溢れる内部攻撃。鮭豆腐のカレーマスタードタルタルバーグ(糖質6.5g)

溢れる内部攻撃。鮭豆腐のカレーマスタードタルタルバーグ(糖質6.5g)
YOUTUBEレシピ動画

お子様の夢を一口に詰め込んだ、タルタルハンバーグ

そしてそんな夢を叶えつつ、さりげなく低糖・高たんぱくに仕上げたい。

そんな二つの狙いが達成されるには、ゆで卵の練り込みが最高だ。

マヨソースも少なくてOK、さらに食感もバッチリである。

それが本日の、鮭豆腐のカレーマスタードタルタルバーグ

コッソリ低価格で済ませて、豚バンクは逆にふっくら太っちょになるだろう。

スポンサー様


鮭豆腐のカレーマスタードタルタルバーグの美味しい糖質オフレシピ

費用:180円時間:20分糖質:6.5g脂質:18.9g塩分:2.1g
熱量:354kcalたんぱく質:動物 30.8g  植物 5.5g※上記は1人分/下茹で用未換算
溢れる内部攻撃。鮭豆腐のカレーマスタードタルタルバーグ(糖質6.5g)
ではまずは材料2人分)から。

・卵    1個
・無塩鮭  3切れ
・木綿豆腐 1/2丁

大量作成でもお安い、本日のふんわり鮭豆腐バーグ。

さらにゆで卵も練りこみ、カレーマスタードとの最高の相性を目指していこう。

溢れる内部攻撃。鮭豆腐のカレーマスタードタルタルバーグ(糖質6.5g)
そして次に調味料を。

・塩     軽く6振り
・カレー粉  小さじ0.5
・片栗粉   大さじ1
・マヨネーズ 大さじ1
・おろし大蒜   小さじ1
・粒マスタード  小さじ1.5
・オリーブオイル 小さじ1

