本家脅かす旨み。鯖タルタルの絶品ポテサラ風大豆カレー(糖質3.3g)

本家脅かす旨み。鯖タルタルの絶品大豆カレーポテサラ風(糖質3.3g)
スポンサー様

『打倒、ポテサラキング』

そのキャッチフレーズを掲げ、低糖質な食材達が一同に介した。

そしてその中で、大変優秀な食材がポテサラ王に挑戦する。

彼の名は大豆の水煮、ポテトに勝るとも劣らない実力者だ。

本日ご紹介する、鯖タルタルの絶品大豆カレーポテサラ風

包丁不要・レンチン一撃の、大変便利な即戦力になる逸品だ。

スポンサー様


鯖タルタルの絶品大豆カレーポテサラ風の美味しい糖質オフレシピ

費用:150円時間:10分糖質:3.3g脂質:18.6g塩分:1.9g
熱量:261kcalたんぱく質:動物 11.2g  植物 6.6g※上記は1人分 調味料の糖質一覧:こちら 食材の糖質一覧:こちら
鯖タルタルの絶品大豆カレーポテサラ風
まずは材料2人分)だ。

・大豆水煮   60g(無塩タイプ)
・絹豆腐    100g(1/3丁)
・サバ水煮缶  1/2缶
・たまご    1個

もはや罪悪感を感じる暇もない、本日のヘルシー食材達。

中でも大豆水煮は、大変ポテンシャルの高い低糖質ダークホースである。

鯖タルタルの絶品大豆カレーポテサラ風
次に調味料だ。

・塩/黒胡椒    各軽く4ふり
・カレー粉    小さじ0.5
・顆粒コンソメ  小さじ0.5
・マヨネーズ   大さじ1.5
・大蒜チューブ  小さじ0.5(お好みで)

そして味付けは、お子様と私が泣いて喜ぶカレーコンソメ

生まれてから千回はお世話になった味付けに、本日も甘えさせていただきたい。

さらなる糖質オフを狙うなら!:本当にお勧めな糖質オフ調味料!🥫
隠れた名作揃い!:高たんぱく低糖質お勧めおつまみ!🍪

鯖タルタルの絶品大豆カレーポテサラ風
本日のレシピは、とことん簡単さを追求させていただいた。

ではその第一歩として、こちらのレンチンポーチドエッグから作成しよう。

まず容器に卵を割り入れ、その上から水を少し多めにかけておこう。(上2cm被る程度

そしてさらに黄身部分にお箸の一撃加え、穴をそっと開けていただけるだろうか。

鯖タルタルの絶品大豆カレーポテサラ風
そしてこれを約6分間、600Wのレンジでレンチンしていただきたい。

こちらは少し硬めに仕上げ、水っぽいポーチドエッグになるのを回避しよう。

ただレンジのやる気次第で堅くなりすぎるため、5分程度から様子を伺って欲しい。

鯖タルタルの絶品大豆カレーポテサラ風
さらにここで、本日の主役の大豆水煮である。

特にお気に入りの製品が、このはごろもフーズのパウチ国産シャキッと大豆

少し長いお名前なので、しゃき豆さんと呼ばせていただいている。

お値段もお安く水分が少ないのが、彼女の最大の魅力である。

鯖タルタルの絶品大豆カレーポテサラ風
そして特に今回のレシピでは、このしゃき豆さんが大変にご活躍する。

何故なら写真のように、袋の上からグイグイ煮豆を潰せるから。

罪悪感と共に煮豆をぎゅっぎゅと潰すと、ストレスなどはどこ吹く風。

怒られるどころか美味しいご飯に繋がる、最高のエンタメがここにある。

鯖タルタルの絶品大豆カレーポテサラ風
そして最後は全ての食材・調味料を、しっかりかき混ぜるだけである。

・大豆水煮   60g(無塩タイプ)
・絹豆腐    100g(1/3丁)
・サバ水煮缶  1/2缶
・たまご    1個
・塩/黒胡椒   各軽く4ふり
・カレー粉   小さじ0.5
・顆粒コンソメ 小さじ0.5
・マヨネーズ  大さじ1.5
・大蒜チューブ 小さじ0.5(お好みで)

ここで鯖水煮缶の水気は、スープなどにご活用いただけるだろうか。

鯖タルタルの絶品大豆カレーポテサラ風
そしてこれらを好物の野菜の上に並べたら、いざ完成だ。

ものの数分で完成する、本日のレシピ。

その素早さに対抗する様に、ものの数分で食べ尽くしてしまう逸品だ。

低糖質の美味しさチェック

鯖タルタルの絶品大豆カレーポテサラ風
金色にそびえ立つ、伝説の鯖タルタル

まるで風の谷に残る言い伝えに残る、厳かなビジュアル

魅惑の山盛りポテサラを前に、写真撮影を放棄してしまいそうだ。

では早速、大きめの一口でバクリと頂きたい。

鯖タルタルの絶品大豆カレーポテサラ風
サバの塩気と、しゃき豆さんの圧倒的ポテト感

さらに茹で卵とマヨカレーコンソメの、甘く蕩ける風味

絹豆腐の滑らかさも追加され、もはや暴れ放題の美味しさだ。

あぁ、ポテサラ食べてる感がすごい。

鯖タルタルの絶品大豆カレーポテサラ風
そして大好物のレタスに乗せ、シャキシャキ感まで追加する。

これは、何と元気な食感なのだろう。

まるで運動会のような、このシャキシャキ&ねっとりフェス

ツナとは違う鯖の濃い目の美味しさが、さらにご馳走感を引き立てる。

ポテサラに負けない、大豆水煮のポテサラ風

もしスーパーでしゃき豆さんを見かけたら、思い出していただきたい逸品だ。

旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様