奪われる逸品。貝割れ海老ナスのガーリックマリネ(糖質6.3g)

奪われる逸品。貝割れ海老ナスのガーリックマリネ(糖質6.3g)

海鮮マリネに広がる、酸味のある甘み。

その海鮮マリネと最高に相性の良い、沁み野菜の王様ナス。

この二つをニンニクベースで絡めたら…。

昨日のお昼頃から、そんな妄想が止まらないのだ。

本日ご紹介する、貝割れ海老ナスのガーリックマリネ

旨さを引き出すニンニクが、全体を掌握する逸品だ。


スポンサー様

貝割れ海老ナスのガーリックマリネの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:10分糖質:6.3gたんぱく質:動物 4.5g  植物 2.1g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
写真 2017-03-10 18 27 49
まずは材料2人分)だ。

・むき海老 50g
・ナス   中2本
・カイワレ大根 1パック

ご近所の方に沢山いただいた、小ぶりで美味しそうなナス。

今日はこのいただいたナスを、あげた人が喜ぶくらいのシャスデリに仕上げたいのだ。

写真 2017-03-10 18 28 05
では次に調味料だ。

・塩/黒胡椒   各軽く5ふり
・料理酒    大さじ1
・醤油     大さじ1
・お酢     大さじ1.5
・大蒜チューブ 小さじ1.5
・生姜チューブ 小さじ0.5
・オリーブオイル 大さじ5

なんともシンプルな、このマリネテイスト。

ポイントはもちろん、外出を躊躇するほどのニンニクの量である。

写真 2017-03-10 18 28 24
では今回の主役、茄子にご登場いただこう。

写真のナスは小ぶりのため、計4本使って豪奢な量に仕上げたい。

残り20本もある彼らが新鮮なうちに、美味しく調理して差し上げよう。

写真 2017-03-10 18 28 39
そしてナスの周囲をピーラーでストライプ上に剥き、約1cm幅にカットしよう。

これを水に浸してアクを取るわけだが、既に躊躇するほどのボリュームになってしまった。

炒めればシナシナになると信じる心を忘れずに、約5分ほど放置していただけるだろうか。

写真 2017-03-10 18 28 49
そして次に、むき海老を縦にカットしよう。

今回は既に茹でてあるタイプを使用し、一気にカタを着ける作戦だ。

しかし私、無類のむき海老好き。

業務用むき海老を購入したら、恐らく1週間はむき海老を中心とした生活を送ってしまうだろう。

写真 2017-03-10 18 28 58
そして次に、カイワレ大根を細かくみじん切りにしておこう。

辛みが苦手な方は、少し水にさらして。

このしゃきしゃき感と辛みが、いい感じに玉ねぎの代打として打席に立ってくれるのだ。

写真 2017-03-10 18 29 20
では早速、調理行程に入らせていただきたい。

まずはお鍋にオリーブオイルを大さじ3、結構大胆に投入していこう。

全力でマリネる本日は、オリーブオイルの量にも躊躇しないのだ。

写真 2017-03-10 18 29 36
ではここにナスを投入し、中火で5分ほど炒めていこう。

少し炒めづらいが、ここは根気よくナスと向き合っていただきたい。

時々鍋をガサゴソ揺らしてあげれば、次第にしんなり感が飛び出してくるだろう。

写真 2017-03-10 18 29 46
そして5分炒めた段階で、以下を投入して追加で1分加熱。

・塩/黒胡椒   各軽く5ふり
・料理酒    大さじ1
・オリーブオイル 大さじ2

裏で休んでいたオリーブオイルが、またしても駆り出される異常な事態。

料理酒と共に炒めれば、てっかてかのニッコニコに仕上がるだろう。

写真 2017-03-10 18 30 29
そしてこれを、残りの食材と調味料に組み合わせよう。

・むき海老   50g
・カイワレ大根 1パック
・塩/黒胡椒   各軽く5ふり
・醤油     大さじ1
・お酢     大さじ1.5
・大蒜チューブ 小さじ1.5
・生姜チューブ 小さじ0.5

先ほどまで屈強なナス炒めだったが、ここでやっとマリネ感が飛び出してくる。

安心感と共に、わんさかかき混ぜていただきたい。

写真 2017-03-10 18 30 40
そしてこの表面にラップをかけ、冷蔵庫でしばらく冷やしていただきたい。

ナスに味が移行し、そりゃもうナス好きには応えられないテイストに早変わりだ。

写真 2017-03-10 18 37 21
そしてこれをタップリお皿に移して、いざ完成だ。

しっとり染み渡る美味しさを、お箸と共に召し上がっていただきたい。


スポンサー様

低糖質の美味しさチェック

写真 2017-03-10 18 30 54
海老とナス、そしてカイワレの緑のコントラスト。

まるでデパ地下惣菜のような、なかなか良い感じのビジュアライゼーション。

やはりお野菜と海鮮は、見た目にも美しい。

触発された香りと共に、いざいただこう。

写真 2017-03-10 18 31 03
しっとりとお酢と大蒜生姜が交わり、茄子がトロトロ。

攻撃的な大蒜の風味に、カイワレのしゃきしゃき感が参戦する。

むき海老のプリッと感も参入して、もうやりたい放題な美味しさだ。

写真 2017-03-10 18 31 25
気づけば残りもわずか、凄まじいお箸の加速度だ。

まさにこれは、神隠しマリネの名前がふさわしい。

実際に隠しているのは自分自身だが、それほどまでこのマリネはパクパク行ってしまう。

あぁ、最高の野菜感だ。

いくらでも頬張り続けられる、強引で強気なお野菜レシピだった。


いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
奪われる逸品。貝割れ海老ナスのガーリックマリネ(糖質6.3g)

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)

こちらの記事もいかがですか?