胃躍る旨さ。鶏がら味噌バターの旨み豚バラ豆腐チゲ(糖質6.4g)

胃躍る旨さ。鶏がら味噌バターの旨み豚バラ豆腐チゲ(糖質6.4g)
スポンサー様

まだまだ寒い夜に手をすり合わせる、季節の変わり目。

そんな時は、心からホッとするお料理がいただきたい。

そしてそれが手作り料理なら、さらに私の胃袋を癒してくれる。

こんな夜こそ、手作りの温もりが必要かも。

本日ご紹介する、鶏がら味噌バターの旨み豚バラ豆腐チゲ

単刀直入に言えば、すごく旨い逸品だ。

2分でわかる簡単動画!


スポンサー様


鶏がら味噌バターの旨み豚バラ豆腐チゲの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:10分糖質:6.6g脂質:29.7g塩分:2.1g
熱量:377kcalたんぱく質:動物 7.3g  植物 8.9g※上記は1人分/下茹で用未換算
豚バラ豆腐チゲ 2017-03-09 18 12 40
ではまずは、材料2人分)から。

・豚バラ肉  100g
・絹豆腐   1丁
・小葱    1/6袋分

今回は奮発して楽しみたい、豚バラ肉の本気の美味しさ。

これがバターと合わされば、煮込み豆腐も悶絶クラスの美味しさになるだろう。

image
そして次に調味料だ。

・塩      軽く4ふり
・有塩バター  15g
・味噌     小さじ2
・料理酒    小さじ2
・すりごま   小さじ2
・辣油     3プッシュ(お好みで)
・おろし大蒜  小さじ1
・鶏ガラスープの素 小さじ1

鶏ガラ味噌バター

この魅惑的なネーミングに出会った時、私はきっとチゲ風にしようと心に決めていた。

しかしたった辣油三プッシュで表現する私を、豚神様はお許しいただけるだろうか。

豚バラ豆腐チゲ 2017-03-09 18 13 07 (1)
ではまず、絹豆腐を1㎝程度のサイコロ状にカットしよう。

スッと包丁を入れるだけで崩れる、繊細な絹豆腐

まるでAAAのチケットに落選した私のメンタルを、そっと和らげてくれる切り心地。

昨晩空腹に任せて、食べてしまわなくて本当に良かった。

豚バラ豆腐チゲ 2017-03-09 18 13 16
そして次に、豚バラ肉を4cmのサイズにカットしておこう。

こちらは100g158円という、ハイスペックな動物性たんぱく質。

その値段に恥じぬよう、素晴らしき美味しさに育て上げる所存である。

豚バラ豆腐チゲ 2017-03-09 18 13 25
さぁ、下準備はこれにて終了だ。

では早速お鍋にバターを15g溶かし、大蒜チューブ小さじ1を加えよう。

このバター大蒜の香りを中火で30秒楽しんだら、胃袋のそわそわも止まらない。

何かの罠に使えないだろうか。

豚バラ豆腐チゲ 2017-03-09 18 13 34
そしてそこに豚バラ肉を加え、塩を軽く4ふり。

そしてこちらを約1分間じゃかじゃか炒めると、いい感じの肌色に変化する。

大学時代はこれを白米に乗せ、毎食3合飯を食べ尽くしていた。

5キロの白米が一週間で無くなる、そんな狂った世界で生きていたのだ。

豚バラ豆腐チゲ 2017-03-09 18 13 53
そしてここに水を300㏄投入し、沸騰後中火で約2分煮詰めていただきたい。

途中アクも出てくるので、こちらをしっかりお玉で掬い取っていただけるだろうか。

アクバイバイお願いね!とお子様に頼めば、きっと世の中の悪を掬えるお子様になるだろう。

豚バラ豆腐チゲ 2017-03-09 18 14 01
さらに煮込みが完了したら次に、以下の調味料を加えよう。

・味噌    小さじ2
・料理酒   小さじ2
・鶏ガラスープの素 小さじ1

味噌鶏ガラの香りが立ち、既に胃袋がフライングで動き始めた。

そんなワガママなストマックには、味付け海苔でも差し上げようかな。

豚バラ豆腐チゲ 2017-03-09 18 14 09
そしてしっかりと調味料が溶けたら、ここで絹豆腐を投入して欲しい。

実は調味料と同時に入れると、調味料を溶かす過程でボロボロになってしまう。

過去に何度もその失敗を繰り返し、泣きながらレンゲで掬った記憶がある。

…泣いたというのは、ちょっとした嘘である。

豚バラ豆腐チゲ 2017-03-09 18 14 18
そしてこちらを中火で5分煮込んだら、最後に以下を投入しよう。

・みじん切りこねぎ 1/6袋分
・すりごま     小さじ2

最後はこちらを軽く30秒ほど煮立てたら、準備はOKだ。

胃躍る旨さ。鶏がら味噌バターの旨み豚バラ豆腐チゲ(糖質6.4g)
これをガサッとお皿に移し、いざ完成だ。

さらにお好みでラー油を3プッシュし、ピリ辛感を追加しよう。

豚バラとバターの本気を、ここぞとばかりにお楽しみいただきたい。


スポンサー様


低糖質の美味しさチェック

胃躍る旨さ。鶏がら味噌バターの旨み豚バラ豆腐チゲ(糖質6.4g)
溢れる豚バラエキスに、味噌バターの香り。

そこに鶏ガラも加わり、まるでテラスハウスのような賑やかさだ。

これは色々な思念が交錯しそうなビジュアルである。

複雑な恋愛関係に発展する前に、いざいただこう。

胃躍る旨さ。鶏がら味噌バターの旨み豚バラ豆腐チゲ(糖質6.4g)
ここは健康優良男児として、まず最初に豚バラ肉からいっちゃおう。

あぁ、美味しい…。

豚特有の柔らかな脂甘い旨みは、流石の一言。

味噌バターの甘じょっぱさも加わり、かなり上級の美味しさだ。

味の沁みた絹豆腐も絶品、とても嬉しい。

胃躍る旨さ。鶏がら味噌バターの旨み豚バラ豆腐チゲ(糖質6.4g)
さらにホロホロな絹豆腐に、スープを絡めて飲み干す。

小葱のしゃきしゃき感に、胡麻とニンニクの本気の香ばしさ

ポカリスエット代わりにがぶがぶ飲める、そんな不健康な妄想を抱いていしまう。

温かさと共に、指先まで満腹感が訪れる。

あぁ、最高に美味しかった。

また寒くなった日には、必ず作りたい超ほっこりご飯だった。

いつもご覧いただき、本当に感謝します(*‘∀‘)!
旨ブロレシピ本も是非ご覧ください(*‘∀‘)!
旨ブロ電子書籍
旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様