濃縮おでんの旨さ。和からし醤油の砂肝エリンギ煮込み(糖質7.3g)

濃縮のおでんの旨さ。和からし醤油の砂肝エリンギ煮込み(糖質7.3g)

コンビニで目があったら、つい頼んでしまうおでん。

そして辛子を使った時の、あの底に残った濃厚な旨さ。

少しお行儀は悪いが、あのテイストが最高に好きだ。

あれだけを一皿に仕上げたら、どれほど幸せだろう。

本日ご紹介するのは、和からし醤油の砂肝エリンギ煮込み

お安い食材が覇権を握る、非常に美味しい逸品だ。


スポンサー様

和からし醤油の砂肝エリンギ煮込みの美味しい糖質オフレシピ

費用:150円時間:25分糖質:7.3g脂質:3.0g塩分:2.7g 熱量:127kcalたんぱく質:動物 12.9g  植物 3.5g※上記データは1人分です。
和からし醤油の砂肝エリンギ煮込み(糖質7.3g)
まずは材料2人分)だ。

・エリンギ 1パック
・砂肝   150g

今回は両品とも、冷蔵庫にひっそり鎮座していた食材を使おう。

これをささっと絶品に進化させれば、奥さまへのお小遣い値上げ交渉もうまくいくだろう。

和からし醤油の砂肝エリンギ煮込み(糖質7.3g)
次に調味料だ。

・醤油   大さじ1.5
・料理酒  大さじ1
・和からし 大さじ1
・一味唐辛子  小さじ0.5
・生姜チューブ 小さじ1

徹底的にジャパニーズな、和の調味料達。

和からしは煮込むと辛さは抑えられるので、苦手な方でも大丈夫だ。/div>

和からし醤油の砂肝エリンギ煮込み(糖質7.3g)
ではまずエリンギを1/2パック、約1㎝幅にカットしよう。

ヘビロテと言っても過言ではない、このお安いキノコさん。

社会的地位が許すならば、勤務先でも栽培を試みたいレベルだ。

和からし醤油の砂肝エリンギ煮込み(糖質7.3g)
そしてこのエリンギに、賽の目状に切り込みを入れておこう。

裏も表も綺麗に切り込みを入れ、ホタテと誤認させる。

この浅はかなプロジェクトも、空腹な私の胃袋には至極効果的なのだ。

和からし醤油の砂肝エリンギ煮込み(糖質7.3g)
そして次に、砂肝も約2mm程度にスライスしておこう。

今回は下処理無しの、より簡単な方法で攻め込んでいただけるだろうか。

和からし醤油の砂肝エリンギ煮込み(糖質7.3g)
そしてこれにも、両面に賽の目状に切り込みを入れておこう。

何だかこの砂肝、牛タンに見えなくないような気もしない事もない。

この砂肝を牛タンと言い張る、私はそんな鋼のメンタリティが欲しい。

和からし醤油の砂肝エリンギ煮込み(糖質7.3g)
では次に、お鍋に以下を投入して中火で加熱していこう。

・料理酒  大さじ1
・水    300cc
・生姜チューブ 小さじ1

まるで個人的に大好きな、割烹料理の下ごしらえシーン。

あの厨房だけのシーンを、DVDで発売していただけないだろうか。

和からし醤油の砂肝エリンギ煮込み(糖質7.3g)
沸騰したら、中火のまま砂肝を投入して約10分間

ここだけ見れば狂った情景だが、見られなければ何も問題ない。

決して開けてはだめですよと、ツルの恩返し風にご家族に告げておこう。

和からし醤油の砂肝エリンギ煮込み(糖質7.3g)
そうするとアクが飛び出してくるので、これを綺麗にすくいとっておこう。

後に残るは、純粋な砂肝と生姜エキス。

生姜とお酒でしっかり煮込めば、どんなガンコちゃんでも透き通った心を取り戻すだろう。

和からし醤油の砂肝エリンギ煮込み(糖質7.3g)
そしてここに、以下の食材と調味料を加えよう。

・醤油   大さじ1.5
・和からし 大さじ1
・一味唐辛子 小さじ0.5
・エリンギ  1/2パック

ここからはエリンギの旨みを絞り出し、スープに溶け込ませる。

この段階までくれば、後はエリンギにお任せして煮込むだけである。

和からし醤油の砂肝エリンギ煮込み(糖質7.3g)
最後はこれを弱火で約10分

クツクツと煮込み、全ての食材と調味料を纏めあげる。

料亭の香りが広がり、食卓に素敵なお花でも活けてみたくなる。

しかし近所にお花屋さんがないため、ここはタンポポでも置いておこう。

和からし醤油の砂肝エリンギ煮込み(糖質7.3g)
これをお皿に移したら、いざ完成だ。

煮込まれたカラシの旨みを、存分に食材と絡めていただきたい。

明日がお休みの方は、共に焼酎でも酌み交わそうではないか。


スポンサー様

低糖質の美味しさチェック

和からし醤油の砂肝エリンギ煮込み(糖質7.3g)
まるで極上のおでんの様に、あらゆるエキスが溶けこんでいる。

一味のピリ辛さも加え、和からしも既に投入してある。

つまり私に残されたお仕事は、美味しくいただくだけなのだ。

和からし醤油の砂肝エリンギ煮込み(糖質7.3g)
コリコリ感の中に、沁みこむ和からしソース。

おでんの底で待ち構える、あの濃厚に凝縮された和の旨み。

ああ、すごく好きな美味しさだ。

おそらくこの瞬間、焼酎消費量は過去最大値まで跳ね上がっただろう。

和からし醤油の砂肝エリンギ煮込み(糖質7.3g)
そして切れ込みを施したエリンギを。

中までエキスが染み込み、キノコの食感が最大に活躍する。

プルプルキノコにおでんスープ、これほどまでに美味しいとは。

あぁ、和からしのコクって最高だ。

来年の冬の訪れと共に、また必ず試したい。

夏なのにおでんを作ると言うのは、大変楽しい時間だった。

いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
濃縮のおでんの旨さ。和からし醤油の砂肝エリンギ煮込み(糖質7.3g)

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)

こちらの記事もいかがですか?