夏のスタメン。ピリ辛海苔ポンの絶品メカブゴーヤ冷奴(糖質6.6g)

夏のスタメン。ピリ辛海苔ポンの絶品速攻メカブゴーヤ(糖質6.6g)
スポンサー様

暑い日は毎日食べたい、ひんやり冷たい冷ややっこ。

あの舌を滑りぬける秘術は、いったいどこの里で学んだのか。

ただそんな冷ややっこにも、一つだけ弱点が存在する。

それは上に乗せる具材が少ないと、最後まで楽しめない点である。

でも本日のピリ辛海苔ポンの絶品速攻メカブゴーヤなら、もう大丈夫。

冷ややっこ具材のスタメンが入れ替わる、激楽美味しい逸品だ。

2分でわかる簡単動画!


スポンサー様


ピリ辛海苔ポンの絶品速攻メカブゴーヤの美味しい低カロリーレシピ

費用:120円時間:5分糖質:6.6g脂質:7.2g塩分:1.2g
熱量:144kcalたんぱく質:動物 0g  植物 11.1g※上記は1人分/下茹で用未換算
夏のスタメン。ピリ辛海苔ポンの絶品速攻メカブゴーヤ(糖質6.6g)
ではまずは材料2人分)から。

・絹豆腐   1丁
・めかぶ   1パック(味付け済み)
・ゴーヤ   1/2本
・味付け海苔 5枚

元気を出したい、一日の始まり朝ご飯。

つるりと食べたい、蒸し暑いお夕飯。

全タイミングでヤッコが食べたくなる、そんなパーフェクトな完成形を目指していこう。

夏のスタメン。ピリ辛海苔ポンの絶品速攻メカブゴーヤ(糖質6.6g)
そして次に調味料を。

・食べるラー油 小さじ1
・ポン酢    小さじ1
・おろし生姜  小さじ1

もちろん今回は、冷ややっこの完成速度を損なわない極少調味料で。

味付け海苔と味付けメカブの美味しさを、そっとサポートする印象だ。

夏のスタメン。ピリ辛海苔ポンの絶品速攻メカブゴーヤ(糖質6.6g)
では早速、本日の主役をズバッとした処理しよう。

こちらは両端をカットしたゴーヤ1/2本に、麺棒をブスリと突き刺して。

すると未来を綺麗に見通せる、くりぬきゴーヤの完成である。

ナルト好きのお子様なら、お風呂ですいとんの術に活用するだろう、このくりぬきゴーヤ。

呼吸のたびにゴーヤの苦みが口に広がり、ギャン泣き不可避ではないだろうか。

夏のスタメン。ピリ辛海苔ポンの絶品速攻メカブゴーヤ(糖質6.6g)
そしてくりぬき後はスライサーで薄くカットして、覆うほどの水に浸していただきたい。

こちらを水の中で少し揉み揉みし、苦み成分をぎゅっと排出。

そして水がガチャ〇ンのような緑色に変化したら、そのままラップなしの600Wで2分30秒レンチンしていただけるだろうか。

夏のスタメン。ピリ辛海苔ポンの絶品速攻メカブゴーヤ(糖質6.6g)
さらにレンチン後は、冷水で洗ってギュッと脱水。

これにてメカブや納豆と大変良く合う、スライスゴーヤの完成だ。

あんなに巨大だったゴーヤが、一気に食べやすく&少量に。

ただそれでいて食感を損なわない、毎夏再会が楽しみな調理法だ。

夏のスタメン。ピリ辛海苔ポンの絶品速攻メカブゴーヤ(糖質6.6g)
そして味付けは、こちらのスライスゴーヤに以下をしっかり混ぜ合わせよう。

・食べるラー油 小さじ1
・ポン酢    小さじ1
・おろし生姜  小さじ1
・めかぶ    1パック(味付け済み)
・味付け海苔  5枚(手でちぎって)

また海苔の佃煮を使っていただく場合、小さじ1.5杯程度が最適解ではないだろうか。

夏のスタメン。ピリ辛海苔ポンの絶品速攻メカブゴーヤ(糖質6.6g)
そしてこちらを、半分にカットした絹豆腐にたっぷり乗せて。

これで『タレを先に食べ尽くして、豆腐だけ食べることになる問題』も完全解決。

そんな具沢山系男子に進化した、ひんやりヤッコをたっぷりご堪能いただきたい。


スポンサー様

低糖質の美味しさチェック

夏のスタメン。ピリ辛海苔ポンの絶品速攻メカブゴーヤ(糖質6.6g)
今夜のヤッコは、やる気が違う。

いつも食べ慣れた冷や奴に、これほど圧倒されたのは初めてだ。

まるで『力が欲しいか…』と囁きかけるような、強烈な存在感を放つゴーヤソース。

間違いを起こさないメカブの味わいで、いったいどんな進化を遂げたのか…。

では実際は何度も食べたその美味しさを、早速ぱくりと復習しよう。

夏のスタメン。ピリ辛海苔ポンの絶品速攻メカブゴーヤ(糖質6.6g)
まずはこの、ピリ辛海苔ポンゴーヤから。

ただピリ辛と言いながらも、実際は甘みすら感じる食べるラー油の香ばしさ。

そこに海苔とメカブの海鮮出汁がじゅわりと広がり、濃厚な舌触りで押し寄せる。

さらにゴーヤの苦みがフワリと広がり、生姜もピリリと主張しているのだ。

これは旨い。

白米にかけても冷麺にかけても、きっと何かしらの賞を受賞する美味しさだ。

夏のスタメン。ピリ辛海苔ポンの絶品速攻メカブゴーヤ(糖質6.6g)
そしてお楽しみの冷や奴も、たっぷり乗せて再度パクリ。

うんうん、旨さが極めて安定している。

ヤッコの上を流れ落ちる醤油と違い、このタレなら安定的な味の供給が約束されている。

どこを食べても美味しい、どこを掬っても味が濃い。

数十年前に市民権を得た冷ややっこが、遂に主役になれる美味しさである。

実は意外と足が速い、ゴーヤの美味しい使い切り方。

100mを10秒台で走るゴーヤだからこそ、是非お試しいただきたい逸品だった。

いつもご覧いただき、本当に感謝します(*‘∀‘)!
旨ブロレシピ本も是非ご覧ください(*‘∀‘)!
旨ブロ電子書籍
旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様