爆盛にっこり。白だし胡麻ペッパーの明石風激フワ海老ナゲット(糖質6.0g)

爆盛にっこり。白だし胡麻ペッパーの明石風激フワ海老ナゲット(糖質6.0g)
スポンサー様

生まれて初めて食べた、明石焼きの美味しさ。

雲が自分から突っ込んできたような、命を感じるふわふわ感。

あれはきっと、出汁が美味しいんだ。

フワフワ感をしっかりテイストに変えられる、力強い出汁が。

本日ご紹介する、白だし胡麻ペッパーの明石風激フワ海老ナゲット

これ、フワフワだねぇ!と、食卓の会話もフワフワ弾む逸品だ。

スポンサー様


白だし胡麻ペッパーの明石風激フワ海老ナゲットの美味しい糖質オフレシピ

費用:250円時間:10分糖質:6.0g脂質:14.6g塩分:2.9g
熱量:286kcalたんぱく質:動物 24.2g  植物 6.7g※上記は1人分 調味料の糖質一覧:こちら 食材の糖質一覧:こちら
白だし胡麻ペッパーの明石風激フワ海老ナゲット
ではまずは材料2人分)から。

・海老   10匹
・厚揚げ  100g
・えのき  50g

劇的フワフワに仕上げながらも、かさまし魂は失わないえのき&厚揚げ

最近はこのタッグに、どこかの支店長を任せようかと考えるほど信頼している。

白だし胡麻ペッパーの明石風激フワ海老ナゲット
そして次に調味料を。

・塩/黒胡椒   各軽く6ふり
・白だし    大さじ1.5
・片栗粉    小さじ2
・ごま油    大さじ2+小さじ0.5
・すりごま   小さじ2
・おろし生姜  小さじ1

本日の白だし+黒胡椒+ごま油の、スペシャルタッグ。

明石焼きの出汁を作るのは少しご面倒だが、彼らなら簡単にやってくれるのだ。

さらなる糖質オフを狙うなら!:本当にお勧めな糖質オフ調味料!🥫
旨ブロ愛用のお勧め品!:何度もポチる激お勧めアイテム!🥘

白だし胡麻ペッパーの明石風激フワ海老ナゲット
ではまず最初に、海老10匹の下処理から始めよう。

こちらは殻を剥き包丁で切り込みを入れて、背ワタをひょいっと取り出そう。

さらにフードプロセッサーや包丁を使い、細かくミンチ状にしていただきたい。

1匹20円の特売でカゴに死守した海老達も、本日は爆盛ふんわり系へ再就職だ。

白だし胡麻ペッパーの明石風激フワ海老ナゲット
そして次は、以下をまとめてミンチにしていただきたい。

・厚揚げ  100g(約1/2袋)
・えのき  50g(小袋1/2袋)

ちなみにお椀型になっている理由は、ぶんぶんチョッパー先生にお任せしたから。

決して童心の心が突如沸き上がり、お城を作りたくなったわけではない。

白だし胡麻ペッパーの明石風激フワ海老ナゲット
さらにお次は、以下の食材と調味料を混ぜていただきたい。

・ミンチ海老 10匹
・前述の厚揚げ&えのきミンチ
・塩     軽く6ふり
・片栗粉   小さじ2
・おろし生姜 小さじ1

こちらの味付けは、非常にシンプル

塩味だけで攻める潔さと男らしさを、皆様にアピールさせていただこう。

白だし胡麻ペッパーの明石風激フワ海老ナゲット
そしてこちらをしっかり混ぜると、あっという間にふんわり明石焼きのタネが完成する。

こ、これが明石焼き…だと…!!

憤慨する明石焼き店の店長様がいらっしゃったら、スライディングで謝罪を申し上げたい。

明石焼き「」!ということで、ご勘弁願えるだろうか。

白だし胡麻ペッパーの明石風激フワ海老ナゲット
さらに今回は、直ぐに調理を進めていこう。

まずはフライパンにごま油を大さじ2加え、中火で加熱しよう。

ここからは表面をカリッと仕上げ、それでいて中はトロトロに仕上げる戦法だ。

白だし胡麻ペッパーの明石風激フワ海老ナゲット
そして丸める大きさは、心なし元気のないピンポン玉サイズ

約10個くらい作れるため、ひょいひょい丸めて油の上に置いていただきたい。

ここからは中火で約8分間、1分ごとに転がしながら焼き上げていくだけである。

白だし胡麻ペッパーの明石風激フワ海老ナゲット
ちなみに私のフライパンの場合、油がどうしても底の縁に集まってしまう。

そのため海老ボールも円形になり、なんだか何かを呼び出す儀式のようだ。

真ん中から悪魔とか出てきたら、どうしよう。

白だし胡麻ペッパーの明石風激フワ海老ナゲット
そして転がすように焼き上げること、8分間。

表面も良い感じにカリカリに仕上がった。

最後は焼きムラがないかどうかだけご確認いただき、クッキングペーパーで油を沁み込ませていただければ幸いだ。

白だし胡麻ペッパーの明石風激フワ海老ナゲット
ちなみに厚揚げ生地のナゲットの場合、意外と油を吸収しない

そのためごま油大さじ1分はそのまま残り、カロリーとしても吸収されない。

今回はその点を加味して、成分計算ではごま油大さじ1分を減算させていただいたことを、ご了承願いたい。

白だし胡麻ペッパーの明石風激フワ海老ナゲット
そしてラストに作るのが、簡単美味しいダシ系付けタレだ。

こちらは以下を混ぜ込んでいただくだけで、OKである。

・黒胡椒   軽く6ふり
・白だし   大さじ1.5
・ごま油   小さじ0.5
・すりごま  小さじ2

白だし胡麻ペッパーの明石風激フワ海老ナゲット
最後はこちらのタレを添えて、山盛り乗せていただければいざ完成

ふんわり感にかけては全幅の信頼を置いている、本日の激フワ明石焼き風

また名前に関しては、お子様が喜びそうな激フワちゃんなどが呼びやすいかもしれない。

低糖質の美味しさチェック

白だし胡麻ペッパーの明石風激フワ海老ナゲット
こんがり綺麗に焼きあがった、総勢9個の激フワちゃん

日焼けをしたような健康的な小麦色が人気の、このフワ焼きさん

名前はどれもあまりしっくりこないが、この際なんでもOKだ。

では早速、一口ふわりと頂戴しよう。

白だし胡麻ペッパーの明石風激フワ海老ナゲット
まずはシンプルな味付けを施した、そのままテイストを。

ほんのり塩味が効いていて、中からはトロリと旨味が溢れてくる。

うむ、美味しい。

ぷりぷりの海老も食感と一緒に訪れ、これだけでもパクパク行けてしまう。

白だし胡麻ペッパーの明石風激フワ海老ナゲット
ただ今回は、こちらの付けタレをたっぷりつけて。

白だしの甘みと出汁の香り、そしてダブルの胡麻風味が堪らない。

ピリリと後を引く黒胡椒も手伝い、よりしっとり滲み出す一口に思いを馳せる。

あぁ明石焼きって、この美味しさだ。

好き勝手に美味しく沁み込む、あのダシの美味しさだ…。

記憶喪失が治ったような、思い出す旨味。

今度は30個作りたい、そう星に願う逸品だった。

いつもご覧いただき、本当に感謝します(*‘∀‘)!
旨ブロレシピ本も是非ご覧ください(*‘∀‘)!
旨ブロ電子書籍
旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様