一晩寝かせた旨み。牛モモ小葱のバターコンソメ生姜スープ。(糖質4.1g)

一晩寝かせた旨み。牛モモ小葱のバターコンソメ生姜スープ。(糖質4.1g)

皆様は、牛肉テールスープを飲まれたご経験はあるだろうか。

あの旨さは、牛の旨みがスープに存分に溶け込んでいること。

あの異国での感動を、我が国でも再現できないだろうか。

生姜と味噌をコンソメに合わせ、牛の旨みを絞り出す。

本日ご紹介するのは、牛モモ小葱のバターコンソメ生姜スープ

喉の奥で牛が暴走する、放牧状態の逸品だ。

牛モモ小葱のバターコンソメ生姜スープの美味しい糖質オフレシピ

費用:250円時間:10分糖質:4.1gたんぱく質:動物 21.2g  植物 0.5g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-07-18-05-37
まずは材料2人分)だ。

・牛モモ肉 200g
・小葱   1/2袋

今回の牛モモ肉は、カレー用の特売品を使用させていただいた。

レジのお姉さまは、本日我が家はカレーだとお考えだろう。

しかし本日の私、結構バターコンソメ寄りの胃袋状態なのだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-07-18-05-48
次に調味料だ。

・味噌   大さじ1
・コンソメ 小さじ1
・塩    軽く2ふり
・一味   軽く3ふり
・バター  10g
・生姜チューブ 小さじ0.5

調味料のポイントは、バターコンソメと味噌。

これ。お味噌汁?」と言われた場合、満面の笑顔で回避するのがお勧めだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-07-18-05-57
ではまず、牛モモ肉にフォークで穴をしっかりと開けていこう。

普段の鶏肉と違い、流石の風格。

チキンちゃんには申し訳ないが、何というか高倉健的な崇高オーラを感じてしまう。

しかし食事時にも高倉健を連想すると、少し食べづらいので注意が必要だ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-07-18-06-10
そして早速、バター10gを低温で溶かしていこう。

バターと牛肉とは、何とも素敵な晩御飯になりそうだ。

昨日の絹豆腐納豆混ぜご飯を、神様が見ていてくれたのだろうか。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-07-18-06-20
そしてここに、牛肉を投入。

牛肉にはこの直前に塩を2ふりし、常温に戻していただきたい。

これをまずは片面を3分間、極低温で炒めて欲しいのだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-07-18-06-29
さらにひっくり返して、さらに1分間

じっくり低温スタイルで、牛の旨みと私の空腹感が爆発しそうだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-07-18-06-37
そして爆発後が、こちらのお写真だ。

もう間違いなく美味しい。

お酒の後のイチゴ大福くらい、間違いない。

一口だけ食べさせてもらう、エースコックのとんこつラーメンくらい間違いないのだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-07-18-06-46
そしてそのお鍋を洗わず、以下の調味料を加えよう。

・コンソメ 小さじ1
・生姜チューブ 小さじ0.5

これを中火で加熱していき、コンソメスープのベースを作り上げよう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-07-18-06-55
そして沸騰したら一度火を止め、以下の調味料などを加えよう。

・味噌   大さじ1
・一味   軽く3ふり
・みじん切りにした小葱  1/2袋

ここからご覧になられた方は、やっぱりお味噌汁じゃんとお考えだろう。

そのご意見に関しては、その通りだと思う。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-07-18-07-04
そしてここに先ほどの牛肉を投入し、気持ち煮込んでいただいたらOKだ。

牛の旨みをスープに溶かし、エキス湖での背泳ぎ準備は万端だ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-07-18-07-19
これをいい感じにお皿に移したら、さぁ完成だ。

バターコンソメテイスト&牛の旨み。

もはや自宅に帰らない理由が思いつかない、素敵な晩御飯をお試しいただきたい。

低糖質の美味しさチェック

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-07-18-07-29
まるで牛筋煮込みのような、綺麗なお姿。

牛の脂というだけで、これほどまでに魅力を持ち合わせるのか。

喉が元気なワンちゃんのように唸り始めたので、早速いただこう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-07-18-07-38
牛肉をごそっと救い上げ、いざ一口。

素晴らしいコクと共に、牛肉から滲み出る旨み成分。

一晩置かれてしまった、そう思いました。

牛肉へのインタビューで、彼はそう感想を述べていた。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-07-18-07-46
このバターコンソメが、沁みるったらありゃしないのだ。

普段のお味噌汁とは少し違う、甘い香りと牛のエキス

まるでステーキを食べているような、圧倒的な食べ応え。

あぁ、流石は牛という美味しさ。

給料日後にいきなりステーキに行きたくなる、そんな美味しい逸品だ。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク