イラストで分かる安全で超効果的な脂肪燃焼スープの作り方

イラストで分かる安全で超効果的な脂肪燃焼スープの作り方
スポンサー様

健康的な脂肪燃焼。

できるだけ早く、理想のボディラインを作りたい。ただ無理なダイエットで、体を壊しては元も子もありません。

そんな時に活躍する、リバウンドや体調不良を起こさない栄養スープ。ここでは美味しく超効率的な脂肪燃焼スープの作り方をイラスト付きでご紹介します!

この記事をお読みいただくと

  • より健康的な脂肪燃焼スープの作り方が分かる
  • 極端なカロリー制限ではなく、代謝UPも味方にできる
  • 毎日の美味しい食事から、理想的なボディメイクが出来る

健康的なダイエットスープとは?

健康的なダイエットスープとは?
超脂肪燃焼スープ。

そんな謳い文句を持つ市販スープの多くは、圧倒的な低カロリーが特徴です。しかし80kcal程度の超低カロスープは、正直不安が伴います。

確かに脂肪を1kg燃焼させるなら、計算上約7000kcal分のカロリー消費すればOKです。それは消費カロリー > 摂取カロリーを継続することで、理論上は最短3日程度で実現可能です。

ただ日々の極端なカロリー制限は、身体への影響も非常に大きいでしょう。医者様の指示で超低カロ食が必要な方を除き、極端な低カロリー食はコロリと風邪を召されるほど体に負担をかけてしまいます。

必要な熱量が足りない場合、体は当然に欠乏状態。それは痩せると言うより、一種の飢餓に近い状態です。

普段より圧倒的に少ない食事に 心と胃袋と栄養が満たされない図
そのため本日は、よりバランスの良い低カロダイエットスープを推奨させていただきます。良い感じに低カロだけど、ダイエット効果もあるじゃない!的な逸品です。

ではここで『何をもって健康とするのか』、事前に定義を定めておきましょう。今回推奨する健康的な燃焼スープとは、以下の特徴を持つスープです。

健康的な燃焼スープの特徴
健康的な脂肪燃焼スープの特徴

  • 高たんぱく・低脂質・低糖質
  • 体温を上げる熱性・温性食材
  • 誤魔化さない満足感
  • 栄養効率の高い調理法

高たんぱく・低糖質にて、筋肉の分解を防ぎつつ脂肪燃焼を…。さらに体温を上昇させる食材で、効率的な代謝促進を…!

さらには食欲の暴発を抑える、美味しくて満足度の高いスープを…。そしてダメ押しには栄養を効率良く補給する調理工程を採用しましょう!

スポンサー様


超効果的な脂肪燃焼スープの作り方

超効果的な脂肪燃焼スープの作り方
では早速、前述のポイントを踏まえつつ絶品脂肪燃焼スープの作り方をテキパキご紹介します。

栄養満点、体もニッコリ…。安全性にも配慮した山盛りスープを、モリモリお召し上がりください。

STEP➀ 食材の選び方

まず最初は、脂肪燃焼効率の高い食材を用意します。ここでは以下の要素を満たす食材であることが重要です。

食材選びのポイント

  1. 高たんぱく・程良い脂質&低糖質
  2. 水分でごまかさず、豊富な具材で満足感を得る
  3. 食材自体の栄養分が高い
  4. 体温を上げる熱性・温性食物の使用量を増やす

特に重要なのは、④の熱性・温性食物を使用すること。今回の脂肪燃焼スープでは、優先的にこちらの食材を使用していただきます。

そしてこの温性・熱性食物とは、以下の性質を持つ食材です。その魅惑の特徴は、脂肪燃焼スープに欠かせない素敵メリットばかりです。

温性食物とは?

血流を改善し、体温を上昇させる性質を持つ食材食品。血流上昇からの体温上昇は基礎代謝向上に繋がり、結果的な脂肪燃焼に直結しやすい。

見た目と裏腹に 体温を上げる温性野菜さん


  • 食材例(肉系):良質なたんぱく質(鶏肉等)鰯・鯵・海老
  • 食材例(野菜):生姜・ニラ・大蒜・カブ・カボチャ・玉葱・ネギ
  • 調味料例:料理酒・クミン
  • ※玉葱・カボチャに関しては高糖質のため、適宜バランス良く

熱性食物とは?

