水だけOK!最強に簡単なレンジ柔らか胸肉の作り方(糖質0.1g)

ズボラりましょう!レンジで茹でる超簡単柔らか鶏むね肉(糖質0.1g)
スポンサー様

筋トレ習慣に欠かせない、美味しい鶏むねレシピ。

ただ毎日調理していると、驚くほど面倒になってくる。

柔らかくさえなれば、一番調理法で作りたい…!

もし皆様が、そんな鶏トラブルをお抱えなら!

本日の、レンジで茹でる超簡単柔らか鶏むね肉をご査収いただきたい。

S級ズボラを許容した、周囲には秘密にしている作り方だっ!

1分でわかる簡単動画!


スポンサー様


レンジで茹でる超簡単柔らか鶏むね肉の低糖質レシピ

費用:100円時間:10分糖質:0.1g脂質:2.3g塩分:0.2g
熱量:162kcalたんぱく質:動物 33.5g  植物 2.0g※上記は1人分 / 調味料の糖質一覧:こちら 食材の糖質一覧:こちら
ズボラりましょう!レンジで茹でる超簡単柔らか鶏むね肉(糖質0.1g)
では今回は、材料2人分)をまとめてご紹介。

・鶏むね肉  300g(皮なし)
・料理酒   30ml(なくても全然OK)
・水     500ml

何と今回絶対に必要なのは、鶏むね肉と水だけ

こちらは殆ど味付けを施していないため、最後はお好みのドレッシングをかけて。

ネギ+ポン酢+一味唐辛子など、シンプルな組み合わせも低脂質で最高だ。

さらなる糖質オフを狙うなら!:本当にお勧めな糖質オフ調味料!🥫
隠れた名作揃い!:高たんぱく低糖質お勧めおつまみ!🍪

ズボラりましょう!レンジで茹でる超簡単柔らか鶏むね肉(糖質0.1g)
では早速、本日の爆速調理を開始しよう。

まずは鶏皮をババッと外し、さらに包丁でズバッとカット

ここでは直径約1㎝程度の、小さなチキンカットを大量にご作成いただきたい。

完成後は即ドレッシングをかけて食べられる、10分後を見越したナイスサイズである。

ズボラりましょう!レンジで茹でる超簡単柔らか鶏むね肉(糖質0.1g)
そして調理も、もはや最終工程。

最後は鶏むね肉を以下を混ぜた耐熱容器に入れ、ラップなしの600Wで6分30秒レンチンするだけ。

・水    500ml
・料理酒  30ml(なくても全然OK)
・塩   (お好みで味付けに)

そして最後は赤みがなくなるまで、しっかり余熱で火を通していただければOK。

さらに全体がしっかり白く変化したら、水洗いで一気に熱を奪い取ろう。

また耐熱容器により少し完成時間に差が出るため、『お湯が沸騰せず』+『赤みがしっかりなくなる』時間を目安に各自ご調節いただきたい。

間違いのない容器は、耐熱ガラスを用いた耐熱ボウルである。

今回使用したボウルHARIO (ハリオ)耐熱ガラス製 ボウル

ズボラりましょう!レンジで茹でる超簡単柔らか鶏むね肉(糖質0.1g)
完成後は水気を切って、お好みのドレッシングをかけるだけ。

ちなみに私のお気に入りは、市販の『旨塩だれ』に『ポン酢』を少し加えた『旨塩ポン酢』。

誕生日にもおねだりしたい、ぞっこんラブな味付けだ。(死語バンザイ)

低糖質の美味しさチェック

ズボラりましょう!レンジで茹でる超簡単柔らか鶏むね肉(糖質0.1g)
100g58円でいつでも購入できる、鶏むね肉。

ただその分調理は意外と面倒で、毎日になると飽きも来る。

なんとか激楽かつ柔らかく調理できないものか…。

どうやらその答えは、毎日使っている電子レンジにあったようだ。

ズボラりましょう!レンジで茹でる超簡単柔らか鶏むね肉(糖質0.1g)
はいはいはい…(*‘∀‘)!

なるほどなるほど、これは絶妙に柔らかい

レンジ時間が8分を超えると、レンジの中で水が長時間沸騰し、鶏むね肉が茹でられてしまう。

結果的に筋繊維が一気に固くなり、柔らかさが損なわれる。

そのため本レシピの美味しいコツは、ギリギリ沸騰しない時間を見極めること。

もし固くなってしまった場合、『入れる水量』もしくは『レンチン時間』を少しご調節頂ければ幸いだ。

ズボラりましょう!レンジで茹でる超簡単柔らか鶏むね肉(糖質0.1g)
ちなみにこの『旨塩ポン酢』は、本当に美味しい。

さらに普段はここに、一味と小ネギをたっぷり加える。

それだけで人気小料理店のお通しに匹敵する、今冬の超ヘビロテレシピだ。

疲れていても、美味しく柔らかい鶏むね肉を食べたい時。

ガッツリ筋トレ後に、お鍋を沸かすのも面倒な時。

本日のウルトラズボラな鶏むね調理法を、是非お試しいただきたい。

旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様