甘み沁みこむ。ツナ厚揚げの濃厚クリチオーロラシチュー(糖質3.5g)

甘み沁みこむ。ツナ厚揚げの濃厚クリチオーロラシチュー(糖質3.5g)

甘みに塩気を溶かし込んだ、シチューの美味しさ。

さらに溶け込む、ケチャップの甘酸味を想像しよう。

あぁ…暖かな食卓が目に浮かぶ…。

まだまだ寒い夜が続く、今宵の食卓に迎えたい…。

本日ご紹介するのは、ツナ厚揚げの濃厚クリチオーロラシチュー

具だくさんでおなかを満たす、濃厚で美味しい逸品だ。

ツナ厚揚げの濃厚クリチオーロラシチューの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:10分糖質:3.5g脂質:30.9g
塩分:1.3g 熱量:419kcalたんぱく質:動物 11.6g  植物 17.2g
※上記データは1人分です。
ツナ厚揚げの濃厚クリチオーロラシチュー(糖質3.5g)
まずは材料2人分)だ。

・厚揚げ 300g(約1袋)
・たまご 1個
・ノンオイルツナ缶 1個
・マッシュルーム  1パック

ツナ缶と厚揚げの美味しさに気が付いたのは、その美味しいステーキを食べてから。

ツナの塩気と厚揚げの食べ応えが、答えられない美味しさに仕上がるのだ。

ツナ厚揚げの濃厚クリチオーロラシチュー(糖質3.5g)
次に調味料だ。

・塩/黒胡椒  各軽く2ふり
・コンソメ  小さじ0.5
・醤油    小さじ0.5
・生姜チューブ  小さじ1
・オリーブオイル 小さじ2
・クリームチーズ 40g
・ケチャップ   大さじ1

大人になった今、シチューは洋風レストランで確実に頼む大好物になっている。

私は心のどこかで、あったかハウスを求めているのかもしれない。

ツナ厚揚げの濃厚クリチオーロラシチュー(糖質3.5g)
そんなあったかハウスを襲来する、今宵のメイン食材厚揚げ

賞味期限ギリギリで冷蔵庫で震えていたところを、シチューに大抜擢した次第だ。

これを細かな一口大にカットし、沁みこみやすい形状に仕上げよう。

ツナ厚揚げの濃厚クリチオーロラシチュー(糖質3.5g)
次にマッシュルームだ。

キノコの里随一のエキスの持ち主である、このマッシュさん。

彼には今回、乱切りで食べ応えを演出していただこう。

ツナ厚揚げの濃厚クリチオーロラシチュー(糖質3.5g)
では早速、フライパンに以下の調味料を同時に投入しよう。

・生姜チューブ  小さじ1
・オリーブオイル 小さじ2

これを中火で30秒炒めるという、お決まりの手法。

筋トレ後で感度を上げた嗅覚に、加熱された生姜が鼻孔をくすぐってくる。

ツナ厚揚げの濃厚クリチオーロラシチュー(糖質3.5g)
そしてここに、マッシュルームと厚揚げをダイレクトに投入しよう。

これを強火でガサゴソ3分間、じっくり炒めていただきたい。

この段階では味が付いていないので、つまみ食いの恐れはゼロ。

周囲への警戒心を開放し、ゆっくりお料理に興じていただきたい。

ツナ厚揚げの濃厚クリチオーロラシチュー(糖質3.5g)
そしてここに、以下の調味料を加えよう。

・塩/黒胡椒  各軽く2ふり
・コンソメ  小さじ0.5
・醤油    小さじ0.5
・クリームチーズ 40g
・ケチャップ   大さじ1

これを中火で3分間、クツクツと煮込んでいただけるだろうか。

残ったクリームチーズを、スプーンで頬張りながら。

ツナ厚揚げの濃厚クリチオーロラシチュー(糖質3.5g)
そして次は、ツナ缶の脂を切ってごそっと投入しよう。

これは約30秒、煮詰めすぎてツナが固くならないようにご配慮いただきたい。

新年会で当たったツナ缶も、残すところあと24缶。

給料日前の救世主として、自分のするべきお仕事を分かっていらっしゃる。

ツナ厚揚げの濃厚クリチオーロラシチュー(糖質3.5g)
そして再沸騰したら、火を止めて溶き卵を回しかけよう。

軽く白身に火が通るように、ぐるぐるかき混ぜていただければOKだ。

ツナ厚揚げの濃厚クリチオーロラシチュー(糖質3.5g)
そしてこれを人目をはばからずお皿に乗せ、いざ完成だ。

結構なボリュームだが、ペロッとイケてしまう濃厚シチューをお楽しみいただきたい。

低糖質の美味しさチェック

ツナ厚揚げの濃厚クリチオーロラシチュー(糖質3.5g)
何という具だくさん。

飲食店のアルバイトなら、「盛りすぎぃ!」と店長に怒られるレベルだ。

そしてバイトのお局様にも「一杯当たりの具材、計算してる?」と、言われかねないボリュームだ。

ツナ厚揚げの濃厚クリチオーロラシチュー(糖質3.5g)
これをタップリ持ち上げ、いざ一口。

スープに溶け込んだ、クリームチーズの濃厚感

ケチャップとコンソメの、甘さの集合体

あぁこれは、お子様も大好きな沁みこむ美味しさだ。

ツナ厚揚げの濃厚クリチオーロラシチュー(糖質3.5g)
さらに溶き卵がからみ、厚揚げと一緒になだれ込む。

これまた優しくも、グッとくる食べ応え。

まさに食べるスープの名にふさわしい、濃厚なエキスだ。

ケチャップの甘みは、クリチに最適。

マッシュルームの旨みも結合する、沁み渡る逸品だった。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク