今宵は鶏三昧。豆乳味噌白湯の激盛りふんわり鶏つみれ汁(糖質8.1g)

今宵は鶏三昧。豆乳味噌白湯の激盛りふんわり鶏つみれ汁(糖質8.1g)
YOUTUBEレシピ動画

白湯スープの鶏エキスに、鶏団子の食べ応え。

今日の私は、その両方食べたいワガママな胃袋事情。

ホッとする旨味を感じつつ、もう食べられまへんと満腹に浸る。

そんなダブルテクを達成するには、こちらの逸品が最高だ。

エキス沁みだす、豆乳味噌白湯の激盛りふんわり鶏つみれ汁

ゴクリと飲み干しつつパクリと食べる、食べ応え大満足な逸品だ。

スポンサー様


豆乳味噌白湯の激盛りふんわり鶏つみれ汁の美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:25分糖質:8.1g脂質:8.4g塩分:1.8g
熱量:276kcalたんぱく質:動物 36.4g  植物 2.0g※上記は1人分/下茹で用未換算
豆乳味噌白湯の激盛りふんわり鶏つみれ汁
ではまずは材料2人分)から。

・鶏むね肉 300g
・鶏皮   20g
・えのき  100g
・長ネギ  1/3本

本日の白湯スープは、ずばりチキンの底力を引き出すことが重要だ。

そのため鶏皮を使用するのだが、鶏皮つきのむね肉なら完璧である。

豆乳味噌白湯の激盛りふんわり鶏つみれ汁
そして次に調味料を。

・味噌       小さじ1.5
・塩麴       大さじ1
・料理酒      大さじ1
・無調整豆乳    100ml
・鶏ガラスープの素 小さじ1

本日の味付けは、鶏の旨味を際立だせる少し薄味仕上げ

鶏がらスープを入れすぎるとえぐくなるため、ギリギリのチキンラインを攻め込んでいこう。

豆乳味噌白湯の激盛りふんわり鶏つみれ汁
では早速、食材の下処理から開始させていただきたい。

まずは鶏むね肉の皮をはぎ取り、さらに20g程を細かく刻んでいただけるだろうか。

本日は美味しい白湯スープとしても活躍する、プルプル王者☆鶏皮。

鶏皮20gください!』とはちょっと言いづらいため、鶏むね肉に標準装備された鶏皮をご使用になられると良いだろう。

豆乳味噌白湯の激盛りふんわり鶏つみれ汁
そしてそちらの鶏皮を、以下と共に中弱火で15分間煮込んでいただこう。

・料理酒  大さじ1
・水    200ml

鶏皮の旨味がスープに溶けだし、白湯ゲージが貯まってゆく。

そしてこの間に他食材の下処理を行えば、超効率的☆自炊シストの称号は貴殿の物だ。

豆乳味噌白湯の激盛りふんわり鶏つみれ汁
ではそんな耳慣れない称号を手に入れたところで、ここで他の食材の下処理も開始しよう。

では鶏むね肉300gとえのき100gを、細かくミンチ状に。

フードプロセッサーやぶんぶんチョッパーを右手に、荒ぶる鬼神の様にミンチっていただけるだろうか。

暫くご無沙汰だった、こちらのエノキチキン。

先日枕元に立ったエノキが、ちょっと寂しそうな表情だったのだ。

豆乳味噌白湯の激盛りふんわり鶏つみれ汁
そしてこちらを、以下の調味料としっかり混ぜ込もう。

さらに10分程放置していただければ、鶏皮白湯の煮込み時間ともナイスタイミングだ。

・味噌       小さじ0.5
・塩麴       大さじ1
・鶏ガラスープの素 小さじ1

かさましレベルも半端ない、こちらの柔らか味噌チキン団子。

夏が終わり冬の訪れを待ち望む、お鍋シーズンに無双乱舞する逸品である。

豆乳味噌白湯の激盛りふんわり鶏つみれ汁
さらにここで、長ネギ1/3本分も小口切りにしていただけるだろうか。

もし長ネギがなければ、小葱1/3束でも美味しくOK。

このネギの香りは、淡白な白湯スープと大変仲良しだ。

豆乳味噌白湯の激盛りふんわり鶏つみれ汁
ではここからは、お鍋での調理に移行しよう。

ではまず完成した鶏皮の湯に、以下の調味料を加えていただきたい。

そしてここからは火力を弱火に変更し、鶏肉の柔らかさを追求していこう。

・無調整豆乳 100ml
・水     100ml

豆乳味噌白湯の激盛りふんわり鶏つみれ汁
そしてこちらに、先程のチキンタネを丸めてぽいぽい。

サイズは妖精がドッチボールできるくらいの、ちょっと小さめのポンポン玉程度が最適だ。

先程までスープ料理だったが、一気に鶏団子鍋といった雰囲気になってしまった。

豆乳味噌白湯の激盛りふんわり鶏つみれ汁
そしてこちらの茹で時間は、蓋をして弱火で6分間

時々鶏団子を転がしながら、じっくり煮込んでいただけるだろうか。

ただあまり火力を強くし過ぎると、豆乳の表面が固まってしまう。

その場合はもう一度溶かせばOKだが、鶏団子も柔らかめに仕上げたいのだ。

豆乳味噌白湯の激盛りふんわり鶏つみれ汁
さらに最後は以下を加え、再度弱火で2分間煮詰めていただきたい。

・カットした長ネギ 1/3本分
・味噌       小さじ1
・鶏ガラスープの素 小さじ0.5

少し味は薄めだが、煮詰める工程で良い感じに仕上がるだろう。

豆乳味噌白湯の激盛りふんわり鶏つみれ汁
そして遂にお目にかかる、エキス溢れる豆乳味噌白湯

チキンのエキスを全て活用し、体に補充する本日のレシピ。

高尾山に駆け足で登ろう!と誘ってくれる、体育系の知人にお贈りしたい逸品だ。


スポンサー様


低糖質の美味しさチェック

豆乳味噌白湯の激盛りふんわり鶏つみれ汁
ふつくしい…。

やはりお料理も冬景色もタンチョウ鶴も、白いものほど美しい。

まるでのど越しが目視できるほど、エキス溢れる味噌白湯スープ。

では早速、ズズズと一口頂戴しよう。

豆乳味噌白湯の激盛りふんわり鶏つみれ汁
まずは空腹に耐えかねて、鶏団子をぱっかり。

そしてスープに浸して食べると、あぁ凄く美味しい

優しい豆乳白湯の甘みとエキスが、味噌の塩気と良く絡む。

チキンがダブルで押し寄せる、のど越しと歯ごたえで満足できる味わいだ。

豆乳味噌白湯の激盛りふんわり鶏つみれ汁
さらに鶏皮から頂戴した、絶妙な鶏脂

まるでラーメンの後入れ油のように、スープのコクをぎゅっと凝縮してくれる。

甘さと濃厚さを併せ持ち、審判がいたら試合を止める反則っぷりである。

あぁ、鶏団子スープってなんて最高なのだろう。

冬の食卓が目に浮かぶ、クーラーとも相性抜群。

日夜炭鉱で働く頑張り屋さんのパズーに、そっとお裾分けしたい逸品だった。

ご覧いただき、本当に感謝します(*‘∀‘)
簡単』を追求したレシピ動画も是非!
YOUTUBEレシピ動画
旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様