まさに新食感。サラダ菜で包むオクラ鶏つくねのナイスな野菜感(糖質4.0g)

まさに新食感。サラダ菜で包むオクラ鶏つくねの野菜最高。(糖質制限)

オクラの安さと美味しさ、まさに脱帽だ。

そして美味しさだけでなく、つくねなどの「つなぎ」としても使える凄いやつだ。

あの緑色のスティック、栄養素の塊と考えて間違いないだろう。

つまり、栄養素をつなぎとして使う、画期的なオクラつなぎ。

今日は片栗粉や小麦粉の地位を脅かす、オクラつなぎの可能性をご覧頂きたい。

サラダ菜で包んで食べるオクラ鶏つくね、野菜大好きっ子推薦の逸品だ。

サラダ菜で包むオクラ鶏つくねの美味しい糖質オフレシピ

費用:150円時間:10分糖質:4.0gたんぱく質:動物 31.0g  植物 1.5g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
写真 2016-04-26 18 07 32
まずは材料2人前)だ。

・鶏むね肉 250g(約1枚)
・オクラ  1袋
・たまご  1個
・サラダ菜 1袋
・ニンニク 1片 

写真 2016-04-26 18 22 11
次に調味料だ。

・醤油  大さじ1.5
・料理酒 小さじ1
・マヨネーズ 大さじ3
・オリーブオイル 大さじ2
・塩/胡椒  各6ふり

写真 2016-04-26 18 10 54
まずはつくねの材料作りだ。

鶏むね肉の脂身を外そう。

いつも思うが、こんなに素直に剥がれていいのだろうか。

私もジャケットを脱ぐように、脂肪を外したかった。

写真 2016-04-26 18 12 41
これをミンチ状にしていこう。

私はぶんぶんチョッパー先生を活用しているが、包丁でトントンしてもokだ。

フードプロセッサーを使っても簡単にできる。

写真 2016-04-26 18 15 05
次にオクラだ。

まずは良く水洗いだ。

写真 2016-04-26 18 15 48
良く洗ったオクラをまな板に整列させ、上から塩を1ふり

上から手で、まな板に押し付けながら転がし、産毛をとろう。

新鮮なオクラは、産毛にも根性がある。

手袋などを付け、手に刺さらないようにしていただきたい。

写真 2016-04-26 18 17 01
産毛が取れたら、両先端をトントンと、包丁で切っておこう。
写真 2016-04-26 18 18 11
これまた、みじん切り状態にしよう。

できるだけ細かくするのが、粘り気UPポイントだ。

写真 2016-04-26 18 21 39
ここに料理酒小さじ1を混ぜ、ラップをして600wレンジで1分加熱しよう。

混ぜると既に、つなぎとしての可能性を感じる。

「私の長所は、料理酒をかけてレンジで加熱したオクラの様に、粘りづよく物事に取り組むことが出来る点です。」

頑張る就活生にお送りしたい、自己分析の例文だ。

写真 2016-04-26 18 24 25
次にニンニク1片をみじん切りだ。

手についた香りがたまらない。

写真 2016-04-26 18 25 50
つくねのタネづくりだ。

先ほどの鶏もも肉オクラニンニクに以下を加えよう。

・たまご 1個
・醤油  大さじ1.5
・料理酒 小さじ1
・塩    5ふり
・胡椒  6ふり
・マヨネーズ 大さじ3

写真 2016-04-26 18 26 58
ガシガシ混ぜよう。

ヤマイモレベルの、抜群の粘り気だ。

このビジュアルでスタミナが付かなかったら詐欺だ。

写真 2016-04-26 18 29 30
ここでサラダ菜を洗って配置しておこう。

良く水で洗ったサラダ菜は、それだけで綺麗だ。

写真 2016-04-26 18 30 46
巻いてやる…。巻いてやるぜええ!

サラダ菜の意気込みが聞こえてきそうだ。

写真 2016-04-20 19 09 06
フライパンにオリーブオイルを大さじ1いれて、強火で加熱しよう。

2回に分けて焼きたい。

写真 2016-04-26 18 33 28
1回で4つがベストサイズだ。

大きなフライパンなら、一気に焼けるだろう。

スプーンですくって、くっつかないように焼いていこう。

写真 2016-04-26 18 36 21
強火で片面2分弱だ。

非常に焼きやすいが、反面、少し崩れやすくもある。

加熱して固まるまで、強引な移動は控えたほうが良いかもしれない。

写真 2016-04-26 18 39 41
両面をカリッと焼いたらokだ。

お弁当にも活躍するビジュアルだが、お子様がオクラ嫌いでないことを祈ろう。

まさに新食感。サラダ菜で包むオクラ鶏つくねの野菜最高。(糖質制限)
サラダ菜の上に盛ったら完成だ。

サラダ菜で包み込み、野菜バーガーとしゃれこもう。

低糖質の美味しさ実食

さあ、自宅でモスバーガー菜摘を楽しもう。

まさに新食感のオクラ鶏つくね、皆様の期待を良い意味で裏切ってくれるはずだ。

写真 2016-04-27 9 50 19
野菜がぎっしり詰まっている素晴らしい断面図だ。

オクラの栄養分をすべて美味しくいただこう。

まずは一口。

すごい食感、まさに不思議食感だ。

練りこんだマヨと醤油、間違いなく美味

塩気もあるため、追加のタレなしでパクパク行けてしまう。

写真 2016-04-27 9 48 42
次にサラダ菜で包みこみ、すこしマヨを追加してみた。

これは旨い

えぐみのないサラダ菜とオクラ鶏つくね、快適だ。

食べやすさ、おいしさ、共にgoodだ。

サラダ菜で包むマイブームが訪れそうだ。

オクラよ、美味しいご飯をありがとう。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク