中からアレが。三種の食感生モズクの胡麻生姜スープ(糖質6.2g)

中からアレが。三種の食感が踊りあう生モズクの胡麻生姜スープ。(糖質6.2g)

海藻スープの大御所、もずくスープ。

頭で想像するもずくスープは、いつも美味しいあのテイスト。

今日はその味を尊重しながら、さらに美味しい要素を加えた、ワガママスープをご紹介したい。

体の芯から温まる、定番の美味しさ+αを是非お楽しみ頂きたい。


スポンサー様

生モズクの胡麻生姜スープの美味しい糖質オフレシピ

費用:150円時間:5分糖質:6.2gたんぱく質:動物 4.1g  植物 0.7g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
写真 2016-05-08 19 04 15
まずは材料1人分)だ。

・生モズク 70g(お好みでたっぷり)
・こねぎ  30g(1/3袋)
・卵豆腐  小パック1つ

完全に中の具材がネタバレしている。

気づかなかったフリをして頂きたい。

写真 2016-05-08 19 28 32
次に調味料だ。

・醤油  小さじ1
・料理酒 小さじ2
・ラー油 3プッシュ
・白煎りごま 大さじ1
・生姜チューブ 2cm
・昆布だし(4倍タイプ)30㏄

写真 2016-05-08 19 08 11
まずは生もずくを軽く水洗いしよう。

食べやすいサイズ(2センチ程度推奨)にカットしよう。

ここでもずくを「キミ、何海から来たの?」とナンパしよう。

写真 2016-05-08 19 12 37
器に隠しだねをセットしよう。

・卵豆腐  小パック1つ(タレ不要)
・白煎りごま 大さじ1
・生姜チューブ 2cm

胡麻豆腐を使っても、最高に美味しいに違いない。

今度やってみよう。

写真 2016-05-08 19 09 48
次にスープを作っていこう。

・水   200cc
・醤油  小さじ1
・料理酒 小さじ2
・昆布だし(4倍タイプ) 30㏄

おすすめは中火だ。

モズクの食感を残し、調味料にエグミを出さずに仕上げていきたい。

写真 2016-05-08 19 12 43
沸騰したらもずくを投入しよう。

底が黒い鍋を使うと、もずくスープの魅力が半減することに気が付いた。

魔女スープみたいだ。

写真 2016-05-08 19 18 44
気を取り直して、もずく投入後、約1分加熱しよう。

そしてこねぎを全部入れ、弱火で30秒だけ加熱しよう。

火を止める10秒前には、ラー油を3プッシュだ。

細かくお願いして大変申し訳ない。

45
さあ完成だ。

ぽっかぽかモズク感謝祭を楽しんでいただきたい。


スポンサー様

低糖質の美味しさチェック

写真 2016-05-08 19 19 46
透き通るもずくスープ。

一口食べると、旨みが口から脳に伝達される。

以前は鶏ガラスープがお好みだったが、やはり昆布だしが至極だ。

料理酒と醤油の、細かな働きも見逃せない。

写真 2016-05-08 20 09 09
卵豆腐の柔らかな口当たりと、モズクのつるつる食感。

小葱のしゃきしゃき感の美味しい3重奏だ。

いやあ美味しかった。

ズルズル感はいつも、私に元気を与えてくれる。

また是非作りたい、素敵な逸品だった。


いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
中からアレが。三種の食感が踊りあう生モズクの胡麻生姜スープ。(糖質6.2g)

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)

こちらの記事もいかがですか?