快感の肉厚。梅味噌バターの簡単濃厚角煮風チキン(糖質7.3g)

快感の肉厚。梅味噌バターの簡単濃厚チキン角煮(糖質7.3g)

梅味噌バターの衝撃を初めて味わった、北海道の修学旅行。

拉麺一杯に表現された旨みは、大切に記憶されている。

そして本日はあの感動を、大好物のチキン角煮で再現しよう。

さらにお手軽・低糖質に仕上げるのが、成長した私のお役目である。

本日ご紹介する、梅味噌バターの時短濃厚チキン角煮

バターと梅の奏でる風味は、ラスト一個を抗争に発展させる逸品だ。

スポンサー様


梅味噌バターの時短濃厚チキン角煮の美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:50分糖質:7.3g脂質:25.3g塩分:2.1g
熱量:392kcalたんぱく質:動物 24.3g  植物 1.4g※上記は1人分/下茹で調味料未換算
梅味噌バターの時短濃厚チキン角煮
まずは材料2人分)だ。

・鶏もも肉 300g
・ネギ   1/3本
・減塩梅干し  1個

沢山の糖質と手間が沢山必要になる、美味しい鶏角煮。

もしこの二つの課題を克服したら、チキンからご褒美でも頂けるだろうか。

2017年最新モデルの格好良いクチバシでも貰えるだろうか。

梅味噌バターの時短濃厚チキン角煮
次に調味料だ。

・有塩バター 10g
・塩/黒胡椒  各軽く2ふり
・白ワイン  50cc
・味噌    大さじ1
・蜂蜜    小さじ0.5
・醤油    小さじ1
・大蒜チューブ 小さじ1

美味しい角煮と言えば、砂糖の甘みと味噌の旨みが最高だ。

本日はその甘みを、白ワインと蜂蜜でナイスに演出させていただこう。

梅味噌バターの時短濃厚チキン角煮
ではまず鶏もも肉を少し大きめの一口大にカットし、フォークで満遍なく穴を開けよう。

角煮と呼ぶくらいだから、その食べ応えも非常に重要。

ただ鶏もも肉を丸ごと角煮にした初回は、顎が破壊されそうになった記憶がある。

ここは程良いサイズで手を打ち、抜群の食べやすさも追求しよう。

梅味噌バターの時短濃厚チキン角煮
次にその鶏もも肉に、以下の調味料を約20分漬け込んでいただきたい。

・塩/黒胡椒  各軽く2ふり
・白ワイン  50cc

揉み込む際は非常に優しく、常温に戻しつつモニモニと。

しかしワインで揉まれる感覚とは、いったいどれほど恍惚的なのだろう。

梅味噌バターの時短濃厚チキン角煮
鶏もも肉に嫉妬しつつも、次は美味しい白髪ネギも作成しよう。

様々な方法が存在するが、最近のお気に入りは竹串5本でのしゃっしゃ攻撃である。

非常にやり易いこの方法なら、とことん細かな白髪ネギが作成できる。

完成後は水にさらし、全工程終了まで水中で放置して頂けるだろうか。

梅味噌バターの時短濃厚チキン角煮
では早速、楽しい角煮調理の始まりである。

と言っても今回は非常に簡易版のため、ほぼチキン煮込みに近い工程。

まずは以下の調味料をお鍋に投入し、中火で約30秒加熱していただけるだろうか。

・有塩バター 10g
・大蒜チューブ 小さじ1

梅味噌バターの時短濃厚チキン角煮
さらに先ほどの漬け込み鶏もも肉を、皮面を下にしてダイブさせよう。

ここでの火力は、中火(約180度)で90秒

鶏皮からも美味しい脂をいただき、全旨み勢力でクツクツ煮込んでいこう。

梅味噌バターの時短濃厚チキン角煮
90秒後はひっくり返し、以下の調味料を加えて、時々ひっくり返しながら弱火(160度)で25分煮詰めていただきたい。

・水   50㏄
・味噌  大さじ1
・蜂蜜  小さじ0.5
・醤油  小さじ1
・ほぐした減塩梅干し 1個

この梅干しに関しては、お好みでビシバシ増量して欲しい。

ただし約3個を超えたあたりで、角煮が完全に梅味に占領されるため、ご注意いただきたい。

梅味噌バターの時短濃厚チキン角煮
そして最後に白髪ねぎを上下に沿えたら、いざ完成だ。

梅味噌蜂蜜ソースも存分に絡め、お鍋の中身も綺麗に空っぽ。

食欲に酔いしれる、心地良い食卓をお楽しみいただきたい。


スポンサー様


低糖質の美味しさチェック

梅味噌バターの時短濃厚チキン角煮
全体に絡む梅味噌バターの香りに、思わず白米を炊きそうになる。

もしくは肉まんの生地に挟めばどうなるのだろうと、危険な思想が暗躍する。

本日は少し悪者風の顔をして、いざモリモリ頂こう。

梅味噌バターの時短濃厚チキン角煮
肉厚の鶏もも肉に、容赦なくガブリ。

梅の酸味、味噌の塩気、バターの甘み。

あぁ、肉肉しくて最高だ。

この味は、私たちを容赦なく笑顔にする美味しさである。

梅が苦手な方でも、この酸味は心地良いのではないだろうか。

梅味噌バターの時短濃厚チキン角煮
さらにしっかりと水気を切った白髪ねぎをまぶし、追撃のパクリ。

シャキシャキ感と葱の辛みがふわっと広がり、肉だけでは味わえぬ旨みが楽しめる。

白髪ネギの活躍は、梅味噌バターラーメンだけではない。

北海道に行けなくても、こんなに近くにいたなんて。

肉厚のチキン角煮、まさにガッツリ染み渡る美味しさだ。

また鶏もも肉の特売日には思い出すだろう、素敵な出会いだった。

いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
スポンサー様
スポンサー様