滑らか煌めく。ウスター黄身マスタードの激柔アボカドチキン(糖質8.5g)

滑らか煌めく。ウスター黄身マスタードの激柔アボカドチキン(糖質8.5g)
YOUTUBEレシピ動画

毎日食べても飽きない、王道のヘビロテレシピとは?

味噌汁やサラダは、間違いなくそのレシピに殿堂入りするだろう。

ただ鶏むね肉は、本当に食卓に週7で並べても怒られないだろうか。

もも肉食べさせろやぁ(;´・ω・)!と、鶏モモ一揆が発生しないだろうか。

そんな連続鶏むねDAYには、本日の激柔アボカドチキンがお勧めだ。

鶏むね肉とは思えない柔らかさで、もも肉だと言い張れそうな感じがする逸品だ。

スポンサー様


ウスター黄身マスタードの激柔アボカドチキンの美味しい糖質オフレシピ

費用:180円時間:15分糖質:8.5g脂質:19.3g塩分:2.5g
熱量:351kcalたんぱく質:動物 29.3g  植物 1.5g※上記は1人分/下茹で用未換算
滑らか煌めく。ウスター黄身マスタードの激柔アボカドチキン(糖質8.5g)
ではまずは材料2人分)から。

・鶏むね肉 250g(皮なし)
・アボカド 1/2個
・卵    1個
・生姜   1/10片

鶏むね10連続の本日を楽しむには、まずは芳しい香りが必要である。

そのため生の生姜を活用し、普段とは違う満足感に仕上げよう。

滑らか煌めく。ウスター黄身マスタードの激柔アボカドチキン(糖質8.5g)
そして次に調味料を。

・塩    軽く4振り
・料理酒  大さじ2
・粒マスタード  小さじ2
・オリーブオイル 小さじ2
・マヨネーズ   小さじ2
・片栗粉     小さじ2
・ウスターソース 大さじ1.5

さらにその食感は、徹底して柔らかい片栗粉&黄身チキン

こちらはシンプルながら幅広く使える、王道レシピには欠かせない調味料だ。

滑らか煌めく。ウスター黄身マスタードの激柔アボカドチキン(糖質8.5g)
では早速、本日の食材の下処理から開始しよう。

こちらでは以下のお野菜を、各下処理をしていただきたい。

・生姜   1/10片:皮を剥いてすりおろし
・アボカド 1/2個 :皮を剥いてサイコロ状

さらに残ったアボカド1/2個に関しても、サイコロ状にして爪楊枝を添えておくと最高だ。

つまみ食いをしながら自炊をすると、楽しさが40%増加するとの研究結果が出ている。

主に私の中で。

滑らか煌めく。ウスター黄身マスタードの激柔アボカドチキン(糖質8.5g)
さらにここで鶏むね肉250gも皮を取り、一口大にカットしよう。

そして以下の調味料を揉み込み、10分程放置していただけるだろうか。

また(3)の片栗粉だけは、焼き上げる直前に混ぜていただければ幸いだ。

(1)塩   軽く4振り
(2)料理酒 大さじ2
(3)片栗粉 小さじ2

滑らか煌めく。ウスター黄身マスタードの激柔アボカドチキン(糖質8.5g)
では10分間放置したのちは、早速調理に取り掛かろう。

まずはフライパンにオリーブオイルを小さじ2加え、強火でガンガンに加熱しよう。

軽く表面を揚げ焼きする要領で、少し多めにしていただくのがポイントである。

滑らか煌めく。ウスター黄身マスタードの激柔アボカドチキン(糖質8.5g)
そして鶏むね肉を投入し、一気に炒めること約2分30秒

これまたスーパーの試食コーナーにありそうな、抜群の摘まみやすさが特徴だ。

スイミングスクールに通っていた幼少期の話だが、いつもスーパーで両親の迎えを待っていた。

大体20分位待つのだが、試食コーナーのおばちゃんと仲良くなったのを覚えている。

同時にシャウエッセンを試食しすぎて、夕食前にお腹いっぱいになり、結構怒られたのも覚えている。

滑らか煌めく。ウスター黄身マスタードの激柔アボカドチキン(糖質8.5g)
さらに焼き上げ後は、アボカドと一緒にボールに移しておこう。

最後は美味しいソースを仕上げ、全体に絡めるだけ。

既に小脇に抱えて食べ始めたいが、ここはグッと我慢しよう。

滑らか煌めく。ウスター黄身マスタードの激柔アボカドチキン(糖質8.5g)
ここからはフライパンは、洗わずにそのまま。

以下の調味料達を、強火で溶かす様に10秒ほど混ぜ合わせていただきたい。

・マヨネーズ 小さじ2
・おろし生姜 1/10片

滑らか煌めく。ウスター黄身マスタードの激柔アボカドチキン(糖質8.5g)
さらに以下を加えて、ここでも約20秒ほど煮詰めよう

・粒マスタード  小さじ2
・ウスターソース 大さじ1.5

滑らか煌めく。ウスター黄身マスタードの激柔アボカドチキン(糖質8.5g)
そして仕上げに黄身1個分をソースと加え、全体を混ぜ合わせれば一丁あがり。

まさに大好物しか入場が許可されていない、思わず飛び込みたくなるビジュアルだ。

さらに混ぜ合わせてから少し時間を置くと、味も馴染みソースの絡まり合いも最高潮に。

是非熱々の内に、全食材をしっかり混ぜ込んでいただきたい。

滑らか煌めく。ウスター黄身マスタードの激柔アボカドチキン(糖質8.5g)
そして完成するのは、山盛りに煌めくこちらの濃厚チキンアボカド

連日の鶏むねレシピに一石を投じる、その禁断の柔らかさとは。

トロリと流れる黄身が思考を奪う、実は大変お安い逸品である。


スポンサー様


低糖質の美味しさチェック

滑らか煌めく。ウスター黄身マスタードの激柔アボカドチキン(糖質8.5g)
濃厚な黄身のプールで、元気一杯に泳いだ鶏むね肉。

ただその見た目とは裏腹に、味付けは比較的抑えめ

それはアボカドの滑らかさ、鶏むね肉の柔らかさ。

この二つを存分にお楽しみいただくための、ちょっとした配慮である。

では早速、その柔らかな一口をパクリと頂戴しよう。

滑らか煌めく。ウスター黄身マスタードの激柔アボカドチキン(糖質8.5g)
あぁ、何と柔らかい。

子供が頭をぶつけても泣かないほど、柔らかく旨味を帯びた鶏むね肉。

片栗粉コーティングと黄身のお陰で、まるで素直になった酢豚のようだ。

濃厚な黄身ソースの甘辛さも光り、アボカドの旨味も言わずともがなである。

滑らか煌めく。ウスター黄身マスタードの激柔アボカドチキン(糖質8.5g)
そして濃いめの味付けを楽しむ、たっぷりソースタイプ。

そこにはまるで自分、最初からソースですけど(*‘∀‘)?と言いたげな、崩れたアボカドも溶け込んでいる。

そしてその一口は、柔らかく底力が沸き上がる元気な美味しさ

アボカドと鶏むね肉が、一致団結して深みを引き出している。

あぁ、今日も鶏むね肉からパワーを頂いた。

また鶏むね肉が好きになる、美味しい逸品だった。

ご覧いただき、本当に感謝します(*‘∀‘)
簡単』を追求したレシピ動画も是非!
YOUTUBEレシピ動画
旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様