レンチン進化版!滑らか最高の煮びたし風ナス生姜餃子(糖質8.2g)

レンチン進化版!滑らか最高の煮びたし風ナス生姜餃子(糖質8.2g)
スポンサー様

以前作成させていただいた、韓国風巨大ナス餃子。

あの食感を体験して以来、レンチン茄子の虜である。

そして熟考を重ねると、一つの疑問点が見えてきた。

あのトロトロ食感なら、煮浸しにしなくては男が廃るのではないだろうか。

そんなこんなで、本日ご紹介の煮びたし風ナス生姜餃子🍆。

さっぱり&激トロで、気づけば三なすびが行方不明になる逸品だっ(*‘∀‘)!

1.25倍速でも超快適レシピ動画😊!


スポンサー様


煮びたし風ナス生姜餃子の美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:15分糖質:8.2g脂質:10.8g塩分:3.3g
熱量:211kcalたんぱく質:動物 14.7g  植物 2.0g※上記は1人分 / 調味料の糖質一覧:こちら 食材の糖質一覧:こちら
レンチン進化版。滑らかさ最高の煮びたし風ナス生姜餃子(糖質8.2g)
ではまずは材料2人分)から。

・小ぶりナス  3本
・長ネギ    1/2本
・生姜     1/10片
・鶏ひき肉   150g

前回の韓国風でも活躍した、茄子と鶏ひき肉の好相性タッグ。

さらに今回は最後に浸す餃子のタレも、ガッツリ本格テイストに仕上げていこう。

レンチン進化版。滑らかさ最高の煮びたし風ナス生姜餃子(糖質8.2g)
そして次に調味料を。

・醤油     大さじ1
・穀物酢    大さじ1.5
・塩      軽く6振り
・片栗粉    小さじ2
・ごま油    小さじ1
・おろし大蒜  小さじ0.5(お好みで)
・鶏がらスープの素 小さじ0.5

今回の餃子タレは生の生姜を使用し、風味を数段UPさせよう。

普段の餃子パーティでも、すりおろし生ショウガはまさに必須アイテム。

完成したタレにラー油を少しかけると、餃子の方から近づいてくる美味しさである。

さらなる糖質オフを狙うなら!:本当にお勧めな糖質オフ調味料!🥫
隠れた名作揃い!:高たんぱく低糖質お勧めおつまみ!🍪

レンチン進化版。滑らかさ最高の煮びたし風ナス生姜餃子(糖質8.2g)
では早速、本日の食材の下処理から取り掛かろう。

今回は茄子のヘタを取らず、縦半分にパカッと一刀両断。

さらに中の実をスプーンでそぎ取り、ボート状にしておこう。

また中から茄子太郎が飛び出してきたら、市役所に電話しよう。

レンチン進化版。滑らかさ最高の煮びたし風ナス生姜餃子(糖質8.2g)
そしてそぎ取った茄子の実は、包丁で細かくみじん切りに。

この柔らかい茄子の実は、鶏ミンチとの相性も抜群。

豚ひき肉ではなく鶏ミンチをお使いいただくことで、味の沁み込みも抜群である。

レンチン進化版。滑らかさ最高の煮びたし風ナス生姜餃子(糖質8.2g)
さらに細かく刻んだ茄子の実を、以下の食材・調味料と混ぜ合わせよう。

・鶏ひき肉   150g
・塩      軽く6振り
・片栗粉    小さじ2
・鶏がらスープの素 小さじ0.5

また鶏むね肉から鶏ひき肉をご作成いただいても、格安ニッコリ。

大量にご作成いただく場合には、フードプロセッサーをご利用になられると便利である。

レンチン進化版。滑らかさ最高の煮びたし風ナス生姜餃子(糖質8.2g)
そして完成したパテは、茄子にお返し。

パテを茄子ボートにぎっしり詰め込み、茄子の半身で蓋をしよう。

あとは水を大さじ1加え、シリコンスチーマーで600Wで6分レンチン+2分放置していただけるだろうか。

ちなみに上に被せる茄子の蓋は、どの茄子とどの茄子がペアだったか忘れやすい。

分からなくなったら、茄子太郎に尋ねよう。

レンチン進化版。滑らかさ最高の煮びたし風ナス生姜餃子(糖質8.2g)
さらにここで以下を混ぜ合わせ、美味しいネギ塩タレも作成しよう。

・醤油     大さじ1
・穀物酢    大さじ1.5
・ごま油    小さじ1
・おろし大蒜  小さじ0.5(お好みで)
・みじん切りにした長ネギ  1/2本
・皮ごとすりおろした生姜  小さじ1

こちらもラップをかけずに、電子レンジで60秒温めていただきたい。(600W)

そちらを茄子にかければ、煮浸し風に味がガンガン沁み込んでくれる。

レンチン進化版。滑らかさ最高の煮びたし風ナス生姜餃子(糖質8.2g)
完成後のレンチン茄子は斜め半分にカットして、タレを残さずたっぷりかけて。

これにて全てが滑らかな、煮びたし風ナス生姜餃子の完成である。

ダイエットにも最高で食べ応えも抜群、トロトロ茄子の堪えられない味わいを是非どうぞ!

低糖質の美味しさチェック

レンチン進化版。滑らかさ最高の煮びたし風ナス生姜餃子(糖質8.2g)
変な葉っぱが刺さっている。

全体に緑色が欲しくて添えてみた、冷蔵庫にあった謎の葉っぱ。

少し不思議な割烹感だが、煮浸し感も良い感じに演出できているのではないだろうか。

ちなみに何の葉っぱが刺さっているのか、いまだに良く分からない。

そんなことはさておき、さっそく一口パクらせていただきたい。

レンチン進化版。滑らかさ最高の煮びたし風ナス生姜餃子(糖質8.2g)
まず一噛みすると、溢れ出す茄子のエキス。

同時に超優しい餃子風のエキスも沁み、そこに胡麻風味の香味タレがジュワッと絡む。

生後10カ月でも食べられそうな、そこはかとない滑らかさ。

茄子の実と鶏ミンチの滑らかさが、何の引っ掛かりもなく喉の奥に消えていく。

美味しい…美味しいぞぉ…(;゚Д゚)!(涙ポロポロ)

レンチン進化版。滑らかさ最高の煮びたし風ナス生姜餃子(糖質8.2g)
皮ごとすりおろした生姜と、おろし大蒜

この二つのパンチが、胡麻油ネギ塩の美味しさを格段に引き上げている。

とりあえず生の生姜をすりおろしておけば、全部美味しいよ(*‘∀‘)?

以前厨房で先輩が教えてくれた雑な裏技は、どうやら嘘ではなかったらしい。

低カロリーなトロトロ煮浸しにも、生の生姜は最高だ。

5本98円のナスシーズンに最適な、満腹で眠くなってくる逸品だった…(._.)(ぐぅ)

旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様