬け込みが終わったら、海老に塩/黒胡椒を軽く3ふり絡めよう。

さらに先ほどのトマトソースを揉み込み、20分程放置していただけるだろうか。

また揉み込み後にクッキングペーパーに移動するのも面倒なため、予め乗せてしまうのがお利口さんだろう。

ちなみにこの手法は、最初から乗せれば(*‘∀‘)?と友人の息子様にご指摘いただいた。

末恐ろしいことに、まだ5歳である。

食べる辣油の芳醇トマトガーリックシュリンプ
そして漬け込み後は、240℃のオーブンで予熱なしの15分間焼き上げよう。

また食べ終わった際の海老の殻は、雑炊などのダシにしていただくと最高だ。

お勧めは春菊と白だしに併せた、春菊海老だし雑炊である。

凄い美味しいのだ。

食べる辣油の芳醇トマトガーリックシュリンプ
最後はやけどにお気を付けいただき、お皿に乗せていただこう。

お好みで乾燥バジルなどを振り、これにておしゃん海老の出来上がり。

今日は海老界のオフ会でも、催されるのかもしれない。

低糖質の美味しさチェック

食べる辣油の芳醇トマトガーリックシュリンプ
真っ赤な海老が生み出す、素晴らしきおつまみ感。

地平線からバドワイザーが走ってきそうな、抜群のBAR感が最高である。

これを片手にカウンターに座り、サッカーのブラジル戦なども観戦したい。

サッカーの知識はオリバーカーンで止まっているが、早速一口頂戴しよう。

食べる辣油の芳醇トマトガーリックシュリンプ
柔らかな海老に、ソースをたっぷり絡めて。

柔らかなトマトの酸味と、程よい辛みと和風の醤油

あぁこれぞ、ガーリックシュリンプの美味しさだ。

心地良い肉質に溺れる、旨味のエキス。

これは10匹ならば取り合いが起きないと考えていた、私が浅はかだった。

ソースをしっかりと絡めると、恐らく3分で食べ尽くしてしまう。

食べる辣油の芳醇トマトガーリックシュリンプ
繰り返しになるが、このソースをたっぷり絡めよう。

海老自体は薄めの味付けのため、大蒜トマトソースが非常に重要。

たっぷり乗せてパクリと食べると、海老の美味しさが吹き荒れる。

これは是非とも、家飲みでは100匹単位の海老祭りを開催したい。

そしてスミノフを片手に、海老ダンスを披露すべきかもしれない。

一剥き毎に心が楽しくなる、とても美味しい逸品だった。

いつもご覧いただき、本当に感謝します(*‘∀‘)!
旨ブロレシピ本も是非ご覧ください(*‘∀‘)!
旨ブロ電子書籍
旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様