簡単お店味。とろふわ3分のトマたま生姜味噌オイスター炒め(糖質5.3g)

簡単お店味。とろふわ3分のトマたま生姜味噌オイスター炒め(糖質5.3g)
無料メールマガジン

以前作らせていただいた、トマト&卵の朝食レシピ。

しかし本日は、あの味わいを簡単に超えられる気がする。

何故ならトマトに大変にマッチする、味噌オイスターの組み合わせを使うから。

さらに3分で完成するとなれば、過去の味わいをK点越えするに違いない。

それが本日の、とろふわ3分のトマたま生姜味噌オイスター炒め

どちら様でも簡単に作れる、トマトと卵が最高にマッチする逸品だ。

スポンサー様


とろふわ3分のトマたま生姜味噌オイスター炒めの美味しい糖質オフレシピ

費用:100円時間:3分糖質:5.3g脂質:19.0g塩分:0.9g
熱量:259kcalたんぱく質:動物 12.2g  植物 0.9g※上記は1人分/下茹で用未換算
とろふわ3分のトマたま生姜味噌オイスター炒め
ではまずは材料2人分)から。

・卵   3個
・生姜  大1/12片
・トマト 1個

非常に簡単にご用意いただける、本日の食材達。

ちなみに猛烈に関係ないが…。

もし私が女の子だった場合、両親はトマトと名付けるつもりだったらしい。

とろふわ3分のトマたま生姜味噌オイスター炒め
そして次に調味料を。

・味噌      小さじ1
・粉チーズ    小さじ2
・オリーブオイル 大さじ1
・マヨネーズ   小さじ2
・オイスターソース 小さじ0.7

さらに味付けは、トマト炒めの酸味とマッチする甘め系に。

味噌オイスターは鉄板ながら、幾度となくお世話になっている組み合わせだ。

とろふわ3分のトマたま生姜味噌オイスター炒め
では早速、本日の食材の下処理から開始である。

まずはトマトを半分にパッカリ割り、ヘタの部分をサクッとカット。

そちらを写真のように半分を各4等分し、計8個の串切りトマトを完成させよう。

さらに生姜を小さじ2杯分ほどすりおろし、野菜の下処理は完了だ。

とろふわ3分のトマたま生姜味噌オイスター炒め
さらにお次は、ボールに以下を混ぜ入れよう。

・卵      3個
・味噌     小さじ1
・粉チーズ   小さじ2
・マヨネーズ  小さじ2
・オイスターソース 小さじ0.7

こちらはあまり混ぜすぎず、軽くシャカシャカくらいが丁度良い。

白身と黄味が蕩け合う、地元で人気の中華料理店の作成方法だ。

ちなみにそのお店のレバニラは、別名白米エリミネーターと呼ばれている。

主に私に。

とろふわ3分のトマたま生姜味噌オイスター炒め
そんな想い出の味を脳裏に浮かべ、本日は自宅でも絶品トマト炒めを作ろう。

ではまずはフライパンに以下の調味料を加え、中火で20秒ほど加熱していただきたい。

・すりおろし生姜 小さじ2
・オリーブオイル 大さじ1

胃袋を刺激する加熱生姜は、男性の胃袋を完全に掌握する。

何事も第一印象が大切だというが、第一香りというのも重要ではないだろうか。

とろふわ3分のトマたま生姜味噌オイスター炒め
そして加熱後は、トマトを加えながら強火で90秒

こちらも表面に焦げ目を入れるように、転がしながら炒めていこう。

一気にトマトから酸味と甘みが溢れ出し、中華の美味しさに変化する。

ミスター味っ子のような劇画調になるのも、時間の問題だ。

とろふわ3分のトマたま生姜味噌オイスター炒め
さらにここで、さりげなく中火に温度変化

そして先ほどの溶き卵を一気に加え、ここからは触らず少し放置していただきたい。

とろふわ3分のトマたま生姜味噌オイスター炒め
そして投入後のかき混ぜるタイミングは、15秒ごとにヘラでざっくり

混ぜるというよりも、下からひっくり返していただく要領である。

そして完成までは、平均4~5ひっくり

お好みのトロトロ加減になるまで、ジュワリと火を通していただけるだろうか。

簡単お店味。とろふわ3分のトマたま生姜味噌オイスター炒め(糖質5.3g)
そして最後はお好みで乾燥バジルを振り、レンゲをセットしたらいざ完成だ。

トロトロたまごとトマトが織りなす、本日の簡単三分クッキング。

実際は卵を買い忘れてスーパーに走った、計20分の力作である。


スポンサー様


低糖質の美味しさチェック

簡単お店味。とろふわ3分のトマたま生姜味噌オイスター炒め(糖質5.3g)
THE・IIKANJIである。

全てにおいてトロトロ、間違いのない食感ではないだろうか。

お鍋もシチューもオムライスも、みんなトロトロになっちゃえばいい。

そんな気持ちに駆られるビジュアルに、空腹具合も最高潮だ。

では早速、一口ぱくりと頂戴しよう。

簡単お店味。とろふわ3分のトマたま生姜味噌オイスター炒め(糖質5.3g)
甘みと酸味が混じり合う、素敵な一口。

レンゲで掬って食べるトロトロ卵は、なぜこれほど美味しいのだろう。

味噌とオイスターの塩気と甘み、粉チーズマヨのふんわり卵。

あぁ、体の中から元気が出る

今年の鶏へのお中元は、丸大ハムで決定だ。

簡単お店味。とろふわ3分のトマたま生姜味噌オイスター炒め(糖質5.3g)
さらに加熱されたトマトが、これまた甘い。

じゅわりと果肉が飛び出し、程よい酸味が酸辣湯のようである。

そしてそこに卵の甘みが、行かせませーん(*‘∀‘)!的に行く手を阻む。

あぁ、これはすごく旨い。

卵とトマト、低価格でダイエットにも最適なベストコンビだ。

生姜の香りもふわりと広がる、調理も大変楽しい逸品だった。

いつもご覧いただき、本当にありがとう御座います!
Twitterフォローもお待ちしております(*‘∀‘)

スポンサー様
スポンサー様