お鍋で簡単!市販の茹でタコをより柔らかくする方法(写真付き)

鍋で簡単!市販の茹でタコをより柔らかくする方法

スーパーでも買える、美味しい茹でタコ。

ただあの噛みごたえは、仁義なき頑固っぷりである。

そんな茹でタコをより柔らかくするには、どうしたら良いだろう。

圧力鍋も使わず、数時間もの茹で時間を費やすことなく。

本日ご紹介する、市販の茹でタコをより柔らかくする方法

ご希望の柔らかさに併せて、お好みの時間をお選びいただきたい。

スポンサー様


市販の茹でタコをより柔らかくする方法

市販の茹でタコをより柔らかくする方法
と言っても、実はものすごく簡単な本日のレシピ。

その工程は、極めてシンプル。

まずは購入した茹でタコや、茹でてから放置しすぎたタコに、串やフォークでしっかり穴を開けよう。

こちらは100円くらい長めの竹串で、リズミカルにプスプス行うと良いだろう。

市販の茹でタコをより柔らかくする方法
そしてさらに、お鍋に以下を混ぜたお湯を沸かしていただきたい。

・お水  1500ml
・料理酒 100ml

こちらは柔らか鶏むね肉を作る時にも大変お世話になっている、柔らかの湯

ただ少し違うのは、長時間の茹で時間に耐えられるよう、塩を入れないことである。

市販の茹でタコをより柔らかくする方法
そしてこちらに先ほどの茹でタコを投入し、蓋をして弱火(160度)でしっかりコトコト。

さらにここからは、ただ茹で続けるだけの簡単行程だ。

その茹で時間が長くなるほど、その食感はより素直になるだろう。

市販の茹でタコをより柔らかくする方法
その茹で時間の目安は、以下の通り。

30分~40分おお!柔らかいじゃん!

1時間半以上す、すごい柔らか!!

3時間以上い、入歯でも大丈夫!!

1ケ月以上…なにこれ?

ちなみに最後の「一か月以上」は、私の想像である。

市販の茹でタコをより柔らかくする方法
そして完成するのが、こちらの柔らか茹でタコ

写真は40分間煮込んだタコだが、個人的には一番好きな柔らかさである。

おでんの下準備や辛和えなど、様々なご料理にお試しいただきたい。


スポンサー様


茹でタコのだし汁の使い方

市販の茹でタコをより柔らかくする方法
さらにこの茹で汁は、大変使いやすいお出汁として活躍する。

大変タコタコしい旨みを秘めているので、お鍋や雑炊などに是非ご活用いただきたい。

ちなみに鶏団子をタップリ入れた、こちらのお出汁のタコ鶏団子おでんは、もはやタコからのプレゼントである。

いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
スポンサー様
スポンサー様

鍋で簡単!市販の茹でタコをより柔らかくする方法

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)



低糖質パン・お菓子ならココがお勧め!
低糖工房(ていとうこうぼう)


1個0.8gのマドレーヌから、1食4.2gの本格中華麺まで、専門店ゆえの豊富な取り揃え。

市販のふすまパンや糖質0麺とはひと味違う、大満足の美味しさ!



その美味しさの秘密は、高純度の食物繊維独自の製造工程

少しお値段は高いですが、日頃のご褒美にも最適の食材ばかりです!





こちらの記事もいかがですか?