体も大歓喜。ささみたまごの絶品おろし豆板醤ナムル(糖質6.1g)

体も大歓喜。ささみたまごの絶品おろし豆板醤ナムル(糖質6.1g)

ハイボリュームで柔らかく、モリモリ食べても飽きない味。

ごはん並みに柔らかい味で、健康的で簡単に作れる。

この条件を満たしてくれるものは、冷蔵庫に沢山ある。

そんな話題に食い気味に入ってくるのが、やはりあの食材達だった。

本日ご紹介する、おろし豆板醤の絶品タマゴささみナムル

豊かな柔らかさに、絶品ソースが絡み合う素敵な逸品だ。


スポンサー様

おろし豆板醤の絶品タマゴささみナムルの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:7分糖質:6.1g脂質:16.4g塩分:1.6g
熱量:286kcalたんぱく質:動物 22.2g  植物 1.6g※上記データは1人分です。
ささみたまごの絶品おろし豆板醤ナムル(糖質6.1g)
まずは材料2人分)だ。

・ささみ 3本
・たまご 2個
・大根  1/8本

いつの時代もお安い、この3つの食材達。
 
冷凍保存可能!」というキャッチフレーズと共に、ご自宅に高頻度で招かれる食材達である。

ささみたまごの絶品おろし豆板醤ナムル(糖質6.1g)
次に調味料だ。

・塩/黒胡椒 各軽く4ふり
・ぽん酢  大さじ1
・ごま油  小さじ4
・すりごま 小さじ2
・豆板醤  小さじ0.7
・料理酒  大さじ1
・生姜/大蒜チューブ  各小さじ1

今回のナムルは、豆板醤で仄かな辛みも追加しよう。

理由は柔らかなささみとタマゴで、マイルドに比重がかかり過ぎているからだ。

ささみたまごの絶品おろし豆板醤ナムル(糖質6.1g)
では早速、全てをふわりに仕上げる下準備から始めよう。

まずはささみに切り込みを入れ、以下の調味料をまぶしておく。

・塩/黒胡椒 各軽く4ふり
・料理酒  大さじ1

いつものお馴染みの行程と、いつもの恒例のシリコンスチーマーへのセッティング。

手際よく進めれば、10分後にはお食事タイムのスタートである。

ささみたまごの絶品おろし豆板醤ナムル(糖質6.1g)
そしてこれを、600Wで約4分間レンチンしよう。

料理本の付録だったこのシリスチが、ここまで心許せる相棒になるとは思いもよらなかった。

ささみたまごの絶品おろし豆板醤ナムル(糖質6.1g)
そしてこれを冷ましてしっかりほぐし、美味しい鶏エキスに絡めておこう。

こちらもお馴染みの行程だが、大量作成&タッパ保存も素晴らしい。

ただ空腹時には思わず作り過ぎてしまうので、週7ささみ地獄を味わうことも稀にある。

空腹時のコストコ、いとやばしである。

ささみたまごの絶品おろし豆板醤ナムル(糖質6.1g)
そして次に、ふわり卵も完成させよう。

こちらはお鍋にごま油を小さじ1加え、加熱後に溶き卵を投下しよう。

ここからはわずか30秒ほどの行程だが、以下の作り方をご参照頂ければ幸いだ。

わずか30秒。ふんわりスクランブルエッグの美味しい作り方(写真付き)

ささみたまごの絶品おろし豆板醤ナムル(糖質6.1g)
そして完成する、ふわりスクランブル

まるで平成初期のジャンプにありがちな、学園恋愛漫画のタイトルの様である。

ささみたまごの絶品おろし豆板醤ナムル(糖質6.1g)
そして次に、大根も約1/8本すりおろしに。

そして右手を猫手にして、ぎゅっと抑えて水気を切る

これにてめんどくさい系の下処理は、全て全滅である。

ささみたまごの絶品おろし豆板醤ナムル(糖質6.1g)
そしてこれらの具材を、以下の調味料と共に全てパイルダーオン

・ぽん酢  大さじ1
・ごま油  大さじ1
・すりごま 小さじ2
・豆板醤  小さじ0.7
・生姜/大蒜チューブ  各小さじ1

平成生まれの若者達がきょとんとする掛け声と共に、しっかりかき混ぜていただきたい。

ささみたまごの絶品おろし豆板醤ナムル(糖質6.1g)
そしてこれを少し放置したら、いざ完成だ。

白米並みにパクついてしまう、悪魔の食べ応えをお楽しみいただきたい。


スポンサー様

低糖質の美味しさチェック

ささみたまごの絶品おろし豆板醤ナムル(糖質6.1g)
そもそものお話をさせていただきたい。

そもそも、おろしとささみは旨い。

この単純かつ絶対条件を満たした、大量のたまごおろしささみナムル。

全体的に茶色な仕上がりが、美味しさの確信に変わる瞬間だ。

ではいざ、パクリと大口でいただこう。

ささみたまごの絶品おろし豆板醤ナムル(糖質6.1g)
野菜とタマゴが、優しく甘い。

豆板醤とおろしの酵素が、ふわりと辛い

そしてささみとたまごとおろしが、抜群に旨い

もうだめだ。

我が食欲軍は、一気呵成に打ち砕かれてしまった。

ささみたまごの絶品おろし豆板醤ナムル(糖質6.1g)
そして食欲を崩壊させたのは、その味わいだけではない。

この柔らかなビジュアルと、大量に存在するという安心感も手伝っている。

いくら食べても変わらぬ、鉄板の美味しさ

ささみとおろし、そして豆板醤がこれほどまでに美味しいとは。

いやぁ、モリモリ元気が湧いてきた。

いくらでも食べられる美味しさに、感謝したい逸品だった。

いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
体も大歓喜。ささみたまごの絶品おろし豆板醤ナムル(糖質6.1g)

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)

こちらの記事もいかがですか?