温性食物より高い体温上昇作用を持つ、血流改善作用に優れた食材。風邪を召された際のお粥にも用いられ、高い代謝促進作用温性・熱性食物を重点的に摂取を持つ。

体温上昇に喜びを感じる 熱性食物の唐辛子兄弟



有名な食材としては刺激の強い香辛料等などがあり、過剰摂取時ではニキビ等に繋がる場合もある。ただ少量であれば脂肪燃焼効果のみを享受できる、非常に有用な食材。

  • 食材例:山椒・唐辛子・胡椒・カレー粉
このように効果的な脂肪燃焼スープを作る場合、これら温性・熱性食物を重点的に摂取すると効果的です。そしてさらに体を冷やす食材(寒性食物・涼性食物)を減らし、その効果を倍増させていただきます。

つまり体を温める食材を積極的に使用しつつ、体を冷やす食材を減らします。例えるなら柔道部の部室で、鍋焼きうどんを食べるイメージです。

そして体を冷やす食品とは、俗に寒性食物涼性食物と呼ばれます。これらの食材には解熱作用が含まれるため、大量に摂取した場合代謝が損なわれる可能性があります。

そしてこの寒性・涼性食物で、スープに使われやすいのは以下の野菜達。もちろん絶対禁止ということではなく、ちょっと脂肪燃焼効果減っちゃうかな?と言った程度だとお考え下さい。

スープに使われやすい
涼性食物
  • トマト
  • ほうれん草
  • 冬瓜
  • セロリ
  • 白菜
  • ユリ根、レンコン
  • 小麦(うどんなど)
スープに使われやすい
寒性食物
  • 昆布
  • ごぼう
  • ナス
  • ゴーヤ
  • わかめ
  • 大根
  • 蒟蒻
  • 茗荷
  • 鶴紫
その冷静な眼差しで体温を冷ます 涼性食物のゆり根姉さん
つまりまとめると、脂肪燃焼スープで使うべきは以下の具材です。調味料も熱性・温性なものを選び、より高い燃焼効果を狙い撃ちしましょう。
涼性・寒性食物が少し加えた方が良いとする見解もあり
脂肪燃焼スープにお勧めの食材・調味料

さらにできるだけ無添加物・低農薬の食材・調味料を選択すれば…!市販のダイエットスープより、高い脂肪燃焼効果と安全性が約束されるでしょう。

毎日食べる食材は、私達の体をダイレクトに形成します。より健康的な食材を選び、美味しい一口をズズズとお召し上がりください!

スポンサー様



STEP1 脂肪燃焼スープを調理!

ではここからは、実際の調理工程をご紹介します。前述の食材をベースに作成しますので、さらにお好きな食材をお入れください。

その手順は、僅か3手順。毎日作る脂肪燃焼スープだからこそ、激簡単な作り方が最高です。

① 鶏胸肉・ささみの美味しい下処理

まず最初はタンパク質&エネルギーを補給する、お肉の調理から。特に柔らかな鶏むね肉・ササミを加えると、満足度と栄養価は格段に上昇します。
鶏胸肉・ささみの美味しい下処理
まず鶏むね肉・ささみは、皮を取って小さくぶつ切りに。さらにささみは筋を取り、事前に料理酒を大さじ1揉み込むと最高です。

また鶏つみれ団子の場合は、ミンチにして少量の片栗粉を加えます。味付けは鶏ガラ・コンソメ・塩胡椒など、シンプルな出汁調味料が良いでしょう。

さらに片栗粉の代わりにエノキミンチを繋ぎに使うと、食感も劇的フワフワに。海老でも鯵でも鶏肉でも、より柔らかな肉団子をお楽しみいただけます。

みじん切りエノキを 混ぜ込むと肉団子が 格段に柔らかくなる

さらに鶏団子に生姜やニンニクを練り込めば、もはや熱性食物の村。一口食べると体がポッポする、体温上昇効果をご実感いただけるのではないでしょうか。

またここまでの鶏団子レシピは、以下の記事も是非ご覧ください。脂肪燃焼スープの具材に最適な、超簡単な鶏団子レシピをまとめています。

② 鶏胸肉・ささみの美味しい調理法

そして次は、下処理した鶏むね肉・ささみ等を調理します。ここでは以下を混ぜた特別なお湯を使い、非常に柔らかく仕上げましょう。

ただ特別なお湯と言っても、お湯に料理酒を混ぜるだけ。これと言って難しいことはありません。

沸騰させるお勧めの湯(別名:柔らかの湯)

