低カロS級。おろし搾菜ポン酢の激盛り水切り豆腐サラダ(糖質5.8g)

低カロS級。おろし搾菜ポン酢の激盛り水切り豆腐サラダ(糖質5.8g)
スポンサー様

たんぱくなお味の豆腐サラダは、低カロリーで美味しいけれど。

でもちょっとなんだか、物足りない気がする。

あの味わいは本来、主役になれるポテンシャルを持っているのに。

それはきっと、旨味を包み込む激盛りソースが足りないからだ。

本日の主役は、おろし搾菜ポン酢の激盛り水切り豆腐サラダ

お豆腐で満腹になるサラダは、きっと美味しいダイエットにもお役に立てるはず。

スポンサー様


おろし搾菜ポン酢の激盛り水切り豆腐サラダの美味しい糖質オフレシピ

費用:150円時間:35分糖質:5.8g脂質:8.4g塩分:3.1g
熱量:154kcalたんぱく質:動物 0.0g  植物 11.3g※上記は1人分/下茹で用未換算
おろし搾菜ポン酢の激盛り水切り豆腐サラダ
ではまずは材料2人分)から。

・木綿豆腐 1丁
・ザーサイ 30g
・大根   1/6本
・胡瓜   1/2本

お肉が完全休業になる、本日の低カロ豆腐サラダ。

しかしただヘルシーだ(*‘∀‘)!という理由だけで落ち着いてくれるほど、今夜の私の胃袋は大人しくないのだ。

おろし搾菜ポン酢の激盛り水切り豆腐サラダ
そして次に調味料を。

・ポン酢 大さじ1.5
・ラー油 4プッシュ

まるで急激な過疎化が進んでしまった様な、本日の調味料たち。

マスコットのひよこも途方に暮れる、圧巻の寂れっぷりである。

おろし搾菜ポン酢の激盛り水切り豆腐サラダ
では早速、本日の食材の下処理から始めよう。

まずは木綿豆腐1丁を、ラップなしの600Wで90秒レンチン

今回最も大切なお仕事は、木綿豆腐の水気をとにかく徹底的に切ること。

サイズも半分程度に圧縮し、圧倒的な食べ応えを実現しよう。

本日のサラダは、確実に私達を満腹へと導いてくれるに違いない。

だって一丁だもの。ねこお

おろし搾菜ポン酢の激盛り水切り豆腐サラダ
そしてレンチン後は、クッキングペーパーをたっぷり5重にして乗せておこう。

さらにその上にお皿を乗せ、2キロ程度の重りを乗せ、しっかり30分間放置

高さも半分程度になり、ハンマーで叩かれたアニメキャラみたいになればOKだ。

おろし搾菜ポン酢の激盛り水切り豆腐サラダ
そしてその間に、美味しいザーサイおろしも作成しよう。

大根おろし1/6本分は、全部すりおろして軽く水切りを(ぎゅっと軽く握る程度)。

胡瓜1/2本はスライサーで薄くし、包丁で千切りに。

完成後は水にさらし、シャキシャキ感を際立てていただきたい。

残った胡瓜はポリポリ齧り、河童の気分を楽しもう。

おろし搾菜ポン酢の激盛り水切り豆腐サラダ
さらに大根おろしには、以下の食材と調味料を加えて…。

しっかりかき混ぜれば、白身魚やお豆腐サラダにぴったりのポン酢ザーサイおろしの完成である。

・ザーサイ 30g(包丁でみじん切り)
・ポン酢  大さじ1.5
・ラー油  4プッシュ

おろし搾菜ポン酢の激盛り水切り豆腐サラダ
最後は全体的に水気をしっかり切り、包丁で6等分にして。

さらに豆腐⇒胡瓜⇒ザーサイおろしの順で載せていただければ、いざ完成だ。

美味しいお豆腐だけで満腹を狙う、本日の激盛り水切りサラダの誕生である。


スポンサー様


低糖質の美味しさチェック

おろし搾菜ポン酢の激盛り水切り豆腐サラダ
今宵のサラダは、一味違う。

何故ならいつもは先に売り切れるドレッシング系が、これでもか!というほど乗っかっている。

これほど乗せるものがあれば、きっとお豆腐だけで食べなければならない瞬間はないだろう。

お豆腐サラダドレッシング先になくなる問題も、これにて解決である。

おろし搾菜ポン酢の激盛り水切り豆腐サラダ
ザーサイの塩気ポン酢の酸味、大根おろしで口いっぱいに染み渡る。

お洒落な食材は一切使われていないが、これはパクパク進軍してしまう。

かなり凝縮された豆腐の淡白さに、負けずにしっかりと抗えている。

あぁ、本日は美味しいお豆腐で満腹になりそうだ。

たった二口で1/4丁を食べ尽くす、凄まじいお豆腐消費量である。

おろし搾菜ポン酢の激盛り水切り豆腐サラダ
さらに千切り胡瓜を乗せれば、より爽快感と清涼感を。

シャキシャキ食感が加わると、お豆腐サラダはもっと楽しくなる。

これは美味しく満腹になりそうで、お豆腐がまた好きになってしまった。

絹豆腐より凝縮感が楽しい、丸ごとザーサイおろし水切り豆腐サラダ。

低カロリー&低糖質で、罪悪感も高くて3

ちなみに深夜にチキンラーメンを2袋食べた時の個人的罪悪感は、200である。

いつもご覧いただき、本当に感謝します(*‘∀‘)!
旨ブロレシピ本も是非ご覧ください(*‘∀‘)!
旨ブロ電子書籍
旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様