イラストで分かる高濃度ビタミンCのリプライセルの効果と副作用

イラストで分かる高濃度ビタミンCのリプライセルの効果と副作用
スポンサー様

超人気のリプライセル

疑われることのない美容効果を持つ、ビタミンC。しかしその効果の多くは、製造工程で大きな差が生まれます。

本日ご紹介するのは、ビタミンCを高濃縮で摂取できるサプリ技術。ビタミンやGSHの効果を倍増させるリプライセルの効果と副作用を、イラスト付きでご紹介します!

この記事をお読みいただくと

  • 高濃度ビタミンCの効果を、詳しく理解する
  • リプライセル加工の効果と副作用を、徹底的に理解する
  • リプライセルの飲み方服用条件をしっかり理解する



リプライセル(LypriCel)とは?

リプライセル(LypriCel)とは?

高濃度ビタミンCで知られる、リプライセル。サプリメント名として定着しつつある名前ですが、まずはその特徴加工技術を、先にご覧ください。

リプライセル(LypriCel)とは

リプライセル(LypriCel)とは、高濃度ビタミンCやリポソームGSH(グルタチオンスルフヒドリル)を販売する、サプリメントの会社名。

その会社が使用するリポソーム化と呼ばれる技術により、従来のビタミンCやリポソームGSHでは達成できなかった高い吸収率が実現した。※現在この技術は数社持つとされる

ビタミンCは本来体内への吸収率が非常に低く、その美肌・アンチエイジング効果が阻害されている。そこでリプライセル社はビタミンCをはじめとする各種ビタミンをリポソーム化し、その吸収率を格段に引き上げることを目的とした。

結果として約98%という高吸収率の高濃度ビタミンCが完成し、それらがリプライセルシリーズとして販売されている。そのため『リプライセル=効果の高いサプリ』のイメージが定着し、主にビタミンCにてその技術が使用されている。

リポソーム化されたビタミンC

つまりリプライセルとは、高い吸収率を持つリポソーム加工を活用したサプリのこと。元は社名でしたが、現在はサプリ名として浸透しつつあります。

そしてリポソーム化された各製品は吸収率が高いだけでなく、各細胞に届く特徴を持っています。そのため他の同成分の製品より、高い美容・健康効果が期待できます。

しかしリポソーム化とは一体、どんな技術なのでしょう。


スポンサー様





リポソーム化とは?

まずリポソーム化とは、ビタミンCなどを人体の細胞膜と同じ構造の人工カプセル(ナノカプセル)にする技術のこと。ここからはビタミンCを例に挙げ、その特徴をご紹介します。

まずこの技術により、ビタミンCはナノカプセルに包まれたまま細胞膜を通過します。そして消化管壁から、今までにない高確率で吸収されます。

つまりビタミンCがナノカプセルというマシーンに乗って、体内に入り込むのです。まるで生身で突っ込んで戦死した、過去のビタミンCの仇討ちのように。

最新のリポソーム号に乗る 志の高いリプライセルさん
このリポソーム加工では、ビタミンCを消化管壁を通過しやすい構造(リポソーム化)にします。その結果、今まで消化管壁で吸収されなかったビタミンCも通過できるようになりました。

結果として約50%だった従来の吸収率は、約98%(公式発表)に引き上げられます。つまりは今までの倍、吸収されるようになったのです。

リポソーム号で消化壁を突破する テクニシャンなリプライセルさん
そして消化管壁から吸収されたリプライセルは、体内をどんどん進軍します。そして消化管壁➡リンパ管➡肝臓へと辿り着き、最後には体全体に流れる血液に到達します。

そして大切なのは、リプライセルがこの段階でまだリポソーム化されているということ。細胞膜を通過したリポソーム化ビタミンCは、その中に蓄えた物質(今回はビタミンC)を細胞にしっかりと手渡すのです。

つまり通過するだけではなく、受け渡しまで行ってくれるということ。この細胞までの到着率もまた、リポソーム化の素晴らしい点です。

細胞にしっかりと受け渡される 高濃度のリプライセルさん

そのお仕事っぷりは、まさに一流のトランスポーター。体に吸収されるだけでは80点、細胞までたどり着いて100点というわけです。

さらに、こちらの行程を端的に表した動画も存在します。英語の動画ですが、より明確にイメージできるため是非ご覧ください。

~ リプライセル加工の浸透に関する動画 

つまりリポソーム化されたビタミンCは、吸収・細胞への受渡しが可能だということ。そのためリポソーム化されたビタミンCは、現段階で最強との意見も多い。

ただここで対抗馬として出てくるのが、高濃度ビタミンC点滴です。これは医療現場でも使用される高効果のビタミンC摂取方法ですが、こちらも併せてご説明します。



高濃度ビタミンC点滴とは

高濃度ビタミンC点滴とは
まず高濃度ビタミンC点滴とは、その名の通り高濃度のビタミンCを血液に直接投与する治療法です。これは本来ガン治療(がん細胞の消滅)を主目的として始められた治療法ですが、実際にはガン治療だけではなく倦怠感や不眠症の改善などにも効果があると、韓国医師会の雑誌にも論文が発表されています。

