ご馳走昇格!嬉しいもう一品のアボカド山葵ユッケ風豆腐(糖質7.6g)

ご馳走昇格!嬉しいもう一品のアボカド山葵豆腐ユッケ(糖質7.6g)
スポンサー様

お肉やお魚が美味しい調理法、『ユッケ』。

混ぜるだけで簡単に食べられる、お子様にも大人気の逸品だ。

でももしも、新鮮なお肉やお魚がなかったら?

それでも美味しいユッケが食べたい場合、どこに相談すれば良いのだろう。

それなら、嬉しいもう一品のアボカド山葵ユッケ風豆腐

お豆腐自体にユッケ化して貰う、新型わさび醤油が大変美味しい逸品だ(*‘∀‘)!

2分でわかる簡単動画!


スポンサー様


アボカド山葵ユッケ風豆腐の美味しい糖質オフレシピ

費用:100円時間:5分糖質:7.6g脂質:15.9g塩分:1.6g
熱量:222kcalたんぱく質:動物 1.4g  植物 9.3g※上記は1人分 / 調味料の糖質一覧:こちら 食材の糖質一覧:こちら
ご馳走昇格!嬉しいもう一品のアボカド山葵豆腐ユッケ(糖質7.6g)
ではまずは材料2人分)から。

・絹豆腐     1丁
・完熟アボカド  1/2個
・卵       1個

以前アボカドの種を植木鉢に植え、自宅で育てたことがあった。

そしてある台風の日にベランダに放置してしまい、苗だけ行方不明になる事件が起きた。

今頃彼は、埼玉辺りで美味しいアボカドを実らせているだろうか。

ご馳走昇格!嬉しいもう一品のアボカド山葵豆腐ユッケ(糖質7.6g)
そして次に調味料を。

・醤油         大さじ1
・味噌         小さじ1
・ごま油        小さじ0.5
・蜂蜜         小さじ0.5
・練りワサビ      小さじ0.5
・おろし生姜/ニンニク 各小さじ0.5

味付けは従来のユッケに加え、ワサビのピリ辛蜂蜜のコクを加えたブレンドに。

お子様もまっしぐらの味付けのため、お子様向けにはワサビ少な目でお試しいただきたい。

さらなる糖質オフを狙うなら!:本当にお勧めな糖質オフ調味料!🥫
隠れた名作揃い!:高たんぱく低糖質お勧めおつまみ!🍪

ご馳走昇格!嬉しいもう一品のアボカド山葵豆腐ユッケ(糖質7.6g)
ではいつもの冷奴を、早速ご馳走ユッケに進化させていこう。

まずは完熟アボカドを1/2個にパカッと割り、種を取って薄くスライス

こちらは黄身を乗せる際の土手としても、素晴らしく活躍してくれるだろう。

ご馳走昇格!嬉しいもう一品のアボカド山葵豆腐ユッケ(糖質7.6g)
さらにここで、以下を混ぜたユッケたれも作成しよう。

・醤油         大さじ1
・味噌         小さじ1
・ごま油        小さじ0.5
・蜂蜜         小さじ0.5
・練りワサビ      小さじ0.5
・おろし生姜/ニンニク 各小さじ0.5

ワサビのピリ辛と蜂蜜の甘みが生きた、こちらのユッケたれ。

濃厚なアボカドとの相性が非常に良く、これだけでも5アボくらい余裕である。

ご馳走昇格!嬉しいもう一品のアボカド山葵豆腐ユッケ(糖質7.6g)
そしてここからが、最後の組み立てだ。

幼少期にレゴで培った技術をいかんなく発揮し、以下の順番でお豆腐ユッケ城を建築しよう。

(1)水気を切った絹豆腐  1丁
(2)真ん中を開けるようにアボカドスライス
(3)パカッと黄身

ご馳走昇格!嬉しいもう一品のアボカド山葵豆腐ユッケ(糖質7.6g)
そして最後はその上からタレをかけていただくと、これにて完成。

絹豆腐が一気にご馳走になり、そして主役になる本日のお豆腐ユッケ

マグロもサーモンも使わない、お財布に寄り添うタイプの新人ユッケだ。

低糖質の美味しさチェック

ご馳走昇格!嬉しいもう一品のアボカド山葵豆腐ユッケ(糖質7.6g)
なんという存在感…。

昨日まで図書委員だった絹豆腐が、いきなりサッカー部の主将になったような。

食卓に並んでいれば、確実に二度見を誘うビジュアルである。

涼しげな白い表面に、滑らかに行き渡るユッケたれ…。

これはとんでもない一口が期待できそうだ。

ご馳走昇格!嬉しいもう一品のアボカド山葵豆腐ユッケ(糖質7.6g)
まずはアボカドを乗せ、一口パクリ。

すると時差なく訪れる、甘み塩気旨味の襲来。

ワサビが一瞬薫ったかと思わせて、そこに蜂蜜のコク甘さがスーッと伸びる。

さらに完熟アボカドがねっとりと広がり、堪えられない美味しさだ。

ご馳走昇格!嬉しいもう一品のアボカド山葵豆腐ユッケ(糖質7.6g)
そして黄身を割れば、もはや手の付けられない大惨事である。

黄身とアボカドと、そしてピり甘ユッケソース。

この味わいを説明する語彙力を持ち合わせていない点は、ねこやま2020年の課題とさせていただきたい。

そしてこの味足し算の答えは、是非皆様ご自身でお確かめいただけるだろうか。

しかしここで沸き起こる、一つの疑問。

…ユッケってなんだろう(*‘∀‘)?(生肉料理です)

旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様