裏技オイスター。ピータン豆腐風の隠し味うずら胡瓜(糖質5.2g)

裏技オイスター。ピータン豆腐風の隠し味うずら胡瓜(糖質5.2g)
スポンサー様

成長と共に、食べられるようになる食材がある。

梅干し・パクチー・塩昆布、みんな今では大変仲良し。

しかし今でも尚、なかなか食べられない食べ物が。

それはピータン、味付けは最高に好きだが食感が少し苦手である。

そんな時は、味だけ再現したピータン豆腐風の隠し味うずら胡瓜

ピータンが苦手でも召し上がれる、家飲みに嬉しいなんちゃってレシピだ。

スポンサー様


ピータン豆腐風の隠し味うずら胡瓜の美味しい低糖質レシピ

費用:150円時間:20分糖質:5.2g脂質:18.3g塩分:1.9g
熱量:266kcalたんぱく質:動物 9.2g  植物 8.1g※上記は1人分/下茹で用未換算
裏技オイスター。ピータン豆腐風の隠し味うずら胡瓜(糖質5.2g)
ではまずは材料2人分)から。

・うずら  10個
・胡瓜   1/2本
・絹豆腐  1丁

子供の頃から何故か大好きだった、コロコロ摘まみやすいウズラの卵。

中華丼に3個も発見して、狂喜乱舞していた頃が懐かしい。

そんなウズラを大人の私は、一気に10個も使用したい。

裏技オイスター。ピータン豆腐風の隠し味うずら胡瓜(糖質5.2g)
そして次に調味料を。

・オイスターソース 大さじ1
・ごま油    小さじ1
・ラー油    小さじ1
・ナンプラー  小さじ1
・白いりごま  小さじ1
・黒いりごま  小さじ1

本日ピータンを演出するのは、オイスターソースとナンプラーの組み合わせ。

ごま油とラー油の組み合わせも、また隠れた美味しさの秘訣である。

裏技オイスター。ピータン豆腐風の隠し味うずら胡瓜(糖質5.2g)
では本日は、いきなり調理から取り掛かろう。

まずはフライパンにうずら10兄弟をズラリと並べ、それを覆い隠すほどの水を加えよう。

この状態でスイッチを入れ、まずは中火で沸騰させていただけるだろうか。

裏技オイスター。ピータン豆腐風の隠し味うずら胡瓜(糖質5.2g)
そして鍋底に気泡が立ち始めたら、2分のカウントダウンを始めよう。

さらに2分後は火を止めて、余熱で2分間火を通していただければ完成だ。

裏技オイスター。ピータン豆腐風の隠し味うずら胡瓜(糖質5.2g)
あとはすぐさま氷水に浸けて、カラコロ回していただきたい。

夏を感じさせるウズラのプール開きに、ふと思い出す灼熱夏休み。

サマープールで浮き輪をパクられた思い出も、殻と一緒に取り除きたい。

裏技オイスター。ピータン豆腐風の隠し味うずら胡瓜(糖質5.2g)
あとはウズラの殻を剥いていただくだけだが、スプーンで軽く叩くと非常に簡単。

入ってますか(*‘∀‘)?的にスプーンの丸い部分でコンコン叩き、あとは氷水の中で剥き取るだけ。

またこの工程が猛烈に面倒くさい場合には、最初から茹でウズラをご購入になるのもお勧めである。

もしくは三度の飯よりウズラ殻剥きが好き、そんな彼氏様を見つけよう。

裏技オイスター。ピータン豆腐風の隠し味うずら胡瓜(糖質5.2g)
そしてここまでくれば、あとは簡単な作業ばかり。

まずはまな板に胡瓜を1/2本ご用意し、トントン千切りにしていただきたい。

こちらは少し食感を残すため、カラムーチョをイメージしてカットしよう。

ちなみにコンビニで販売されている、1つ100円の小パックカラムーチョ

あれを砕いてビールと共に10秒で完食する、そんな競技が私の中で大流行していた。

5キロ太った。

裏技オイスター。ピータン豆腐風の隠し味うずら胡瓜(糖質5.2g)
さらに完成した茹でウズラと千切り胡瓜を、以下に10分以上絡めておこう。

・オイスターソース 大さじ1
・ごま油    小さじ1
・ラー油    小さじ1
・ナンプラー  小さじ1
・白いりごま  小さじ1
・黒いりごま  小さじ1

あとはこちらを、絹豆腐1丁に乗せていただくだけである。

裏技オイスター。ピータン豆腐風の隠し味うずら胡瓜(糖質5.2g)
そして完成する、具材と豆腐が1:1の本日のピータン風豆腐。

オイスターソースと絡む、ごま油とラー油のピリ辛ゴマ乱舞

ピータンの食感が苦手な方も、その美味しさだけを疑似体験できる逸品である。


スポンサー様

低糖質の美味しさチェック

裏技オイスター。ピータン豆腐風の隠し味うずら胡瓜(糖質5.2g)
いつもおろし生姜だけ乗せている絹豆腐も、今日はなんだかゴージャスだ。

ゲームの宝箱で例えれば、ちょっと良い奴が入っている感じが凄まじい。

金の宝箱とまでは言わないが、銀の宝箱くらいの価値はあるに違いない。

これでもし薬草しか入ってなかったら、周囲のモンスターに八つ当たり案件である。

では早速その美味しさを、パクッとパカッと開いてみよう。

裏技オイスター。ピータン豆腐風の隠し味うずら胡瓜(糖質5.2g)
まずはウズラとソースを絡めて、一口パクリ。

うんうん、凄く旨んまい

オイスターとナンプラーの持つ、独特の香りと甘み

深みのある甘さの中から、三種のゴマが容赦なく薫ってくる。

そこにウズラ卵の食感が加わり、ナイスなピータンテイストではないだろうか。

裏技オイスター。ピータン豆腐風の隠し味うずら胡瓜(糖質5.2g)
さらに千切りキュウリを絡めると、ソースの逃げ道も完全封鎖だ。

普段はソースを流してしまう艶々肌の絹豆腐も、この絡みっぷりには抗えない。

まるで会議中でも思い出話を投げかけてくる、空気の読めない先輩のような絡み方だ。

ピータンの食感は苦手でも、あの味は本当に素晴らしい。

もっと気楽にピータン味が楽しめる、低糖質で美味しい逸品だった。

いつもご覧いただき、本当に感謝します(*‘∀‘)!
旨ブロレシピ本も是非ご覧ください(*‘∀‘)!
旨ブロ電子書籍
旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様