5分で鍋奉行。美味しい白だしトマトのカレー鶏しゃぶ。(糖質6.8g)

5分で鍋奉行。美味しい白だしトマトのカレー鶏しゃぶ。(糖質6.8g)

ご自宅の冬の美味しい定番、ほっこりお鍋。

そしてその種類は、年々面白いほどに増えている。

とんこつ醤油やカレーチーズなどの主力味から、レアテイストまで。

その美味しさを体験するまで、雪解けは待ってくれるだろうか。

本日ご紹介するのは、白だしトマトのカレー鶏しゃぶ

いつでも簡単にご堪能いただける、非常におすすめの逸品だ。

白だしトマトのカレー鶏しゃぶの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:5分糖質:6.8gたんぱく質:動物 33.5g  植物 1.2g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-18-21-39
まずは材料2人分)だ。

・鶏むね肉 300g
・春菊   1/2袋
・ホールトマト缶 1/2缶

今回の春菊は2袋でもイケてしまう。

お野菜の高騰さえなければ、だれも私を止められなかっただろう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-18-21-50
次に調味料だ。

・黒胡椒  軽く6ふり
・白だし  50㏄
・カレー粉    小さじ1.5
・大蒜チューブ  小さじ1
・オリーブオイル 大さじ1

このカレー白だしとトマトの組み合わせ。

いつの日かカップヌードルの味に選ばれると信じている、美味しい組み合わせだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-18-21-59
本日の作り方は、過去最高レベルに簡単に行こう。

まずは良質な鶏むね肉を、包丁でいい感じにスライスしよう。

斜めに薄く包丁を入れれば、鶏むね肉の素直さが身に沁みる。

しゃっしゃと生産されるしゃぶ肉に、思わず嬉しくなってしまうだろう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-18-22-06
そして春菊も葉と茎をセパレイト。

置き方は自由だが、春菊だけで鉄のボールを満たした猛者もいた。

その同僚は、最終的には春菊バニラという謎のデザートを考案していた。

モリゾーみたいな見た目と味だったのが残念だ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-18-22-15
では次に、以下を同時に投入して中火で30秒ほど加熱しよう。

・オリーブオイル 大さじ1
・大蒜チューブ  小さじ1

このニンニクの香りとトマトが交わり、濃厚なイタリア料理風に活躍してくれるのだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-18-22-23
そしてそこに、以下を一気に投入しよう。

・黒胡椒  軽く6ふり
・白だし  50㏄
・ホールトマト缶 1/2缶
・カレー粉    小さじ1.5
・オリーブオイル 大さじ1

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-18-22-32
これを中火で3分ほど加熱すれば、ベースとなるお出汁は完成だ。

市販のスープを購入するより、もしや早いかもしれない。

いや、どう考えても市販のスープの方が早い。

しゃしゃってしまい、大変申し訳ない。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-18-22-51
そして召し上がる時は、ここに一枚づつしゃぶしゃぶ…。

ここから先は、ご自宅のしゃぶしゃぶ流儀に基づいてお楽しみいただきたい。

うどんを入れるもアリ、ご飯でイタリアン雑炊をするもアリ。

意外と周りで炭水化物が誘惑しまくっているので、ご注意を。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-18-23-17
あとは机に運んでいただき、たっぷり召し上がって欲しい。

沢山作っても、会話と共にあっという間に消費されるだろう。

低糖質の美味しさチェック

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-18-23-30
この綺麗な鶏の筋線維、ここから淡白な旨みが溢れ出る。

筋トレのご褒美に作れば、腹筋もいつもより張り切ってしまう。

お安くて健康的な鶏むね肉なら、いつでも美味しいご飯が待っているのだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-18-23-38
そしてこれをしゃぶしゃぶ…。

おおぅ。

鶏むね肉のぱさぱさ感もなく、非常に味が沁み渡っている。

トマトスープも単調なトマト缶ではなく、白だしとカレーで深みを増している。

そこにしゃぶしゃぶをするごとに、鶏肉エキスが溶け出してゆく。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-02-18-23-44
そして爆発的に美味しいのが、この春菊だ。

仄かな苦みと共に、トマトの甘みが絡みついて最高だ。

何とも言えない旨さに、手あたり次第お箸でかっさらってしまう。

ダークホース春菊が、このお鍋でいつも最初に売り切れる。

あぁ、お安くて非常に美味しかった。

今年の冬にあと3回は試したい、個人的にも大好きな逸品だ。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク