わずか30秒。ふんわりスクランブルエッグの美味しい作り方(写真付き)

わずか30秒。料理をふんわり包むスクランブルエッグの作り方(写真付き)

その量、わずか0.2g

これは、たまご1個当たりの糖質量だ。

栄養素の鬼と主婦の応援団長を兼任するたまごは、その糖質すら激低なのだ。

さあそんな素敵な食材を、美味しい食材にして料理に忍ばせよう。

ここではわずか30秒で完成する、ふんわりスクランブルエッグの作り方をご紹介しよう。


スポンサー様

わずか30秒のふんわりスクランブルエッグの作り方

写真 2016-05-06 21 16 06
基本の量としてたまご2個分のスクランブルエッグを作ろう。

たまごを割り、お箸で白身と黄身が完全に混ざらない程度に混ぜておこう。

回数にして4、5回混ぜると良いだろう。

写真 2016-05-06 21 16 38
次にプライパンを加熱しよう。

この油は、混ぜる料理に使用するものをお選びいただきたい。

バターやオリーブオイル、あらゆる油と仲良くしてくれるだろう。

油の量は小さじ1程度、火は常に強火でいっちゃおう。

写真 2016-05-06 21 17 09
プライパンが十分に加熱されたら、一気に投入しよう。

すぐに混ぜず、たまごの底が固まるまで約7秒放置だ。

そして軽くゆっくりと5回かき混ぜよう。

ここからは「放置しては混ぜる」ツンデレプレイを繰り返そう。

写真 2016-05-06 21 17 34
混ぜたら更に7秒放置。

そしてゆっくり5回混ぜる。

これを計3回、合計21秒放置の15回混ぜだ。

写真 2016-05-06 21 17 47
混ぜ終わったら、すぐに火を止めよう。

余熱でスクランブルエッグにガシガシ火が通ってしまう。

ふんわり半熟を残している状態にしよう。

これを料理に混ぜると、料理の熱でいい感じに固まる。

写真 2016-05-06 21 18 19
これにて完成だ。

ボールに移され、料理に投入されるのを待っているたまごだ。

美味しく包み込んでやるぞ!と言う、やる気が感じられる。

しっかり働いてほしい。

わずか30秒。料理をふんわり包むスクランブルエッグの作り方(写真付き)
これは混ぜ込まれた料理との記念写真だ。

ふんわりボリューミーなスクランブルエッグを、ぜひお楽しみいただきたい。
0.2g

これは、たまご1個当たりの糖質量だ。

栄養素の鬼と主婦の応援団長を兼任するたまごは、その糖質すら激低なのだ。

さあそんな素敵な食材を、スクランブルエッグにして料理に忍ばせよう。

わずか30秒のふんわりスクランブルエッグの作り方

写真 2016-05-06 21 16 06
基本の量としてたまご2個分のスクランブルエッグを作ろう。

たまごを割り、お箸で白身と黄身が完全に混ざらない程度に混ぜておこう。

回数にして4、5回混ぜると良いだろう。

写真 2016-05-06 21 16 38
次にプライパンを加熱しよう。

この油は、混ぜる料理に使用するものをお選びいただきたい。

バターやオリーブオイル、あらゆる油と仲良くしてくれるだろう。

油の量は小さじ1程度、火は常に強火でいっちゃおう。

写真 2016-05-06 21 17 09
プライパンが十分に加熱されたら、一気に投入しよう。

すぐに混ぜず、たまごの底が固まるまで約7秒放置だ。

そして軽くゆっくりと5回かき混ぜよう。

ここからは「放置しては混ぜる」ツンデレプレイを繰り返そう。

写真 2016-05-06 21 17 34
混ぜたら更に7秒放置。

そしてゆっくり5回混ぜる。

これを計3回、合計21秒放置の15回混ぜだ。

写真 2016-05-06 21 17 47
混ぜ終わったら、すぐに火を止めよう。

余熱でスクランブルエッグにガシガシ火が通ってしまう。

ふんわり半熟を残している状態にしよう。

これを料理に混ぜると、料理の熱でいい感じに固まる。

写真 2016-05-06 21 18 19
これにて完成だ。

ボールに移され、料理に投入されるのを待っているたまごだ。

美味しく包み込んでやるぞ!と言う、やる気が感じられる。

これからも是非、我が家でしっかり働いてほしい。

わずか30秒。料理をふんわり包むスクランブルエッグの作り方(写真付き)
そしてこれは、混ぜ込まれた料理との記念写真だ。

何とも幸せそうなふっくら感である。

ふんわりボリューミーなスクランブルエッグを、ぜひお楽しみいただきたい。


いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
わずか30秒。料理をふんわり包むスクランブルエッグの作り方(写真付き)

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)

こちらの記事もいかがですか?