そしてこの高濃度ビタミンC点滴は、ニキビ・睡眠質の改善・クスミ・日焼け跡治療にも大きな成果を挙げています。美白・アンチエイジング・抗酸化作用に高い効果があるとされ、医師の方の中にも愛用者は非常に多いと伺いました。

副作用の報告も殆どなく、ビタミンC特有の摂取量に比例する効果にも期待が寄せられています。今後研究が進むにつれ、浸透する可能性の高い治療法の一つとされています。

報告された沢山のメリットに加え さらに未知の可能性を秘めたビタCさん
素晴らしい。何とお医者様達は、点滴を美肌・健康維持のために使用されているというのです。

レモンを丸かじりしていたワンパクな時代とは、どうやら訳が違うようです。ではこの高濃度ビタミンC点滴には、どんな特徴があるのでしょう。

高濃度ビタミンC点滴の特徴

  1. 血液投与のため、数時間で体感するほどの即効性
  2. メラニンの生成を抑える効果が高く、肌の変化直前でもシミ生成を予防
  3. 経口摂取に比べ、血中のビタミンC濃度を20倍~40倍に引き上げる
  4. 抗酸化作用による、ガン細胞の発生抑制が研究されている
  5. 高濃度の恩恵が大きいため、時に少量からの投与を薦められる
  6. 高い免疫力を維持できるため、2週間に一度の投与で良い
つまり高濃度のビタミンCを直接血液に投与することで、ビタミンC本来の効果を最大化するということ。経口摂取では高確率で排出されてしまうビタミンCも、高濃度点滴ならばまさに恩恵祭りと言ったところです。

もちろん血液に投与するのは、専門機関で製造された専用の高濃度ビタミンC点滴だけ。C1000タケダを血液に注射するわけではありませんので、必ず専門機関にご相談されてください。(ダメ絶対)

血液に直接投入される 高濃度点滴のビタミンCたち

さらにこちらの高濃度ビタミンC点滴は、美人医師の方々もこぞって愛用されているとのこと。お医者様が使用していらっしゃるなら、かなりの期待が持てそうです。

しかもその愛用者は、かなりの規模の様子です。この高濃度ビタミンC点滴こそ、彼女たちの麗しい肌の秘訣だったのか…。



さらなる糖質オフを狙うなら!:本当にお勧めな糖質オフ調味料!🥫
隠れた名作揃い!:高たんぱく低糖質お勧めおつまみ!🍪

ビタミンCの医学的な見解と効果

ビタミンCの医学的な見解と効果

実はビタミンCには、美肌・美容以外にも臨床的に様々な効果が報告されています。ではここで、ビタミンCの医学的な効果と見解も見てみましょう。

これはリプライセルの効果にも当てはまりますので、是非ご覧ください。今回以下の英語文献を、根性で読み進めさせていただきました。

ビタミンCの価値を示す文献
CURING THE INCURABLE” Thomas E. Levy MD JD (ビタミンC臨床家)


和訳:医学文献中のビタミンCの莫大な価値は未確認のままであり、おそらく無視されるかもしれません。現在の医療におけるビタミンCのほとんどのレビュー文献には、ビタミンCについて行われた独自の研究はほとんど言及されていありません。

最適量のビタミンCを定期的に投与することによって、少なくともある程度まで(病気は)低下します。改善されていない人間の病気や病状は、ほとんどいません。(※つまり改善される)

(※特定の病気に関するビタミンCの投薬に関する表現)

参照:https://www.vitaminc.co.nz/pdf/INTRO-CURING-THE%20INCURABLE.pdf

この文献でThomas E. Levy MD JD先生は、ビタミンCが数多くの病気を予防・改善すると述べています。そして同時に、『その有用性に多くの方がまだ気が付いていない』とも仰っています。

中にはケトジェニックとの組み合わせ効果の話もあり、非常に面白い話ばかり。ここでは簡単な説明で留めさせていただきますが、是非グーグル翻訳で根性でお読みになってください。(英語読める方っていいよね)

そしてビタミンCの豊富な効果は、これから医学においても注目されるでしょう。そしてそれを効率良く摂取できるリプライセル社のリポソーム化技術も、一つのスタンダードとなると考えられています。

『有用性に多くの人が気づいていない』 とか言われて、ご機嫌のビタミンCさん

もちろんこの文献も、多くのビタミンC臨床の一つに過ぎません。しかし長年の研究者のご意見は、大きな本質を捉えていると考えられます。

ではここでお話を戻して、リプライセル高濃度ビタミンC点滴を比較してみましょう。高濃度ビタミンC点滴と高濃度ビタミンC点滴ならば、どちらが効果が高いのでしょう。この疑問を解決しない限り、私は夜しか眠れません。(健康的)

スポンサー様





リプライセルと高濃度ビタミンC点滴の比較

リプライセルと高濃度点滴の比較

さぁここで、加工技術デスマッチの開催です!リプライセルと高濃度ビタミンC点滴の、一体どちらがより効果的にビタミンCを吸収できるのでしょう。

リプライセル(リポソーム化)の特徴

リプライセル(リポソーム化)の特徴
まずリプライセル社のリポソーム化の場合、ビタミンCは消化壁をすり抜けリンパ管→肝臓→血液まで到着します。そして血液中に流れた後は、リポソーム化により細胞まで到達します。

つまり血液にもしっかり到着し、そして細胞まで高確率で手渡しされます。ここまでお膳立てされれば、ビタミンCはきっと良いお仕事が出来るに違いありません。

高濃度ビタミンC点滴の特徴

高濃度ビタミンC点滴の特徴
では次に高濃度ビタミンC点滴は血管投与のため、当然ビタミンCは直接血液に届けられます。そして血中では平均20~40倍のビタミンC濃度に上昇し、高い抗酸化作用を発揮すると考えられています。

これは血液に投与されたビタミンCが高濃度を維持していることに由来します。いわばより高い効果を得るために、途中で離脱するビタミンCを極力少なくする方法なのです。

このようにいずれの技術も頑張っているため、どちらを応援すれば良いのか分かりません。まるで孫達の運動会を観覧する、お爺ちゃんの気分です。

実際に箱買いしているリプライセル(リポスフェリックの図))

ただ雰囲気的には、高濃度ビタミンC点滴の方が『高濃度だから』効果がありそうです。ただプライセル社の各製品も、高濃度を売りにしています。

リプライセル社の販売する各種製品は、一般的なビタミン剤の濃度ではありません。ビタミンCを始めとして、非常に高濃度な製品を取り扱っているのです。

ただなんか言葉の響き的に、高濃度点滴の方が凄そうに感じてしまいました。なんだかんだ言って、血液に直接投与する方が凄いに決まっています。

そんな偏見タップリの私ですが、調べる過程で一つの文献にぶち当たりました。それが、以下の文献です。

リポソーム化ビタミンCと、高濃度ビタミンC点滴との比較

感染症や様々な疾患の患者にリポソーム化した製剤を経口摂取(口から摂取)した場合の臨床的な効果は、しばしば頸静脈的(点滴)に同じものを投与した場合の効果を凌ぐことがある。

特にビタミンCの場合は劇的です。リポソーム化したビタミンCの一日5g~10gの経口投与は、点滴で25g~100g投与するよりも明らかに臨床的な効果が高いケースが認められています。

参照:https://www.kokorono-clinic.com/wp-content/uploads/20110802_kokorono-clinic_oral_vitamin_c.pdf

点滴に勝ってしまった。

これは雰囲気的にOKなのでしょうか。ただこれも数多の論文の一つであり、確定的な意見ではないことは何卒ご了承ください。

一部の見解では高濃度ビタミンC点滴にも勝る、このリプライセル。ではこのリプライセルを実際に服用すると、一体どんな効果が期待できるのでしょう。

後半ページに続く⇒

旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様

イラストで分かる高濃度ビタミンCのリプライセルの効果と副作用

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)


ひよこが教える 旨すぎ糖質オフレシピ-爆やせ&爆ムキ

学研様発!待望の絶品レシピ本!
ひよこが教える 旨すぎ糖質オフレシピ

低糖質だけじゃない!
イラスト・漫画付きで
楽しく旨いダイエットレシピ本!
未公開レシピを含め
全83種類


鉄板の厳選レシピをお届け(*‘∀‘)!
無料メルマガ・NOTE

旨ブロの無料メルマガ・NOTE


月・水・土の週三回、700種類のレシピから
厳選レシピ不思議ハックをお届け!

高品質な自炊テク・ダイエット情報
是非ご覧ください(*‘∀‘)!

全品1食糖質9g以下!本当に使える絶品ダイエットレシピ本

絶品低糖質レシピなら、この一冊!
本当に使える絶品ダイエットレシピ本

全品糖質1食9g以下!
美味しい糖質制限なら、こちらの一冊!
未公開レシピを含め全84種類

※キンドル読み放題対応
AMAZONでチェック!


こちらの記事もいかがですか?