一口濃厚。アボカドマスタードの絶品焼きポテサラ風(糖質4.9g)

一口濃厚。アボカドマスタードの絶品焼きポテサラ風(糖質4.9g)
スポンサー様

ポテサラを焼いた時の衝撃は、未だに記憶に新しい。

完璧だと思った食べ物が、さらに進化して目の前に現れたから。

ご自慢の濃厚さをパワーアップさせ、ねっとりほっくり襲い来る。

それはポテトの世界に法があるならば、何かに抵触する中毒性だ。

本日ご紹介する、アボカドマスタードの絶品焼きポテサラ風

混ぜてオーブンスイッチオンの、超簡単行程でお送りさせていただきたい。

スポンサー様


アボカドマスタードの絶品焼きポテサラ風の美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:22分糖質:4.9g脂質:19.5g塩分:1.6g
熱量:255kcalたんぱく質:動物 8.9g  植物 5.0g※上記は1人分/下茹で調味料未換算
アボカドマスタードの絶品焼きポテサラ風
まずは材料2人分)だ。

・アボカド   1個
・絹豆腐    1/3丁(100g)
・大豆水煮   100g
・溶けるチーズ 20g
・ノンオイルツナ缶 1缶

今回目指すは、ねっとり美味しい焼きポテサラ

さらにその濃厚感の天井をぶち破るため、アボカド先生にもお越しいただいた。

アボカドマスタードの絶品焼きポテサラ風
そして次に調味料だ。

・塩      軽く2ふり
・カレー粉   小さじ0.5
・顆粒コンソメ 小さじ0.5
・粒マスタード 小さじ2
・大蒜チューブ 小さじ0.5

さらに味付けは極めてシンプルな、粒マスタードベース。

ポテサラと言えばマスタード!と、相槌を頂戴できれば幸いだ。

アボカドマスタードの絶品焼きポテサラ風
では最初は、最近お気に入りの水煮大豆をご紹介しよう。

それがこちらのビーンズキッチンのお料理大豆

わずか98円にも関わらず、美味しい水煮大豆が何と195g。

水煮大豆界を揺るがすコストパフォーマンスに、しゃき豆さんと少し疎遠になってしまった。

しゃき豆さん関連記事:本家脅かす旨み。鯖タルタルの絶品ポテサラ風大豆カレー(糖質3.3g)

アボカドマスタードの絶品焼きポテサラ風
ではまず最初に、以下をフードプロセッサー等でペースト状に。

・絹豆腐  100g(約1/3丁)
・水を切った大豆水煮 100g

勿論、すりこぎなどで根性で混ぜてもGOOD。

ペーストに仕上げていただけるならば、ビニール袋&拳でもOKだ。

アボカドマスタードの絶品焼きポテサラ風
そしてさらに、アボカドを丸ごと潰して投入しよう。

こちらは少し粒が残る程度に、軽く混ぜ合わせていただこう。

僅かな食感が芋のような滑らかさを生み、より高いポテサラ感を生み出してくれるのだ。

アボカドマスタードの絶品焼きポテサラ風
さらにここに、以下の具材と調味料を加えよう。

・塩      軽く2ふり
・カレー粉   小さじ0.5
・顆粒コンソメ 小さじ0.5
・粒マスタード 小さじ2
・大蒜チューブ 小さじ0.5
・水気を切ったノンオイルツナ缶 1缶

全て一つの容器で済ませようとする、本日のレシピ。

それには洗い物が面倒だからという、大変正当な理由が存在する。

アボカドマスタードの絶品焼きポテサラ風
そしてこれを耐熱容器に移し、上にチーズをたっぷりかける。

ここまで来れば、私の出番はこれにてドロン

あとはオーブン先生に全てを任せ、至福のNetflixへ突入である。

アボカドマスタードの絶品焼きポテサラ風
その焼き時間は、余熱無しの220度で約18分

表面のチーズに焦げ目がつけば、勝利も目前。

取り出す際は大変お熱いので、火傷にもお気を付けを。

一口濃厚。アボカドマスタードの絶品焼きポテサラ風(糖質4.9g)
そしてこちらを食卓にデデンと乗せれば、いざ完成だ。

またお婆ちゃんから、焼きポテサラが届いたぞぉぉ!

魔女の少女にデリバリーを頼めば、そんな孫の喜ぶ顔が見られるかもしれない。


スポンサー様


低糖質の美味しさチェック

アボカドマスタードの絶品焼きポテサラ風
なぜこんなにもポテサラ的なのだろう。

お豆腐と大豆の煮豆、そしてアボカド。

ポテトのポの字もない食材にもかかわらず、ねっとり感が凄まじい。

やはりアボカドのポテンシャルは、一味違うということだろうか。

では早速、一口パクリと頂こう。

アボカドマスタードの絶品焼きポテサラ風
どえらい濃厚である。

ネットリとした舌触りに、カレーマスタードの芳しい塩気。

チーズの乳製品的旨さに、アボカドの濃厚テイストが溢れかえる。

これは焼きポテサラの名に恥じぬ、大変美味しい味わいだ。

アボカドマスタードの絶品焼きポテサラ風
そしてマスタードとチーズが混ざった箇所が、容赦なく旨い

耐熱皿から一匙掬うたび、口の中がポテサラわれてしまう。

そして水煮大豆とお豆腐の感触は、5%と言ったところ。

カレー&マスタードの味わいのおかげで、殆どその存在を感じないのだ。

焼きポテサラ、やはりあなたは美味しかった。

また必ず作り、そしてブランパンに包んで差し上げたい。

ご覧いただき、本当に感謝します(*‘∀‘)
簡単』を追求したレシピ本も是非!
旨ブロレシピ本
旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様