チーズのコク最高。豚コマ茗荷の焦がし醤油生姜焼き(糖質2.4g)

チーズのコク最高。豚コマ茗荷の焦がし醤油生姜焼き(糖質2.4g)

肉厚のしょうが焼きは、残業を切り上げるほど美味しい。

そしてその美味しさは、お肉が薄くなるほどに加速する。

なぜなら、その柔らかさは野菜との相性が最強だから。

肉厚の豚肉のスタンドプレーより、野菜とのコンビを楽しみたいのだ。

本日ご紹介する、豚コマ茗荷の焦がし醤油生姜焼き

コクを引き出すチーズのお仕事っぷりに、拍手がやまない逸品だ。


スポンサー様

豚コマ茗荷の焦がし醤油生姜焼きの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:7分糖質:2.4g脂質:23.7g塩分:2.7g
熱量:318kcalたんぱく質:動物 19.0g  植物 0.8g※上記データは1人分です。
豚コマ茗荷の焦がし醤油生姜焼き(糖質2.4g)
まずは材料2人分)だ。

・豚こま肉 200g
・茗荷   6個
・溶けるチーズ 5g

今回のコクの隠し味は、少量のチーズ

その他をシンプルで攻めるため、コクだけを奪い取る作戦なのだ。

豚コマ茗荷の焦がし醤油生姜焼き(糖質2.4g)
次に調味料だ。

・塩   軽く6ふり
・黒胡椒 軽く4ふり
・料理酒 小さじ2
・醤油  小さじ2
・生姜チューブ  小さじ2
・大蒜チューブ  小さじ1
・オリーブオイル 大さじ1

何ともシンプルな、しょうが焼きに引っ張りだこな調味料達。

ただ今回お一人、焦がされる方がいらっしゃるのだ。

豚コマ茗荷の焦がし醤油生姜焼き(糖質2.4g)
ではまず、みんな大好き豚こま肉を一口大にカットしよう。

そして塩と黒胡椒を、各軽く4ふりしていただけるだろうか。

どシンプルながら、純粋なる豚こま肉のポテンシャルを引き出してあげよう。

豚コマ茗荷の焦がし醤油生姜焼き(糖質2.4g)
そして次に、茗荷を6個細切りにしていただきたい。

苦みの残る茗荷は、少し水にさらしていただければ幸いだ。

そしてこれにも塩を2ふりし、ほんのり味付けをしておこう。

この溢れる茗荷の苦みも、借りてきた猫のようにいい感じに抑えられるだろう。

豚コマ茗荷の焦がし醤油生姜焼き(糖質2.4g)
ではこの豚こま肉を、強火で熱したオリーブオイル大さじ1で炒めていこう。

時間は約40秒。

絶妙な火加減に、どや顔が止まらない。

この時間じゃないとダメなんだよね的に、プロ感を全身で表現していただきたい。

豚コマ茗荷の焦がし醤油生姜焼き(糖質2.4g)
そしてこれをお皿に一旦避難させ、余熱でも火を通していこう。

何と美味しそうな、豚こまの柔らかく焼けた香り。

私の愛犬なら、おそらく4秒で食べ尽くしていただろう。

ちなみに、ご主人である私なら2秒だ。

そこらへんが、私が主人たる所以である。

豚コマ茗荷の焦がし醤油生姜焼き(糖質2.4g)
そして残ったフライパンを洗わず、そこに醤油を小さじ2投入しよう。

そして強火で10秒ほど焦がし、台所中に香りを立ち昇らせよう。

醤油の塩分が濃縮され、本来の使用量よりも抑えられるだろう。

豚コマ茗荷の焦がし醤油生姜焼き(糖質2.4g)
そしてそこに、以下の調味料を混ぜて加えよう。

・料理酒 小さじ2
・生姜チューブ  小さじ2
・大蒜チューブ  小さじ1

これらの調味料は、事前に混ぜておくと最高だ。

そうすれば、慌てふためきマグカップを足の甲に落とすこともないだろう。

豚コマ茗荷の焦がし醤油生姜焼き(糖質2.4g)
そしてそこに、豚こま肉と茗荷を戻してあげよう。

ここから先は、ただ強火で2分ほど炒めるだけ。

私の独壇場とも言える、至極簡単なお仕事だ。

豚コマ茗荷の焦がし醤油生姜焼き(糖質2.4g)
そして最後に、溶けるチーズを5gほど投入しよう。

あくまでコクを出すためなので、大量投入は少しいただけない。

残ったチーズに関しては、お口に収納していただければ幸いだ。

豚コマ茗荷の焦がし醤油生姜焼き(糖質2.4g)
そしてこのチーズを30秒ほど溶かし、いざ完成だ。

あとは溢れんばかりの旨みと共に、安定の味とコクをお楽しみいただきたい。


スポンサー様

低糖質の美味しさチェック

豚コマ茗荷の焦がし醤油生姜焼き(糖質2.4g)
葱よりも香りの強い、香草茗荷

これを大量に閉じ込めることで、薫りにも深みが現れる。

豚こま肉のプライスにも感謝し、いざモリモリいただこう。

豚コマ茗荷の焦がし醤油生姜焼き(糖質2.4g)
味の沁みこむ、つゆだくタイプのしょうが焼き。

柔らかな豚こま肉だから可能な、脂身感が最高だ。

生姜の香りが立ち昇り、チーズのコクが口いっぱいに広がる。

旨い。これは旨さの8分咲きだ。(満開ではないのか)

豚コマ茗荷の焦がし醤油生姜焼き(糖質2.4g)
そして満開を迎える、チーズのコクと茗荷のコラボレーション。

苦みの中に塩気が加わり、舌の隙間まで行き通る。

食べ手を楽しませようとする、豚こま肉のプロ根性である。

この旨みと一緒なら、いくらでも箸を薦められる気がする。

美味しいお肉よ、いつも本当にありがとう。


いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
スポンサー様
スポンサー様

チーズのコク最高。豚コマ茗荷の焦がし醤油生姜焼き(糖質2.4g)

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)



低糖質パン・お菓子ならココがお勧め!
低糖工房(ていとうこうぼう)


1個0.8gのマドレーヌから、1食4.2gの本格中華麺まで、専門店ゆえの豊富な取り揃え。

市販のふすまパンや糖質0麺とはひと味違う、大満足の美味しさ!



その美味しさの秘密は、高純度の食物繊維独自の製造工程

お値段は少し高めですが、贈り物やご褒美にも最適な逸品揃いです!





こちらの記事もいかがですか?