脳がしびれる。拉麺風みぞれオイスターの絹豆腐味噌雑炊(糖質9.3g)

芯まで温まる。拉麺風みぞれオイスターの絹豆腐味噌雑炊。(糖質9.3g)

殴りかかるように襲ってくる、ラーメンへの欲求。

あの中毒性は、店主こだわりのスープによるところが大きい。

一度脳内で再生したら、逃げ出せない。

抗う事ができない名店の旨みを、今宵ローカボで再現しよう。

本日ご紹介する、拉麺風みぞれオイスターの絹豆腐味噌雑炊

圧倒的なボリュームと、染み渡る旨みがチャームポイントの逸品だ。

拉麺風みぞれオイスターの絹豆腐味噌雑炊の美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:45分糖質:9.3gたんぱく質:動物 6.2g  植物 7.8g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
写真 2017-02-13 18 31 32
まずは材料2人分)だ。

・絹豆腐  1/2丁
・たまご  2個
・白菜   1/16個
・干し椎茸 2個

身近な調味料で、どこまで名店の美味しさに近づけるか。

寒空の中ラーメンを食べに行けない自分を慰めながら、全力で簡単に仕上げていこう。

写真 2017-02-13 18 31 46
次に調味料だ。

・料理酒  小さじ2
・片栗粉  小さじ1
・すりごま 大さじ1
・醤油   小さじ2
・味噌   大さじ1.5
・辣油   4プッシュ(お好みで)
・生姜/大蒜チューブ 各小さじ1
・オイスターソース  小さじ2

干しシイタケの旨みをベースとした、ご自宅調味料陣営

ウェイパーも裸足で逃げ出す、納得の旨みに向けていざ出陣だ。

写真 2017-02-13 18 32 00
まずは干し椎茸2個に、200㏄のお湯をかけていこう。

水から戻しても良いのだが、どうやら胃袋が時短を求めているようだ。

約20分ほど放置しながら、他の行程を進めていこうではないか。

写真 2017-02-13 18 32 17
そして次に、白菜できるだけ細かくみじん切りにしよう。

この粒々感が、思わぬ素敵なのど越しを生み出してくれる。

前々から白菜には、粒々ヒーローとしての素質があると思っていたのだ。

写真 2017-02-13 18 32 48
そして椎茸の戻し作業が完了したら、こちらも細かくみじん切りに。

だし汁はもちろんそのままで、しっかり旨みを徴収しよう。

椎茸のだし汁は、それだけで素晴らしく美味しいのだ。

写真 2017-02-13 18 33 08
では早速、戦場をお鍋に移していこう。

まず以下の材料をすべて投入し、中火で20分コトコト煮込んでいただきたい。

・絹豆腐  1/2丁
・白菜   1/16個
・干し椎茸 2個
・料理酒  小さじ2
・すりごま 大さじ1
・醤油   小さじ2
・味噌   大さじ1.5
・生姜/大蒜チューブ 各小さじ1
・オイスターソース  小さじ2

絹豆腐に関しては、スプーンなどでお好きなサイズを掬い入れていただきたい。

写真 2017-02-13 18 33 41
だんだん豆腐が浮上して、名店のスープ感が漂ってくる。

先週潰れてしまった近所のラーメン屋さんより、すでに美味しいかもしれない。

写真 2017-02-13 18 34 08
その時、たまにアクも綺麗に掬い取ってあげて欲しい。

ラーメン屋さんの美味しさも、お店の方の丁寧な行程によるものなのだ。

次回ラーメン屋さんに行ったら、アク取りお疲れさまです!とピンポイントで激励しておこう。

写真 2017-02-13 18 34 20
そして最後に火を止めて、溶き卵を2個投入。

ぐるりぐるりとゆっくりかき混ぜ、ベストなかき玉を作り上げよう。

写真 2017-02-13 18 34 28
そして最後に、水に溶いた片栗粉小さじ1をぐるっと回しかけよう。

これにてトロミも完成し、濃厚感がさらに引き上げられた。

ゴールも目前、あとは明日の分の配分を考えてお皿に移すだけだ。

写真 2017-02-13 18 34 43
そして最後にお好みでラー油をかけたら、さぁ完成だ。

冬の夜に内部から温めてくれる、冬の恋人をお召し上がりいただきたい。

低糖質の美味しさチェック

写真 2017-02-13 18 34 52
具材も豊富で、まるで本格中華スープの様相を呈している。

酸辣湯のビジュアルを持ちつつ、鼻孔をくすぐるのは味噌ベースの甘み

絹豆腐もプリプリに仕上がり、白菜もエキスを帯びまくっている。

では早速、お試し申し上げたい。

写真 2017-02-13 18 35 09
卵のトロみと、粒白菜のしゃきしゃき感。

オイスターと味噌の甘みで調和を取った、椎茸エキスの混じる味。

これはかなり美味しい

まるで〆の雑炊を食べているかのような、圧倒的な満足感だ。

写真 2017-02-13 18 35 21
そしてまたしても、同じような写真を撮ってしまった。

これはラー油のピリ辛感を伝える、エキスプールのご紹介写真だ。

あぁ、様々なエキスが入り混じっている。

このスープを朝ご飯で食べれば、疲れた胃袋もマッハで復活するだろう。

元気が出る、野菜たっぷり濃厚スープ

ぜひ皆様にもお試しいただきたい、美味しい逸品だった。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク