寒朝も幸せ。海老マッシュの粒々バターアボカドポタージュ。(糖質5.3g)

寒朝も幸せ。海老マッシュの粒々バターアボカドポタージュ。(糖質5.3g)

楽しいイベントが目白押しの年末年始。

皆様、胃の調子は大丈夫ですか?

最高に楽しい日の翌日は、体の芯からホッとするご飯がありがたい。

それでいて美味しいものを食べる、欲張りな部分はそのままに。

本日ご紹介するのは、粒々が美味しいバターアボカドポタージュ

わずか数十秒で飲み干してしまう、ポタージュ界の超新星だ。

海老マッシュの粒々バターアボカドポタージュの糖質オフレシピ

費用:200円時間:10分糖質:5.3gたんぱく質:動物 14.8g  植物 1.9g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-21-18-42-53
まずは材料2人分)だ。

・アボカド 1個
・玉ねぎ  1/4個
・エビ   4匹
・マッシュルーム 1パック

お疲れの朝の喉をいたわる、旨みのドロリッチ。

スプーンの回転が止まらなくなる味を、最短距離で目指したい。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-21-18-43-23
次に調味料だ。

・黒胡椒   軽く4ふり
・醤油    小さじ0.7
・コンソメ  小さじ0.7
・バター   10g
・生クリーム 100g

バター生クリームに、さらにアボカド。

今日の私は、滑らかさに対する執着心が止まらないのだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-21-18-43-44
今回の料理、美味しいながらも非常に簡単だ。

昨日の白ワインが全身を駆け巡っている、私でも作れてしまう。

まずはマッシュルーム1パックを乱切りに。

ヘビー級の二日酔いの方は、ここで一休みだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-21-18-43-57
次はエビも細かくカットしよう。

半年前に3キロ購入したエビも、段々とその数を減らしている。

無くなったらまた、あの謎のメキシコ料理店で大量購入しよう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-21-18-44-12
そして玉ねぎ1/4個もみじん切りに。

これがまた、粒々感に一役買ってくれている。

懐かしの粒々ミカンジュースの感動を、ポタージュで再現させよう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-21-18-44-32
この3つのツブツブ部隊が集まれば、勝利は目前だ。

もはや脳内には、アルマゲドンの音楽が再生されている。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-21-18-44-48
そして最後にアボカドだ。

これを滑らかになるよう、フォークで少しこまめに潰しておこう。

相方様の目の前で鬼の形相で握りつぶすと、思いがけず勝手に何かを謝罪し始めるかもしれない。

そんなテクニカルな使い方も、アボカドの素晴らしい魅力の一つだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-21-18-45-10
さぁ、早速ポタージュを作成しよう。

まずはバター10ℊを強火で加熱していこう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-21-18-45-28
そこに先ほどのツブツブトリオを投入し、強火で4分間加熱しよう。

玉葱とエビからは甘みが、マッシュルームからは極上の旨みがほとばしる。

給食のおばちゃんは毎日、数百人分を寸胴にぶち込んでいるのだろう。

なんて男気のある職業なのだろう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-21-18-45-38
なぜいきなり、給食のおばちゃんの話になったのか。

そんな気持ちを傍らに置き、以下の調味料を加えて30秒ほど加熱して欲しい。

・黒胡椒   軽く4ふり
・醤油    小さじ0.7

ここはしっかり味付けをつけ、全体になじませるセクションだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-21-18-45-52
そして次に、ポタージュ食材を投入しよう。

・アボカド  1個
・コンソメ  小さじ0.7
・生クリーム 100g

これを中火で約1分、少しの時間だけ煮詰めよう。

クレアおばさんがしゃしゃり出る暇もないほどの、短時間でOKだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-21-18-46-10
これをお疲れの方の前に差し出せば、完成だ。

栄養をしっかりつけ、残りの年末も乗り切っていただきたい。

低糖質の美味しさチェック

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-21-18-46-25
滑らかな湖面に、粒々達が見え隠れしている。

このスープに旨みが溶け込んでいるのが、目視でも確認できる。

さっそく頂くとしよう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-21-18-46-49
アボカドとエビの間違いない旨さ

さらにバターと玉ねぎの甘みが、全速力で駆け抜ける。

スプーンで飲むのがめんどくさくなり、途中でレンゲにチェンジされる。

これは食事最短時間を記録する勢いだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-21-18-47-02
そして底に沈む具材も、モリモリかき出そう。

少量の生クリームのまろやかさが、口全体を包み込んでいる。

甘みと醤油の塩気を併せ持った、アボカドポタージュ。

王道の間違いない美味しさに、体の芯から安心する。

冬の朝にお試しいただきたい、素敵な逸品だった。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク