まさに最強!麺つゆ焦がしバターガーリックうずら(糖質3.0g)

まさに最強!麺つゆ焦がしバターガーリックうずら(糖質3.0g)
スポンサー様

包丁も使わず、洗い物も少ない。

それでいて思いついたら即作れる、最強のおつまみは誰だ…!

そんな質問を投げかけると、必ず手を挙げるレシピがある。

数多の家飲みで作り方を尋ねられた、あのレシピが…。

そいつの名前は、麺つゆ焦がしバターガーリックうずら

旨さ・破壊力・ヘルシーさ、三つの魅力で君を打つっ…(*‘∀‘)!

チャンネル登録も是非☺!


スポンサー様


麺つゆ焦がしバターガーリックうずらの美味しい低糖質レシピ

費用:200円時間:9分糖質:3.0g脂質:18.0g塩分:1.0g
熱量:228kcalたんぱく質:動物 9.9g  植物 2.3g※上記は1人分 / 調味料の糖質一覧:こちら 食材の糖質一覧:こちら
まさに最強!麺つゆ焦がしバターガーリックうずら(糖質3.0g)
ではまずは、材料2人分)から。

・茹でうずら    12個
・マッシュルーム  2パック

まずウズラはご自身で茹でても、完成品をご購入いただいても、どちらでもOK。

ただウズラの水煮は結構お安いため、完成品をご用意いただく方が簡単かもしれない。

まさに最強!麺つゆ焦がしバターガーリックうずら(糖質3.0g)
そして次に調味料を。

・麺つゆ      大さじ2(3倍濃縮タイプ)
※2倍濃縮の場合は大さじ3
・黒胡椒      軽く10振り
・マヨネーズ    小さじ1
・有塩バター    15g
・おろしニンニク  小さじ1

今回使うのは、間違いなく美味しいバター+麺つゆ+マヨネーズの組み合わせ。

加熱すると油分が溶けあい、焦がしガーリックの絡まりも最強だ。

さらなる糖質オフを狙うなら!:本当にお勧めな糖質オフ調味料!🥫
隠れた名作揃い!:高たんぱく低糖質お勧めおつまみ!🍪

まさに最強!麺つゆ焦がしバターガーリックうずら(糖質3.0g)

では早速、本日はいきなり調理に突撃しよう。

まずはフライパンを中強火で加熱し、以下の調味料を一気に加熱。

ここでは全体が軽く溶け出したら、戦の準備は万端だ。

・マヨネーズ    小さじ1
・有塩バター    15g
・おろしニンニク  小さじ1

まさに最強!麺つゆ焦がしバターガーリックうずら(糖質3.0g)
さらに軽く洗ったマッシュルーム2パックを丸ごと加え、一気に2分炒めて欲しい。

ガーリックとマヨネーズがバターに蕩け、部屋中が洋食屋さんの薫りに変化。

マッシュルームを炒めるだけだが、その暴力的な薫りは犯罪的だ。

まさに最強!麺つゆ焦がしバターガーリックうずら(糖質3.0g)
そしてマッシュを炒め終わったら、あとは以下の食材と調味料を加えるだけ。

・茹でうずら    12個
・麺つゆ      大さじ2(3倍濃縮タイプ)
※2倍濃縮の場合は大さじ3
・黒胡椒      軽く10振り

あとは麺つゆが飴色を手に入れるまで、水気を飛ばしつつ約5分

ここからは麺つゆが焦げないよう、ヘラで常に混ぜながら炒めていただけるだろうか。

まさに最強!麺つゆ焦がしバターガーリックうずら(糖質3.0g)
その目安は、水気を殆ど感じない程度まで。

フライパンに焦げ付くギリギリまで、しっかり炒めていただきたい。

最早この辺りから、マッシュとウズラの区別が難しくなってくる。

まさに最強!麺つゆ焦がしバターガーリックうずら(糖質3.0g)
そして最後はお皿に盛り付けて、これにて最強おつまみの完成である。

その名は、麺つゆ焦がしバターガーリックうずら

彼氏のお箸が止まらない♡』が、現実に起こり得る逸品だ!

低糖質の美味しさチェック

まさに最強!麺つゆ焦がしバターガーリックうずら(糖質3.0g)
えーと…( ゚Д゚)

どれがウズラで、どれがマッシュルームかな?

飴色の麺つゆにコーティングされ、全てが完全に一体化している。

テカテカに光って準備万端な、ウズラとマッシュの名コンビ。

では早速、噂の攻撃力を一口パクリと確認しよう。

まさに最強!麺つゆ焦がしバターガーリックうずら(糖質3.0g)
お゙お゙ぉ゙ん゙…!

 /⌒\   /⌒\
|   >―<   |
 \ / ̄ ̄ ̄\ /
  Y; ⌒ ● ⌒ Y
  (;⌒⌒⌒⌒⌒⌒)
  |;(v――v)|
   \;\__//
    >――<

まさに最強!麺つゆ焦がしバターガーリックうずら(糖質3.0g)
久しぶりに飛び出した、恍惚の象徴『ニャンちゅう絵文字』。

バター麺つゆの甘み・しょっぱさ・コクのコンボ…。

そしてウズラとマッシュルームの、プリッと堪らない弾ける食感。

これはなんという旨さなのか…。

無限に食べられる』という形容詞に非常に近い、驚くべき中毒性。

ここから先は、是非ご自身のニャンちゅうでお確かめ頂きたい。

旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様