まるでモモ肉。柔ささみの焦がし大蒜お酢ポンナムル(糖質6.6g)

まるでモモ肉。柔ささみの焦がし大蒜お酢ポンナムル(糖質6.6g)

グッとくる香りの最高峰である、焦がし大蒜。

あの積極的で前向きな味付けを、お腹一杯食べ尽くしたい。

しかしあまりに濃すぎる味だと、焦がし大蒜を損なってしまう。

あの王者の味を引き立てる、軽やかな味わいはないだろうか。

本日ご紹介する、柔ささみの焦がし大蒜お酢ポンナムル

皆様に夏バテして欲しくない、そんな美味しさギフトボックスである。

スポンサー様


柔ささみの焦がし大蒜お酢ポンナムルの美味しい糖質オフレシピ

費用:150円時間:10分糖質:6.6g脂質:7.6g塩分:3.0g
熱量:190kcalたんぱく質:動物 19.8g  植物 1.7g※上記データは1人分/茹で用の換算なし
柔ささみの焦がし大蒜お酢ポンナムル
まずは材料2人分)だ。

・ささみ 4本
・ネギ  1/2本(白い部分)
・大蒜  2片

まるでラーメン屋の人気小鉢の様な美味しさの、本日の一品。

写真の葱は小ぶりのため、少し多めに配置してある。

決して一人だけ、大盛りネギ祭りを楽しもうとする魂胆ではない。

柔ささみの焦がし大蒜お酢ポンナムル
そして次に調味料だ。

・塩    軽く8ふり(4ふりは茹で用)
・醬油   小さじ1
・ぽん酢  大さじ2
・穀物酢  大さじ2
・すりごま 小さじ1
・はちみつ 小さじ0.7
・料理酒  100㏄(茹で用)
・生姜チューブ 小さじ1
・ごま油    大さじ1

そして柔らかささみを包む味付けは、THE・さっぱり

焦がし大蒜の味わいを損なわぬよう、酸味溢れるテイストに完成させよう。

柔ささみの焦がし大蒜お酢ポンナムル
では最初に、ささみの筋取り&一口大カットから始めよう。

ここからすでに、鶏もも肉とタイマンをはるための大事な行程が始まっている。

是非とも新鮮なささみで、美味しいお肉を生み出していただきたい。

柔ささみの焦がし大蒜お酢ポンナムル
そしてこのささ身肉を投入するのが、以下を沸騰させた合わせ湯だ。

・水   1ℓ
・料理酒 100㏄

脂肪分の少ないささみを、鶏もも肉に近づける。

そんな黒魔術の様な効果が期待できる、いい感じのお湯である。

柔ささみの焦がし大蒜お酢ポンナムル
そしてここに、先ほどのささみを約8分間投入しよう。

その間はお鍋の火を止め、蓋をしてゆっくり放置。

じんわり柔らかさを帯びる間に、こっそり焦がし大蒜ネギソースを完成させよう。

柔ささみの焦がし大蒜お酢ポンナムル
まずはネギ1/2本を、薄く斜めにシャッシャと切る。

そして大蒜も2片、細かくみじん切りに。

少し多めの大蒜だが、お好みに合わせてご調整いただきたい。

柔ささみの焦がし大蒜お酢ポンナムル
そしてネギは約5分間、水の中で辛みを抜き取っていただきたい。

冷蔵庫で寿命を迎える頻度の高いネギも、今夜は素敵な就職先が見つかりそうだ。

柔ささみの焦がし大蒜お酢ポンナムル
そしてそんなこんなで、ささみも柔らかく仕上がっている。

これにてささみ・ネギの下処理が完成だ。

あとは先ほどの大蒜を、美味しく調理してしまおう。

柔ささみの焦がし大蒜お酢ポンナムル
ちなみにこちらが、ささみを茹でたゆで汁

いつもこちらに少しの鶏がらスープを追加し、かき玉スープなどで楽しんでいる。

ただしささみ料理を連発すると、このスープが大量にストックされる。

需要と供給バランスが崩壊しそうになったら、鍋物の下地スープにされると良いだろう。

柔ささみの焦がし大蒜お酢ポンナムル
では早速、焦がし大蒜から作成しよう。

まずは以下を同時にお鍋に投入し、強火で約90秒加熱していただきたい。

・ごま油     大さじ1
・大蒜みじんぎり 2片

柔ささみの焦がし大蒜お酢ポンナムル
そしてここに、以下の調味量を加えてさらに20秒ほど加熱しよう。

・塩    軽く4ふり
・醬油   小さじ1
・ぽん酢  大さじ2
・はちみつ 小さじ0.7
・生姜チューブ 小さじ1

蜂蜜をいい感じに溶かしつつ、大蒜と生姜の香味をしっかり広げていこう。

柔ささみの焦がし大蒜お酢ポンナムル
そしてこれを、ボールに移した以下の具材と調味料に加えよう。

・ささみ  4本分
・穀物酢  大さじ2
・すりごま 小さじ1
・抜群に水気を切ったネギ 1/2本分

これを良くかき混ぜれば、あとは楽しい食卓を味わうのみである。

柔ささみの焦がし大蒜お酢ポンナムル
これをお皿にたっぷり移せば、いざ完成だ。

柔らかなささみと共に、香ばしさ溢れる香味野菜達。

今夜は未読の漫画と共に、素晴らしきひょいパク時間をお過ごしいただきたい。


スポンサー様


低糖質の美味しさチェック

柔ささみの焦がし大蒜お酢ポンナムル
薫り高いネギの風味と、柔らかなささみ。

持った瞬間に感じる、「君柔らかいよね?」疑惑。

これがお皿に大量にあるのだから、今夜は楽しい夜になりそうだ。

では早速、空腹な体にそっとおすそ分けしよう。

柔ささみの焦がし大蒜お酢ポンナムル
がっつり3つを確保して、鶏もも並みの柔らかさを楽しむ。

醬油とポン酢を組み合わせると、ふわりと柔らかな塩気が味わえる。

そしてそこに、お酢と蜂蜜の酸味と甘み。

溢れる旨みに包まれたささみ、なんと素敵な美味しさなのだ。

柔ささみの焦がし大蒜お酢ポンナムル
そして濃すぎることがない、この焦がし大蒜ネギソース。

大蒜の風味が口いっぱいに広がり、ネギの甘みでささみの淡白な美味しさも邪魔しない。

一つ一つをお箸でつまみ、丁寧に頬張るこの快感。

いやぁ、やはりささみって大変美味しい。

まだまだ可能性を感じる、和の味わい豊かな逸品だった。

ささみよ、今日もごちそうさまでした。

いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
まるでモモ肉。柔ささみの焦がし大蒜お酢ポンナムル(糖質6.6g)

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)

こちらの記事もいかがですか?