イラストで分かる糖質カット『桑の葉』のダイエット効果と副作用

イラストで分かる糖質カット『桑の葉』のダイエット効果と副作用
スポンサー様

糖質カットで人気の、桑の葉。

糖質制限をしてると、夢みたいなサプリメントに出会います。それは「これを飲めば、糖質を吸収しない!」といった、心躍るような広告です。

今回本記事では糖質カットを謳う桑の葉のダイエット効果と副作用を、イラスト付きで詳しくご説明します。

この記事をお読みいただくと

  • 桑の葉の持つ効果具体的な働きがイラスト付きで分かる
  • 桑の葉の副作用が、過去の研究結果と共に分かる
  • より健康的な、ダイエットライフが送れる


スポンサー様


桑の葉のダイエット効果とは

桑の葉のダイエット効果とは

ではまずは、桑の葉のダイエット効用には、以下の効果が期待されます。実際には多数の効果が報告されていますが、今回は純粋に、桑の葉の糖質カット効果のみに着目して、ご説明させていただきます。

桑の葉DNJ(デオキシノジリマイシン)の効果

  • 小腸における糖分吸収の遅延
  • 便秘の改善による、腸内環境の正常化

まず多くの桑の葉のサプリのパッケージには、上記の記載が多く見られます。そしてこのDNJの効果をご理解いただくには、以下の前知識が必要です。

なぜ桑の葉を摂取すると、ダイエット効果に繋がるのか。それは『糖質カットでなぜ痩せるのか?』という、基礎からご理解いただく必要があります。

糖質カットで痩せる簡易的なロジック

まず炭水化物を吸収すると、口から食道・胃・小腸の順で体内を突き進みます。炭水化物は麺・パン・米などに多く含まれ、私たち現代人の主食とも言える成分です。
体内を突き進む炭水化物さん
そして小腸の壁にお住みの「α-グルコシダーゼ」というエグイ名前の酵素により、炭水化物は二糖類という糖から単糖類という糖に分解され、小腸に吸収されてしまいます。
グルコシダーゼによる分解の図
α-グルコシダーゼによる分解の図
そして単糖類は肝臓を通過する時に、大半がグルコース(ブドウ糖)になり、これが血流に放出されます。※これが血糖値=血中糖濃度を変化させる要因となる
単糖類の血流放出
単糖類の血流放出
この流れてきた元炭水化物であるグルコース(ブドウ糖)が、血糖値の上昇を引き起こします。ブドウ糖の存在に体が反応し、インスリン(血糖値を下げるホルモン)を排出すると考えられます。
インスリンの放出
さらにインスリンは取り過ぎた糖分を脂肪にしてしまう、やんちゃな性質をお持ちです。そのため炭水化物の過剰摂取=脂肪を蓄えやすいという方程式が完成するということです。
インスリンによる脂肪蓄積作用
そのため多くの糖質制限を元にしたダイエットでは、炭水化物の摂取自体を減らすことが一つの目的。非常に簡単にご説明させていただきましたが、実際の糖質制限はより複雑な仕組みである点はご容赦ください。

ではここまでの基本を元に、桑の葉の効果を引き続きご説明させていただきます。


スポンサー様


桑の葉の分かりやすい糖質カット理論

まず桑の葉には、小腸からの糖分吸収を遅延させる効果があるとお話させていただきました。これはつまり、炭水化物がブドウ糖になるサクセスストーリーの中で登場した、α-グルコシダーゼの働きを抑えるという意味です。
αグルコシターゼの働きを抑える
つまりα-グルコシダーゼが働かないと言うことは、炭水化物が二糖類から単糖類にされないということ。 そしてさらに細かく言えば、小腸に吸収されないということを意味します。

そして小腸に無視された炭水化物(二糖類)は、大腸に連行されます。そこで炭水化物は発酵し、炭酸ガスと水へと変化します。

しかしそのおかげで、最初にお伝えした以下の効果に繋がります。つまり吸収されないことにより、以下の効果が期待できるということです。

糖質が吸収されないメリット

  • 便秘の改善(大腸が活発になって便が大量に出る)
  • ダイエット、糖質制限のサポート(そもそも血液にブドウ糖が出ない)
つまり桑の葉の糖質カット効果をまとめると、ざっと以下の通りです。
桑の葉による糖質カット効果(簡易版)

  • 炭水化物が小腸に吸収されないようにする
  • そのためにはα-グルコシダーゼの働きを弱める
  • 結果として炭水化物は、二糖類のまま大腸に進む
  • そのα-グルコシダーゼの働きを弱めるのが、桑の葉に含まれるDNJ(デオキシノジリマイシン)である
ざっくりとではありますが、これが桑の葉の効果です。以前個人的に桑の葉を飲んでいた時は、糖質自体を桑の葉がくるむような漠然としたイメージで飲んでいましたが、事実は全く別物でした。

ただαグルコシターゼの本来の働きを、止めてしまっても良いのでしょうか。本来出るべきものを止めるのは、何かしら問題があるのでは?

個人的には止めるという響きに、非常に不安を感じました。ではこの問題に関しても、詳しくご説明させていただきます。


スポンサー様



α-グルコシダーゼの働きを抑えて良いのか?

実はαグルコシターゼの働きを抑える訳ではありません。正しくは働きを止めるのではなく、勘違いさせるということです。

つまり小腸の壁にいるα-グルコシダーゼの働きを止めるのではなく、DNJ自らが抱き付く。桑の葉に含まれるDNJは構造が炭水化物と非常に良く似ているため、α-グルコシダーゼに勘違いされるとのこと。 君は炭水化物?と。

炭水化物か分解から逃れる図
すると炭水化物は単糖類に変化させられることなく、大腸へと逃げのびる。このロジックこそが、糖質カットに繋がるのです。
炭水化物か分解から逃れる図
そして念願の大腸にたどり着いた、炭水化物。彼はここで発酵されてガスとなり、脂肪どころかお通じを良くするお掃除役に転職します。便通を改善し、腸内環境を整える役割を持つということです。
炭水化物か分解から逃れる図
つまりWEBや販売元でブドウ糖吸収阻害作用と記載されていたのは、これらのロジックです。小腸自体の働きを止めるのような怖い印象ではなく、むしろ自分から人身御供となり小腸に吸収されるということ。

ただDNJの結合は結構ゆるく、ブドウ糖吸収を全て邪魔するわけではないとのこと。でもこれが逆にゆったりとした血糖値の上昇に繋がり、食後の血糖値の急上昇を抑えてくれるとのことです。

すごく…良い奴じゃん…。

しかし。

これらの阻害効果も含めて、桑の葉の糖質カットに本当に問題点はないのでしょうか。皆様の健康にも繋がるため、この点も詳しくご説明させていただきます。


いつもご覧いただき、本当に感謝します(*‘∀‘)!
旨ブロレシピ本も是非ご覧ください(*‘∀‘)!
旨ブロ電子書籍
旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様

イラストで分かる糖質カット『桑の葉』のダイエット効果と副作用

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)


鉄板の厳選レシピをお届け(*‘∀‘)!
無料メルマガ・NOTE

旨ブロの無料メルマガ・NOTE


月・水・土の週三回、700種類のレシピから
厳選レシピ不思議ハックをお届け!

高品質な自炊テク・ダイエット情報
是非ご覧ください(*‘∀‘)!

全品1食糖質9g以下!本当に使える絶品ダイエットレシピ本

絶品低糖質レシピなら、この一冊!
本当に使える絶品ダイエットレシピ本

全品糖質1食9g以下!
美味しい糖質制限なら、こちらの一冊!
未公開レシピを含め全84種類

※キンドル読み放題対応
AMAZONでチェック!


こちらの記事もいかがですか?