これ焼売?照りと肉汁が旨い皮なし肉シューマイがすきっ腹にどん。(糖質13.5 g)

これシューマイ?照りと肉汁が旨い皮なし肉シュウマイがすきっ腹にどん。(糖質13.5 g)

シュウマイを箸にはさんだ時の、フィット感。

どうにでもしてくれ、と言ってるような、従順なスタイルに魅了されてしまう。

しかし糖質制限の時に少し避けてしまうのが、「シューマイの皮の糖質」と「カロリー」、そして「手間」だ。

今回は、その3点を非常に美味しくカバーし、見た目にも美しいシュウマイをご紹介したい。

みなさまの食卓をシュウマイまみれにして欲しい。ご健闘をお祈りする。

照りと肉汁が旨い皮なし肉シュウマイの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:15分糖質:13.5gたんぱく質:動物 16.4g  植物 4.6g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
写真 2016-04-30 18 08 56
まずは材料2人分)だ。

この量で、大量に作れる給料前のあしながおじさん的存在だ。

・水菜   1袋
・豚ひき肉 150ℊ
・えのき  1袋
・はんぺん 半袋(50ℊ程)

写真 2016-04-30 18 12 31
次に調味料だ。

・醤油  小さじ2
・料理酒 大さじ1
・胡椒  6ふり ・塩   3ふり
・片栗粉 小さじ2 ・ごま油 小さじ2
・マヨネーズ 大さじ2
・鶏ガラスープの素 小さじ1
・生姜/ニンニクチューブ 各2㎝

写真 2016-04-30 18 16 19
今日のレシピは、非常に簡単だ。

まずはエノキ1袋)を、細かくしよう。

そんなにか!」と、エノキだけが衝撃を受けるほど、細かくして欲しい。

写真 2016-04-30 18 17 23
これが「そんなにか!」と、エノキが衝撃を受けた細かさだ。

エノキをみじん切りする、あの快感が素晴らしい。

写真 2016-04-30 18 18 43
次にはんぺんだ。

すこし糖質がある食材だが、半分なら問題ない。

これがすごく良いつなぎになる。

写真 2016-04-30 18 22 12
さあ、シュウマイのタネづくりだ。

・豚ひき肉 150g
・えのき  1袋
・はんぺん 半袋(50ℊ程)
・醤油  小さじ2
・料理酒 大さじ1
・胡椒  6ふり
・塩   3ふり
・片栗粉 小さじ2
・ごま油 小さじ2
・マヨネーズ 大さじ2
・鶏ガラスープの素 小さじ1
・生姜/ニンニクチューブ 各2㎝

写真 2016-04-30 18 30 27
これらを混ぜるときは、手で混ぜたほうが良いかもしれない。

はんぺんを細かくつぶし、全体をこねくり回そう。

最初は「エノキ主張しすぎ!」と感じるかもしれない。

しかし後半、豚肉が怒涛の主張をしてくる。

混ぜ終わる頃には、いつものシューマイのタネになる。

写真 2016-04-30 18 32 15
これをスプーンで…。

と言いたいところだが、良かったら手で作って欲しい。

ハンバーグを作る要領で、中の空気を抜いていただきたいのだ。

スプーンですくうと、やはり中に空気が残ってしまう。

いつものシューマイより、一回り大きいサイズが美味だ。

写真 2016-04-30 18 43 03
かなり特大サイズだ。

しかし、お皿が2つになってしまったのが悔やまれる。

日頃の行いが、こんなところに出るとは。

写真 2016-04-30 18 43 51
お皿に隙間を空けて並べたら、ふわっとラップをして欲しい。

かわいい我が子に、ブランケットを掛ける要領だ。

かけたことないけど。

写真 2016-04-30 18 48 18
まずは600wのレンジで3分30秒加熱しよう。

部屋にいい香りが充満すると同時に、肉汁たっぷりの第一段階が完成する。

ただ、ご覧の様に肉汁が脱走している。

これを今から完全に閉じ込めよう。

写真 2016-04-30 18 49 43
お鍋にごま油を小さじ1いれ、加熱しよう。

ここからは中火でお願いしたい。

写真 2016-04-30 18 50 50
まずは片面だけ1分、カリッと焼きを入れよう。

この時、ひっくり返さないでokだ。

写真 2016-04-30 18 52 03
焼きを入れたら、先ほどお皿に残っていた肉汁を投入し、蓋をして1分ほど蒸してあげよう。

肉汁が、上質な照りに転職する。

蒸し終わったら、完成だ。

写真 2016-04-30 18 46 43
水菜を良く洗い、3センチ程度に切ってお皿に並べよう。

水菜は先端の半分を使うと良い。

根っこに近い部分は、サラダなどに使うと良い。

28
さあ完成だ!

一見すると、照りが魅力の肉団子に思えるかもしれない。

でも食べてみると、びっくり食感だ。

低糖質の美味しさ実食

写真 2016-05-01 7 42 01
さあ実食だ。

シュウマイ自身にしっかり味がついているので、醤油は少し合わないかもしれない。

素晴らしい照り、そして弾力だ。

ぷりっとした弾力から、食感も連想できる。

写真 2016-05-01 7 41 34
割ってみると、ハンペンとエノキがこんにちわする。

豚肉の噛みごたえと、閉じ込められた肉汁の広がり。

この味は、THE美味しいだ。

ジューシーふんわり、エノキ食感こんにちわだ。

写真ではマヨをつけてみたが、まずは何もつけず召し上がって頂きたい。

写真 2016-05-01 7 42 30
水菜の先端部分のしゃきしゃき感と、少し残る苦味

サラダ感と共に、にくにくしさが踊り狂う。

はあ、美味しい。シュウマイ最高。

胃袋全盛期ならば、30個はいけたかもしれない。

照り照りのシューマイを是非、みなさまにもご賞味いただきたい。

また作りたい、友達になりたい逸品だった。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク