食べ応え◎。良質ソイライス&鶏ひき肉マヨカレー風が美味。(糖質7.4g)

食べ応え◎。良質ソイライス&鶏ひき肉マヨカレー風が美味。(糖質7.4g)

ココ壱の前を通りかかるたび、芳しい香りに足を止めてしまう。

美味しそうなカレーのメニューに、心惹かれてしまう。

それはまるで、ショーウインドウのトランペットをのぞき込む少年のようだ。

時にはカレーもOKだが、「今日は糖質制限!」と決めた日ならば、

是非このスプーン止まらぬ、嬉し・美味しい逸品をお試しいただきたい。

良質ソイライス&鶏ひき肉マヨカレー風の美味しい糖質オフレシピ

費用:250円時間:30分糖質:7.4gたんぱく質:動物 34.0g  植物 20.7g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
写真 2016-05-02 18 38 22
まずは材料2人分)だ。

今回の主役はソイライスとレタスで決定だ。

・木綿豆腐 2丁
・鶏むね肉 250g
・レタス  半分
・たまご  2個
・ニンニク 1片

写真 2016-05-02 18 36 34
次に調味料だ。

・カレー粉 大さじ1
・醤油   大さじ1
・塩    軽く8ふり(小さじ1)
・胡椒   軽く6ふり(小さじ0.8)
・生姜チューブ 2センチ
・ガラムマサラ 軽く4ふり(小さじ0.5)
・マヨネーズ  大さじ3
・オリーブオイル 大さじ1

写真 2016-05-02 19 17 57
今回のメイン調味料は、この「ホットガラムマサラ」だ。

様々な香辛料を含み、スーパーなどで簡単に手に入る。

また類似商品も多いので、手難易度は低いだろう。

あと安い。130円程度の値段設定に、国民皆にっこりだ。

写真 2016-05-02 19 18 06
成分を見ると、非常にたくさんの香辛料を含んでいる。

これがない場合には、通常のガラムマサラで代用可能だ。

写真 2016-05-02 19 29 30
まずはソイライスを作成しよう。

今回のソイライスは、かなりカレー感が再現されている。

写真 2016-05-02 19 29 30
良質なソイライスの作成方法は、こちらをご参照頂きたい。

1食分糖質3.6g。おかずが加速する良質ソイライスの簡単な作り方(写真付き)

写真 2016-05-02 18 45 39
まずはニンニクをみじん切りにしよう。

カレーでテンションが上がっている今、手のニンニク臭すら心地よい。

写真 2016-05-02 18 49 42
次に鶏むね肉を、包丁でミンチ状にしていこう。

鶏皮には、今回はお休みして頂こう。

写真 2016-05-02 18 52 52
いつものごとく、ぶんぶんチョッパー総長にミンチにして頂いた。

鶏むね肉が、わずか10秒足らずでミンチになる。

節約家としては、心が震える嬉しさだ。

写真 2016-05-02 18 58 38
忘れないうちに、レタスを洗って敷き詰めておこう。

この草原の上を、カレーが走り回ると思うと感無量だ。

写真 2016-05-02 19 31 05
さあガシガシ作っていこう。

まずはフライパンにオリーブオイル大さじ1を入れ、強火で加熱しよう。

写真 2016-05-02 19 31 49
次ににんにくと生姜チューブを炒めよう。

ここから先は全て強火でOKだ。

約15秒程度で、いい感じに炒められる。

写真 2016-05-02 19 32 24
次に鶏ミンチを投入しよう。

食べ応えのある、下味をしっかりつけた味に仕上げよう。

写真 2016-05-02 19 35 49
約1分ほど炒めたら、次に調味料を投入しよう。

・カレー粉 大さじ1
・醤油   大さじ1
・塩    軽く8ふり(小さじ1)
・胡椒   軽く6ふり(小さじ0.8)
・生姜チューブ 2センチ
・ガラムマサラ 軽く4ふり(小さじ0.5)

まだマヨネーズは投入しない。

写真 2016-05-02 19 38 54
先ほどの調味料を入れ、また30秒程度炒めよう。

ほのかに水分が残る程度まで炒めよう。

最後に火を止め、マヨネーズ大さじ3を混ぜ合わせよう。

カレーの具材は、これにて完成だ。

写真 2016-05-02 19 06 42
次に、見た目にもおいしそうな、半熟エッグを作っていこう。

とにかく見た目にも重視し、子供たちの煌めく瞳を目指そう。

たまごをそれより少し大きな耐熱容器に入れ、黄身と白身を箸でプスプスしよう。

写真 2016-05-02 19 07 24
次に淵から水を注ごう。

黄身に直接かけると、黄身が溢れてしまう恐れがある。

この時、たまごが完全に浸る水量にしていただきたい。

黄身が空気に触れてしまうと、そこから固くなってしまうのだ。

写真 2016-05-02 19 12 57
ラップをして、600wレンジで2分10秒

冷蔵庫から直接出したたまごなら、2分30秒程度だ。

2分加熱して、時々様子をみると失敗知らずだ。

写真 2016-05-02 19 13 24
レンジから出したら、すぐ中のお湯を抜こう

アツアツのお湯で、ガシガシ半熟感が失われてしまう。

タイムイズ半熟だ。

写真 2016-05-02 19 04 37
ちなみにこれが、たくさんの水に浸さなかったたまごの末路だ。

表面の黄身が空気に触れ、半熟どころかカッチカチになっている。

カッチカチやぞ…。

たまごから悲しいギャグが聞こえてくる。

31
全ての具材をいい感じに盛り合わせたら完成だ。

もうワクワクが止まらない。

低糖質の美味しさ実食

写真 2016-05-02 21 12 02
鶏ひき肉の見事なカレー感。ソイライスの重厚感。

ひき肉とソイライスの区別はどこだろう。

まず一口。カレーの風味と醤油のわずかな香りが鼻を抜ける。

ソイライスが、カレーまみれの下味を持った鶏ひき肉を受け止めている。

旨いかなりの満足感だ

写真 2016-05-02 19 44 55
注目すべきは、この艶やかさだ。

豆腐のぽそぽそ感は皆無

肉汁とマヨにカレーのスパイスが混ざり合い、非常にまろやかな舌触りだ。

旨い。スプーンが止まらない。

このタイミングでスプーンが有給申請をしても許可しない。

写真 2016-05-02 20 04 36
半熟卵と絡め、レタスで一気に一口。

俗に言う「間違いない」って味だ。

ソイライスの開発者にメールを送りたい、感謝溢れる逸品だった。

ご馳走様でした。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク