鶏胸暴走。柔らか春菊チキンの豆乳ガーリックバルサミコ(糖質3.9g)

鶏胸暴走。柔らかチキン春菊の豆乳ガーリックバルサミコ(糖質3.9g)

皆様にも、何か好き嫌いがあるだろうか。

そしてその食材は、今もなお皆様の行く手を阻んでいるだろうか。

本日積極的に使用させていただいた、春菊・豆乳

もしこのお二方を苦手なら、どうぞお立ち寄りいただきたい。

本日ご紹介する、チキン春菊の豆乳ガーリックバルサミコ

苦手を好物に変える、お料理の幅が拡張される逸品だ。

スポンサー様


チキン春菊の豆乳ガーリックバルサミコの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:10分糖質:3.9g脂質:10.0g塩分:2.1g
熱量:269kcalたんぱく質:動物 36.5g  植物 1.3g※上記は1人分/下茹で調味料未換算
柔らかチキン春菊の豆乳ガーリックバルサミコ(糖質3.9g)
まずは材料2人分)だ。

・鶏むね肉 300g(皮なし)
・春菊   1/2袋
・豆乳   100ml

今回のメイン食材は、好き嫌いの別れる春菊と豆乳

少し癖のある彼らは、苦手な方も多いはず。

しかしこの世界でも、最初は苦手な相手を大好きになるものなのだ。

柔らかチキン春菊の豆乳ガーリックバルサミコ(糖質3.9g)
次に調味料だ。

・塩/黒胡椒    各軽く6ふり
・コンソメ顆粒  小さじ0.5
・料理酒     小さじ2
・大蒜チューブ  小さじ1
・お酢      小さじ2
・オリーブオイル 大さじ1
・ウスターソース 小さじ2

私がひそかに思いを寄せる、ガーリックバルサミコ

柔道部の前に仕掛けておけば、翌朝には大量の腹ペコボーイが引っかかっているだろう。

柔らかチキン春菊の豆乳ガーリックバルサミコ(糖質3.9g)
ではまずはいきなり春菊を洗って、シリコンスチーマーに閉じ込めよう。

そして600Wで90秒レンチンすれば、ベースとなる茹で春菊の完成だ。

出会いがしらのぶちかましに、春菊も思わず言葉を失っているようだ。

柔らかチキン春菊の豆乳ガーリックバルサミコ(糖質3.9g)
そしてこれを、細かくみじん切りにしていこう。

細かさはお好みだが、ペースト状にするも良し粒感を残すも良し。

ワイルド路線の芸風の方であれば、3等分でも結構である。

柔らかチキン春菊の豆乳ガーリックバルサミコ(糖質3.9g)
そして次に以下をまぶした鶏むね350gも、同じようにシリコンスチーマーで4分間

・塩/黒胡椒   各軽く6ふり
・料理酒    小さじ2

茹でることによるエキス脱獄を防ぐため、徹底してシリコンスチーマーを活用していこう。

柔らかチキン春菊の豆乳ガーリックバルサミコ(糖質3.9g)
そしてこれを、約1㎝角のサイコロ状にカットしよう。

またこの際、同時に皮を外していただけるだろうか。

まだほんのり生の部分があるが、第二弾の茹で作業で完成形となる。

この段階ではご家族様のつまみ食いを、完璧にスクリーンアウトしていただきたい。

柔らかチキン春菊の豆乳ガーリックバルサミコ(糖質3.9g)
では次に以下を同時に投入して、中火で約1分間炒めよう。

・春菊     1/2袋
・大蒜チューブ 小さじ1
・オリーブオイル 大さじ1

この間も、ご家族のチキンつまみ食いの恐怖は去っていない。

何卒、お気を抜かれぬよう…。

柔らかチキン春菊の豆乳ガーリックバルサミコ(糖質3.9g)
さらにここに豆乳100mlを投入し、中火で約2分間煮詰めていこう。

春菊の緑色が投入にうつり、スタバの春の新商品の色あいだ。

新入生の皆様は、これをタンブラーに入れてキャンパスに持参するのもありかもしれない。

ただし、確実に野菜系のあだ名をつけられるので注意が必要だ。

柔らかチキン春菊の豆乳ガーリックバルサミコ(糖質3.9g)
そして最後は鶏むね肉と共に、以下を投入しよう。

・コンソメ顆粒 小さじ0.5
・お酢     小さじ2
・ウスターソース 小さじ2

これを中火で30秒加熱し、じっくり中まで火を通せばOKである。

柔らかチキン春菊の豆乳ガーリックバルサミコ(糖質3.9g)
タップリお皿に移し、つまみ食いバリケードを取り外せば完成だ。

春の陽気漂うにこやかな食卓で、緑の一皿をお楽しみいただきたい。


スポンサー様


低糖質の美味しさチェック

柔らかチキン春菊の豆乳ガーリックバルサミコ(糖質3.9g)
まるで煮込みシチューのような、沁み渡ったチキン達。

旨みを閉じ込めるとともに、春菊のほのかな苦みを受け取っている。

一口大の鶏むね肉達が、タカアンドトシのタカの如く主張する。

旨いのは、俺だ俺だ俺だぁ!!

柔らかチキン春菊の豆乳ガーリックバルサミコ(糖質3.9g)
恥ずかしそうに端っこに横たわる鶏むね肉を、いざ一口。

煮込み作業で甘みを取り戻した豆乳に、春菊のほろ苦さが絡む。

バルサミコとかしたウスターソースとお酢が、じんわり口に広がる。

自然な甘みとチキンの柔らかさが、凄く美味しい。

柔らかチキン春菊の豆乳ガーリックバルサミコ(糖質3.9g)
フランス料理のような、このクリーム状の豆乳ソース。

チキンにまぶしながら食べるだけで、その旨さをしっかりと引き上げている。

柔らかくホッとする食べ応えに、お箸の暴走が止まらない。

疲れた時にゆっくり一口づつ食べたい、そんな一皿。

あぁ鶏肉よ、いつもホッとできる美味しさを有難う。

いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
鶏胸暴走。柔らかチキン春菊の豆乳ガーリックバルサミコ(糖質3.9g)

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)

こちらの記事もいかがですか?