  • 水   1000ml
  • 料理酒 50ml
鶏胸肉・ささみの美味しい調理法
このお湯で茹でることで、『お肉を柔らかくする』+『鶏出汁を出す』作業を並行します。脂肪燃焼スープは薄味なものが多いですが、鶏出汁を取ることでより満足感の高い一杯に仕上がります。

そして上記の『柔らかの湯』を沸騰させたら、食材ごとに以下の調理を施します。こちらも茹でる放置するの二種類だけ、面倒な調理は一切ありません。

お湯での調理法

  • 鶏むね肉・ささみ → 沸騰したお湯に丸めて投入し、火を止めて蓋をして15分放置
  • 鶏団子・鶏つみれ → 沸騰したお湯の火を止めず、中火で5分30秒茹でる
鶏胸肉・ささみの美味しい調理法
そして完成した鶏肉・鶏団子は、いったんお皿に避難。鶏出汁の抽出された茹で汁は、そのまま脂肪燃焼スープのベースにしましょう。

ちなみにこの茹で汁には、料理酒の熱性も含まれます。料理酒のアルコールは大部分が加熱で飛びますので、お酒が苦手な方でもお召し上がりいただけます。

レンジで1分20秒!簡単お手軽本格野菜スープ!

➂ ゆで汁を使った、脂肪燃焼スープ作成

そして残った茹で汁には、前述の熱性・温性野菜調味料を加え、クツクツ煮込みます。尚この際のお野菜と調味料は、お好みの量で結構です。
脂肪燃焼に効果的な調味料の復習

  • 味のベース】味噌だし・白だし・ほんだし・カレーだし
  • 香辛料】おろしニンニク・おろし生姜・山椒・唐辛子・胡椒・カレー粉等
ゆで汁を使った、脂肪燃焼スープ作成
そして煮込み時間と調理温度は、野菜の種類大きさで変化します。お好みの柔らかさになるまで、ご自由に煮込んでください。

ただお野菜は煮込むことで、その栄養素が一定量減少します。(栄養素の失活)その茹でることによる栄養素の失活は、以下の記事をご参照いただければ幸いです。

~ 凄く分かり易い栄養分の失活はこちら ~
そしてこの栄養素の失活が、実は結構えげつないのです。これは野菜スープの宿命でもあり、完璧に克服するのは難しいのが現状です。

そのためここでは、皆様が最もやり易い調理法をご紹介しました。恐らくその方が長続きし、結果的に多くの脂肪燃焼効果が期待できるでしょう。

調理工程は気にし過ぎず、安全性と脂肪燃焼性質だけを高める。そしてお肉で食べ応えを追求し、高たんぱく・中脂質・低糖質に抑えていただくと完璧です。

では最後に、栄養素の失活を回避する調理法をご紹介します。是非もうちょっと読んでやろうかな?と、次のページをめくってください。

いつもご覧いただき、本当に感謝します(*‘∀‘)!
旨ブロレシピ本も是非ご覧ください(*‘∀‘)!
旨ブロ電子書籍
旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様

イラストで分かる安全で超効果的な脂肪燃焼スープの作り方

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)


鉄板の厳選レシピをお届け(*‘∀‘)!
無料メルマガ・NOTE

旨ブロの無料メルマガ・NOTE


月・水・土の週三回、700種類のレシピから
厳選レシピ不思議ハックをお届け!

高品質な自炊テク・ダイエット情報
是非ご覧ください(*‘∀‘)!

全品1食糖質9g以下!本当に使える絶品ダイエットレシピ本

絶品低糖質レシピなら、この一冊!
本当に使える絶品ダイエットレシピ本

全品糖質1食9g以下!
美味しい糖質制限なら、こちらの一冊!
未公開レシピを含め全84種類

※キンドル読み放題対応
AMAZONでチェック!


こちらの記事もいかがですか?