ネギ感最高。粗びきマヨペッパーの葱チーズチキンつくね(糖質4.2g)

葱感最高。粗びきマヨペッパーの葱チーズチキンつくね(糖質3.3g)
スポンサー様

いくらあっても物足りない、美味しい鶏つくねレシピ。

昨晩あれほど作っても、今日もおねだりされる可能性もある。

美味しいつくねが食べたいなぁと、ご家族様にお願いされたら。

よっしゃ任せとき!と胸を張るのが、つくね道だ。

本日ご紹介する、粗びきマヨペッパーの葱チーズチキンつくね

シンプルで柔らかな、葱練り込みタイプの旨いやつである。

スポンサー様


粗びきマヨペッパーの葱チーズチキンつくねの美味しい糖質オフレシピ

費用:150円時間:17分糖質:4.2g脂質:12.6g塩分:2.2g
熱量:258kcalたんぱく質:動物 30.7g  植物 0.9g※上記は1人分 調味料の糖質一覧:こちら 食材の糖質一覧:こちら
粗びきマヨペッパーの葱チーズチキンつくね
ではまずは材料2人分)から

・鶏むね肉  250g(皮なし)
・えのき   50g
・長ネギ   1/2本

つくねにするべきか、葱焼きにするべきか…。   

焼き鳥屋さんでいつも悩まされる、アルテミットなこの選択。

今夜の私の答えは、ずばりワガママに両方である。

粗びきマヨペッパーの葱チーズチキンつくね
そして次に調味料を。

・塩        軽く5ふり
・黒胡椒      軽く10ふり
・粉チーズ     大さじ2
・マヨネーズ    大さじ1.5
・おろし大蒜    小さじ1
・オリーブオイル  小さじ1
・鶏ガラスープの素 小さじ0.5

そして味付けをチーズマヨにするなら、刺激担当は黒胡椒に内定だ。

パッパパッパと振り倒し、どのタイミングでクシャミしたらウケるかな?と作戦を練ろう。

さらなる糖質オフを狙うなら!:本当にお勧めな糖質オフ調味料!🥫
隠れた名作揃い!:高たんぱく低糖質お勧めおつまみ!🍪

粗びきマヨペッパーの葱チーズチキンつくね
では早速、本日の食材の下処理から始めよう。

まずは鶏むね肉250gの皮を取り、フードプロセッサー等でミンチ状に仕上げていただきたい。

こちらは市販の鶏ミンチをご利用になられても、もちろんOK。

その時のお値段で、君に決めた!と肩を叩いてあげて欲しい。

粗びきマヨペッパーの葱チーズチキンつくね
さらに次は以下の野菜を、それぞれ包丁で以下の下処理をしていただきたい。

・えのき 100g →細かくミンチ状
・長ネギ 1/2本→細かくみじん切り

いずれのお野菜も、基本的には細かくざくざくカットしよう。

またえのきに関しては、鶏ミンチ作成時にまとめてミキサーにかけていただくと最高だ。

イラストで分かるエノキ茸の超ダイエット効果➡こちら🍄

粗びきマヨペッパーの葱チーズチキンつくね
そしてこちらに以下の調味料を加えて、約10分間放置しよう。

・塩        軽く5ふり
・黒胡椒      軽く10ふり
・粉チーズ     大さじ2
・マヨネーズ    大さじ1.5
・おろし大蒜    小さじ1
・鶏ガラスープの素 小さじ0.5

凄まじいネギっぷりだ。

本日のラッキーアイテムがネギならば、元カノから連絡があってもおかしくないレベルである。

粗びきマヨペッパーの葱チーズチキンつくね
そんな昔を少し思い出したところで、早速調理を開始しよう。

まずはフライパンにオリーブオイルを小さじ1加え、中弱火で加熱していただきたい。

ここからは大変作り易いため、お子様に昔話を読みながらでも作成可能だ。

粗びきマヨペッパーの葱チーズチキンつくね
あるところに、仲の良い8個のネギ鶏団子達がおったそうな。

彼らは次々と丸まり、フライパンの中に飛び込んでいったんじゃ。

そして中弱火で3分30秒、それはもうこんがり・こんがりと焼きあがったそうな。

粗びきマヨペッパーの葱チーズチキンつくね
そのときじゃ!

一人のネギ鶏団子が、みなに叫んだらしい。

焦げすぎるぞぉぉぉ~。

その瞬間みなはひっくり返り、さらに中弱火で2分間焼けたらしい。

それを見た村人たちは、びっくり仰天。

もう誰もネギ鶏団子たちを、臆病者と呼ぶものはおらんかったらしい。

粗びきマヨペッパーの葱チーズチキンつくね
そしてしっかり焼けたネギ鶏団子たちは、全員綺麗にお皿に整列する。

さらに中には、追加で黒胡椒をかける村人もおったそうな。

そして皆がネギ鶏団子を囲み、美味しい食卓の始まりじゃ。めでたしめでたし。

低糖質の美味しさチェック

粗びきマヨペッパーの葱チーズチキンつくね
ふざけずに書きなさい。

そんなお叱りを頂戴しそうな、完成形の艶やかなネギ鶏団子

お弁当に入れても良し、おつまみにしても良し。

そのハイポテンシャルなビジュアルに、思わずお箸が震えだす。

では早速、ネギ鶏団子衆をぱくりと一口いただこう。

粗びきマヨペッパーの葱チーズチキンつくね
柔らかさと噛み応えを残した、チキンの旨味。

シャキシャキと歯ごたえの良い、葱の香ばしさ

さらに表面をコーティングした、粉チーズのコク深さ

鶏つくねの中でも、このネギチーズタイプは最高だ。

これは明日のお弁当に辿り着くことなく、全ネギ鶏団子衆は神隠しに会うだろう。

粗びきマヨペッパーの葱チーズチキンつくね
ふんわり柔らか食感に、葱独特の甘みと苦み

むね肉だけだと飽き易いつくねも、葱のおかげでいつまでもご馳走に。

お野菜をチキンに練り込むと、満足感も素晴らしい。

あぁ、鶏団子ってなんて美味しいのだろう。

いつの日か100種類は作りたい、美味しい鶏つくね。

最高の逸品に助走をつける、大変簡単で美味しい逸品だった。

旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様