隠れても平気。干し海老蒟蒻の絶品海苔チーズお焼き(糖質5.3g)

隠れても平気。干し海老蒟蒻の絶品海苔チーズお焼き(糖質5.3g)
スポンサー様

もし普段のレシピで、ちょっと糸蒟蒻が残ったら。

そんな時は、日本の珍味たちとお焼きにして欲しい。

干し海老・海苔・チーズを秘めた、ふんわりお焼き。

その香ばしい一口は、低カロなのに満足度も最高だ。

本日ご紹介する、干し海老蒟蒻の絶品海苔チーズお焼き

お子様と作っても相当楽しい、スベスベで作り易い逸品である。

スポンサー様


干し海老蒟蒻の絶品海苔チーズお焼きの美味しい糖質オフレシピ

費用:150円時間:10分糖質:5.3g脂質:10.3g塩分:1.3g
熱量:158kcalたんぱく質:動物 8.5g  植物 0.7g※上記は1人分 調味料の糖質一覧:こちら 食材の糖質一覧:こちら
隠れても平気。干し海老蒟蒻の絶品海苔チーズお焼き(糖質5.3g)
ではまずは材料2人分)から。

・長ネギ    1/2本
・海苔     板状2枚
・卵      1個
・糸蒟蒻    50g
・干し海老   5g
・溶けるチーズ 30g

少し種類は多めでも、色々な味わいが楽しめる本日のお焼き。

干し海老海苔の焼けた香りが、ふわりと口いっぱいに広がる味わいだ。

隠れても平気。干し海老蒟蒻の絶品海苔チーズお焼き(糖質5.3g)
そして次に調味料を。

・片栗粉  大さじ1
・醤油   小さじ1
・オリーブオイル  小さじ1
・鶏ガラスープの素 小さじ0.5

そして味付けは、少量の鶏ガラスープと醤油だけ。

お子様でも作れる逸品を、是非たっぷりとご作成いただきたい。

さらなる糖質オフを狙うなら!:本当にお勧めな糖質オフ調味料!🥫
隠れた名作揃い!:高たんぱく低糖質お勧めおつまみ!🍪

隠れても平気。干し海老蒟蒻の絶品海苔チーズお焼き(糖質5.3g)
では早速、本日の食材の下処理から取り掛かろう。

また本日使用するのは、糸こんにゃく約50g。

まずはこちらの水気を切って、包丁で細かく刻んでいただきたい。

またもしアク抜きタイプでなかったら、中火で3分程煮込んでいただけるだろうか。

隠れても平気。干し海老蒟蒻の絶品海苔チーズお焼き(糖質5.3g)
さらに今回は、以下を一気にボールに加えて

・長ネギ    1/2本(みじん切りに)
・海苔     板状2枚(細切りに)
・卵      1個
・糸蒟蒻    50g(刻んだもの)
・干し海老   5g
・溶けるチーズ 30g
・片栗粉    大さじ1
・醤油     小さじ1
・鶏ガラスープの素 小さじ0.5

隠れても平気。干し海老蒟蒻の絶品海苔チーズお焼き(糖質5.3g)
こちらをまるでお好み焼きのように、あとはせっせと混ぜ込むだけ。

すると何だか一儲けできそうな、低カロリーの蒟蒻お焼きのベースが完成だ。

糸こんにゃくの存在感がえげつないが、果たしてお焼き感は無事だろうか。

隠れても平気。干し海老蒟蒻の絶品海苔チーズお焼き(糖質5.3g)
しかしお焼きの長所は、何を入れてもいい感じに仕上がるという力強さである。

ここではそのポテンシャルを盲信し、まずはフライパンにオリーブオイルを小さじ1。

また今回はテフロン加工のフライパンを、中火で加熱していただけるだろうか。

と言っても最近は、テフロン加工でないフライパンの方が珍しい。

焦げ付き最高!』と謳われたノンテフロン品があれば、逆に欲しいくらいである。

隠れても平気。干し海老蒟蒻の絶品海苔チーズお焼き(糖質5.3g)
そしてこちらにお焼きタネを、スプーンで掬って投入しよう。

ここではお互いがくっつかないように、端っこから攻め込もう。

また地元のお好み焼きパーティでは、『隣接するお好み焼きにくっつけたら吸収される』という地方ルールが適応される。

つまり隣のタネにくっつけてしまったら、まるで企業合併のようにM&Aされるのだ。

隠れても平気。干し海老蒟蒻の絶品海苔チーズお焼き(糖質5.3g)
そんなことを思い出しながら、焼き時間は片面3分の裏面2分30秒

さらにひっくり返したら、ヘラで少しぎゅっと押し付けていただきたい。

また大量にご作成される場合には、ホットプレートの方が楽しく簡単かもしれない。

ちなみに先ほどの地方ルールを適用するならば、真ん中お焼きの作成者が左の2枚を総取りできるのだ。

隠れても平気。干し海老蒟蒻の絶品海苔チーズお焼き(糖質5.3g)
そして最後はお皿に並べ、いい感じの緑系のお野菜を下に敷いて。

これにて蒟蒻食感がいい感じに働く、絶品海苔チーズお焼きの完成だ。

毎日のオヤツにそっと加えて欲しい、香ばしくパクパクいける逸品である。

低糖質の美味しさチェック

隠れても平気。干し海老蒟蒻の絶品海苔チーズお焼き(糖質5.3g)
意外な程にずっしり重い、本日の海苔チーズお焼き。

実は干し海老と海苔に関しては、他の乾物に変えていただいても差し支えない。

塩昆布や青さでも、素晴らしい美味しさに変化する。

つまり珍味系が仲良く焼き上げられる逸品、それが絶品こんにゃくお焼きなのだ。

隠れても平気。干し海老蒟蒻の絶品海苔チーズお焼き(糖質5.3g)
そして一口ぱくりと食べると、まぁ軽い。

海老と海苔チーズの出汁が広がり、香ばしい旨味に包まれる。

さらに気になる蒟蒻の食感に関しては、僅かに感じる程度である。

それよりも卵とチーズの主張が強く、ふわっと鼻を抜ける風味が素晴らしい。

糸こんにゃく、ここまで隠れんぼ技術を磨き上げていたとは驚きだ。

隠れても平気。干し海老蒟蒻の絶品海苔チーズお焼き(糖質5.3g)
さらに半分にカットしてみると、隠れている蒟蒻がお出迎え。

しかしぎっしり練り込まれたにも関わらず、そこまで主張しない食べ応え

蒟蒻混ぜ込みタイプ、これはお好み焼きでも十分通用しそうである。

余裕で30枚は食べられそうな、本日の絶品海苔チーズお焼き。

糸こんにゃくが少し残っている日には、ふと思い出していただきたい。

新たな就職先を見つけ、きっと彼らも頑張ってくれるだろう。

旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様