追加に一品。旨さ沁みるシャケカブ黒ゴマバターきんぴら(糖質4.7g)

追加に一品。旨さ沁みるシャケカブ黒ゴマバターきんぴら(糖質4.7g)
YOUTUBEレシピ動画

根菜のきんぴらは美味しいけれど、どうしても高糖質になってしまう。

和風の旨味溢れるあの逸品に、もうずっと会えないのか…。

そんな時に食物庫から、美味しい奴らが飛び出した。

それはまさかの海と山、カブと鮭の珍しタッグだ。

本日ご紹介する、シャケカブ黒ゴマバターきんぴら

もう一品にも最適な、蕩ける野菜食感をご堪能いただきたい。

スポンサー様


旨さ沁みるシャケカブ黒ゴマバターきんぴらの美味しい糖質オフレシピ

費用:170円時間:15分糖質:4.7g脂質:16.3g塩分:1.9g
熱量:260kcalたんぱく質:動物 18.1g  植物 1.7g※上記は1人分/下茹で用未換算
旨さ沁みるシャケカブ黒ゴマバターきんぴら
ではまずは材料2人分)から。

・カブ  小さめ2個
・無塩鮭 2切れ

大根より皮が多く、きんぴらに適した新鮮なカブ。

それでもカブは抜けません!の名台詞で有名な、きんぴらにも美味しいヘルシー根菜だ。

旨さ沁みるシャケカブ黒ゴマバターきんぴら
そして次に調味料を。

・ごま油   大さじ1.5
・有塩バター 5g
・塩/黒胡椒  各軽く3ふり
・醤油    小さじ2
・黒すりごま 小さじ2
・ほんだし  小さじ0.3
・料理酒   大さじ1

本日の美味しさの決め手は、ずばりごま油とバターのマッチング。

最後にちょっとバターを溶かすと、鮭もカブ抜きに一生懸命参加するだろう。

旨さ沁みるシャケカブ黒ゴマバターきんぴら
では早速、本日の食材の下処理から行おう。

まずは無塩鮭二切れに、以下の調味料をしっかり揉み込もう。

・塩    軽く3ふり
・料理酒  大さじ1

そしてこちらを5分ほど放置していただき、中までふっくら柔らかに。

また冷凍されている場合は、事前にご解凍いただければ幸いだ。

旨さ沁みるシャケカブ黒ゴマバターきんぴら
さらにお次は小さめのカブ2個を、きんぴらサイズにカットしよう。

こちらは上の茎と白い部分の境目をカットし、2㎜幅に薄くスライス

さらに重ねて包丁でカットし、太めのカラムーチョサイズに細かくしていただきたい。

大根よりも食感が良く、皮が多めできんぴらにも最高だ。

旨さ沁みるシャケカブ黒ゴマバターきんぴら
さらに今回は、茎の部分も全て使おう。

こちらも水でしっかり洗い、細かくトントンカッティング。

お漬物にしても美味しい、快感食感が抜群である。

その美味しさは、カブがおまけなのではないかと疑う程だ。

旨さ沁みるシャケカブ黒ゴマバターきんぴら
そしてそうこうしているうちに、鮭の5分揉み込みも完了である。

ここでラップをふわりとかけて、さらに600Wのレンジで約100秒間

今回は薄めの鮭のため、少しだけ時短でレンチンしていただきたい。

旨さ沁みるシャケカブ黒ゴマバターきんぴら
さらに骨と皮を取り、お箸でしっかりワシワシほぐそう。

無茶苦茶に楽しいこちらの行程も、実際は簡単で僅か30秒

センター試験に鮭ほぐし科目があったなら、私の偏差値はクマと競り合うだろう。

旨さ沁みるシャケカブ黒ゴマバターきんぴら
そしてここからは、早速調理に取り掛かろう。

まずはフライパンを強火で熱し、ごま油を大さじ1.5投入しよう。

今回は放置気味でもOKなため、お気軽にやっちゃっていただきたい。

旨さ沁みるシャケカブ黒ゴマバターきんぴら
さらにこちらに、カブ軍団を全て投入していただけるだろうか。

ここからはひたすら、強火でジャンジャカ炒めるだけ。

そしてそのお時間は、何と驚異の11分

カブのトロシャキ感を引き出すため、少し長めでお願いしちゃう次第である。

ただ基本は放置で、時折混ぜるくらいでも大丈夫だ。

旨さ沁みるシャケカブ黒ゴマバターきんぴら
さらに炒め終わりには、以下の調味料を加えて30秒追加で炒めよう。

・醤油    小さじ2
・ほんだし  小さじ0.3

結構薄味に感じられるが、意外に鮭の塩気で良い感じ。

きんぴらなのにヘルシーという、ごぼうに夜道で狙われそうな逸品だ。

旨さ沁みるシャケカブ黒ゴマバターきんぴら
そして最後は火を止めて、以下の食材+調味料を予熱で混ぜ込んでいただけるだろうか。

・有塩バター 5g
・黒胡椒   軽く3ふり
・ほぐし鮭  2切れ分

またここで鮭が少し生っぽいようならば、少し炒めていただければ幸いである。

旨さ沁みるシャケカブ黒ゴマバターきんぴら
そして遂に完成する、山盛りシャケカブ黒ゴマきんぴら

黒ゴマとバターの香りが香ばしい、もう一品に最適なお惣菜である。

今年のお中元は、荒巻鮭を頂けます様に…。(ナムナム)


スポンサー様


低糖質の美味しさチェック

旨さ沁みるシャケカブ黒ゴマバターきんぴら
まるでジャガイモきんぴらのような、弾力と食感を持ち合わせたカブの重さ。

柔らかさの中にしなりを帯び、大変に食べ易そうだ。

葉っぱの栄養価もがっつり頂戴し、成長期のお子様の栄養補給にもバッチリ貢献だ。

そして成長期を完全に終えた私が、ぱくりと頂戴しよう。

旨さ沁みるシャケカブ黒ゴマバターきんぴら
鮭の柔らかさ、カブのトロシャキ、歯のシャキシャキ。

三種の食感が、俺がきんぴらだぁ( ゚Д゚)!!と口の中で宣言する。

バターとほんだしの間違いない味付けに、海鮮の旨味がジュワリと広がる。

あぁ、これは大変に美味しい

カブ独特の野菜臭さも激減し、凄く食べやすい。

食べ応えも素晴らしく、空腹感もしっかり満たされるではないか。

旨さ沁みるシャケカブ黒ゴマバターきんぴら
やはり黒ゴマときんぴらは、凄く相性が良い。

その中にカブのトロシャキが加わると、もう鬼にベンツである。

既に十分美味しいきんぴらに、鮭まで参加するなんて。

ふわり・しゃきり・とろり、三種を織り成す食感の妙。

これはお子様の食育にも、なかなかに最適かと存じ上げる。

カブがお安くなってきたこの季節、是非お試しいただきたい逸品だった。

ご覧いただき、本当に感謝します(*‘∀‘)
簡単』を追求したレシピ動画も是非!
YOUTUBEレシピ動画
旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様