こちらはお子様の味見が止まらない、カレーマヨマスタード。

あらゆる肉類から求婚される、モテる要素盛りだくさんの味わいだ。

溢れる内部攻撃。鮭豆腐のカレーマスタードタルタルバーグ(糖質6.5g)
では早速、食材の下処理から始めよう。

まずは木綿豆腐1/2丁を、ラップなしの600Wで90秒レンチンを。

今回は徹底して水を切りつつ、ゆで卵の食感に近づけていきたい。

そのため豆腐内部の水分には、合意の上で立ち退いていただく所存である。

溢れる内部攻撃。鮭豆腐のカレーマスタードタルタルバーグ(糖質6.5g)
さらにレンチン後はクッキングペーパーを乗せ、さらに1㎏以上の重りをズドン。

こちらは先にお皿を乗せ、その上に重りを乗せていただくと、満遍なく力がかかるため非常に簡単。

そしてこちらを放置すること、約10分

むくみが取れて1/3程度の大きさになった、凝縮木綿豆腐の完成である。

むくみが怖い飲み会翌日は、私も水切りして欲しい。

溢れる内部攻撃。鮭豆腐のカレーマスタードタルタルバーグ(糖質6.5g)
そしてここで、無塩鮭3切れの皮と骨を取り除こう。

そしてその身をフードプロセッサーか包丁を使い、細かくミンチ状に仕上げていただきたい。

鶏むね肉やささみに飽きた時、いつもカゴにお迎えする無塩鮭。

しかもお値段、まさかの1切れ98円

もし人類ではなくクマが文明を作っていたら、確実に貨幣として使われていただろう。

『この靴、3しゃけーかぁ( ˘•ω•˘ )』などと話しているクマを想像すると、すごく可愛い。

溢れる内部攻撃。鮭豆腐のカレーマスタードタルタルバーグ(糖質6.5g)
ちょっと無駄話が多くなってきたところで、本格的に調理を進めよう。

ここで卵を1個使い、茹で卵もおひとつご用意いただけるだろうか。

その作り方はご自身の得意な方法でも、もしくは市販のゆで卵でもOKだ。

溢れる内部攻撃。鮭豆腐のカレーマスタードタルタルバーグ(糖質6.5g)
そしてここまでの食材を含め、以下をボール等にまとめて投入していただきたい。

・刻んだ茹で卵 1個
・無塩鮭    3切れ
・木綿豆腐   1/2丁
・塩      軽く6振り
・片栗粉    大さじ1
・おろし大蒜  小さじ1

溢れる内部攻撃。鮭豆腐のカレーマスタードタルタルバーグ(糖質6.5g)
こちらをしっかり混ぜ込んでいただくと、何ということでしょう。

そこには旨味が練り込まれたタイプの、芳醇な鮭タルタルペーストが。

これは住み慣れた我が家に、匠からのプレゼントでしょうか。

一体匠は、これを何に使うつもりなのでしょう。

溢れる内部攻撃。鮭豆腐のカレーマスタードタルタルバーグ(糖質6.5g)
思わずビフォアーアフターのナレーションが入る中、さらにフライパンも熱していこう。

こちらはオリーブオイルを小さじ1投入し、中火でしっかりと加熱していただきたい。

油は少しでも、十分カリッと仕上がるだろう。

溢れる内部攻撃。鮭豆腐のカレーマスタードタルタルバーグ(糖質6.5g)
そして加熱後は、大きく二つに分けて丸めて投入。

その際は軽くぺちぺちして、中の空気を取り除いていただけるだろうか。

そしてそちらを片面を4分づつ、計8分間焼き上げていただきたい。

溢れる内部攻撃。鮭豆腐のカレーマスタードタルタルバーグ(糖質6.5g)
また焼き上げる際は蓋をして、ふっくら中まで火を通しながら。

最初は少し柔らかめのため、あまり触らずじっくりと。

またひっくり返す際にはぎゅっと硬くなっているため、何卒ご安心頂きたい。

溢れる内部攻撃。鮭豆腐のカレーマスタードタルタルバーグ(糖質6.5g)
さらにここで、以下を混ぜたカレーマスタードソースも作成しよう。

・カレー粉    小さじ0.5
・マヨネーズ   大さじ1
・粒マスタード  小さじ1.5

こちらは単体では少し濃いめのソースだが、お豆腐鮭バーグと合わせるととっても美味しい

では後ろの席の方にも聞こえるように、もう一度。

とっても美味しいのだっ!(真顔)

溢れる内部攻撃。鮭豆腐のカレーマスタードタルタルバーグ(糖質6.5g)
そして最後は鮭バーグにソースをたっぷりかけて、いざ完成である。

なぜ少し焦げ目のある部分に、ソースを掛けなかったのか…。

そんな小さな反省が見え隠れする、がぶりと噛み付きたくなる逸品だ。


スポンサー様


低糖質の美味しさチェック

溢れる内部攻撃。鮭豆腐のカレーマスタードタルタルバーグ(糖質6.5g)
1個当たり1.5しゃけーも練り込まれた、本日の鮭豆腐タルタルバーグ。

中に練り込まれたゆで卵が、外のソースと手を組んだらどうなるのか。

少し想像するだけで、間違いのない味が想像される。

では鮭が織りなす匠の味を、さっそく一口頂戴しよう。

溢れる内部攻撃。鮭豆腐のカレーマスタードタルタルバーグ(糖質6.5g)
おおぅ…!

柔らかな舌触りに広がる、鮭の風味…。

いや風味というか暴力というか、全く大人しくない旨味のラッシュだ。

そしてバーグ自体は極めて薄味、このソースで一気に美味しく変化する。

攻撃的なカレーマスタード、鮭豆腐との相性も最高である。

溢れる内部攻撃。鮭豆腐のカレーマスタードタルタルバーグ(糖質6.5g)
このチラリと覗くゆで卵が、これまた大変なナイス食感である。

いつもの茹で卵とは異なり、焼き上げることでさらに水分が吹っ飛ばされている

その結果いつものタルタルソースより、より凝縮された旨味が堪能できる。

しかし1.5しゃけーが僅か10秒でなくなる、このタルタルバーグ。

熊ママに無駄遣いすんな( ˘•ω•˘ )!と怒られそうな、ノンストップな美味しさだ。

鶏肉に飽きた時、また必ず作りたい逸品だった。

ご覧いただき、本当に感謝します(*‘∀‘)
簡単』を追求したレシピ動画も是非!
YOUTUBEレシピ動画
旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様