泡だて1分!ツンツンメレンゲの大変簡単な作り方(写真付き)

音速1分!ツンツンメレンゲの大変簡単な作り方

いつも心が折れそうになる、ふわふわメレンゲ作り。

私の希望は美味しいお菓子か、はたまた前腕の筋肉痛か。

それほど辛く長い、泡だて器を使ったメレンゲロード。

いっそ電動を買いたいけれど、今すぐクッキーが作りたいんだ。

本日ご紹介する、手動泡だて器を使った簡単1分メレンゲ

皆様が筋肉痛から解放され、より広くメレンゲが愛されますように。

スポンサー様


ツンツンメレンゲの大変簡単な作り方

音速1分!ツンツンメレンゲの大変簡単な作り方
まず最初は、黄身と白身を綺麗に分離しよう。

こちらは卵の殻を使っても、100均の黄身分けグッズを利用されてもOKだ。

そして黄身は小さな器に移し、白身は大きな器に移しておこう。

この白身の『自分、もしかして大切にされてる?』感が、大変重要である。

音速1分!ツンツンメレンゲの大変簡単な作り方
そんなメレンゲジョークを挟みつつ、まずは泡だて器で軽く20回かき混ぜていただきたい。

ここでは白身の表面積を増やすことで、よりふっくらとした仕上がりになる。

そしてもしこのままシャカシャカすれば、約500回近く混ぜなければならない。

シオマネキの様な右腕になる前に、今回の裏技を活用しよう。

音速1分!ツンツンメレンゲの大変簡単な作り方
それは『600Wでラップ無し10秒レンチン』である。

この白身の凝固ギリギリの温度を加え、さらに手動で約30回ほどかき混ぜていただきたい。

そしてこの手動30回とは、泡立てながら白身を再度冷ます工夫である。

いつもより遥かに泡立ち易く、おおお!と嬉しくなる瞬間だ。

音速1分!ツンツンメレンゲの大変簡単な作り方
そしてさらに追い打ちで10秒レンチンすれば、勝利は目前である。

体感的に10倍素直になった白身が、泡立てるたびにガンガン白くなる。

そしてここからツンツンの角が立つまでは、手動でかき混ぜていただけるだろうか。

音速1分!ツンツンメレンゲの大変簡単な作り方
うぉー!

(しゃかしゃか)

音速1分!ツンツンメレンゲの大変簡単な作り方
そして約1分、綺麗なツンツンメレンゲの完成である。

オムレツやメレンゲ鍋にも最適な、美味しいフワフワ食感。

ただ実際に測定すると1分6秒だったため、6秒は目をつぶっていただければ幸いだ。


スポンサー様


フワフワメレンゲを使った美味しいレシピ

ひよこ
フワフワメレンゲを使った、こちらのレシピもいかがですか?
ねこやま
ダイエットにも最適な、お勧めの逸品です!

バジル越え!メレンゲオムレツの和風春菊ジェノベーゼ(糖質1.0g)

Let’sバジル越え。メレンゲオムレツの和風春菊ジェノベーゼ(糖質1.0g)
超低糖質に抑えたい時、オムレツは一つの答えかも。

ボリューム爆発のフワフワメレンゲに、パスタ的なバジルソース。
春菊の旨みがチーズに絡む、最高にヘルシーな逸品です!

Let’sバジル越え。メレンゲオムレツの和風春菊ジェノベーゼ(糖質1.0g)

鉄板テイスト!アンチョビチーズのメレンゲメンチ(糖質4.2g)

ぶっちぎりの鉄板テイスト。アンチョビチーズのメレンゲメンチ(糖質4.2g)
メレンゲのフワフワを、メンチの食感に。

アンチョビの塩気に沿えれば、白身の風味も一気に引き立つ!
お弁当にも最適な、調味料極小のおかずレシピです!

ぶっちぎりの鉄板テイスト。アンチョビチーズのメレンゲメンチ(糖質4.2g)

いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
スポンサー様
スポンサー様