圧倒的のど越し。柚子胡椒ポンでさっぱりアボカドささみメカブ(糖質2.5g)

圧倒的のど越し。柚子胡椒ポンでさっぱりアボカドささみメカブ(糖質2.5g)
ああ―…。あっつい…。

食欲湧かないなぁ…。作るのもめんどくさいなぁ…。

のど越しが抜群なものが食べたいなあ…。

いやむしろご飯の方から、流れ込んできて欲しいなぁ…。

そんな絶賛夏バテ更新中の貴殿に朗報だ。

旨くて栄養分もあって、のど越し世界ランク27位のこのレシピはいかがだろうか。

ちなみにのど越し世界ランク最下位は、フルマラソン直後のビスコだ。(多分)

アボカドささみメカブの美味しい糖質オフレシピ

費用:250円時間:9分糖質:2.5gたんぱく質:動物 14.8g  植物 1.3g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
写真 2016-07-25 19 42 13
まずは材料二人分)だ。

・メカブ  1パック(約70g)
・ささ身  3本
・アボカド 1/2個

健康的な噂しか聞かない、何とも評判のいい奴らだ。

写真 2016-07-25 20 10 28
次に調味料だ。

・ぽん酢  大さじ1.5
・ゆず胡椒 小さじ1(お好みで少し減らして)
・塩    軽く10ふり(ささ身茹で用)
・生姜チューブ 小さじ1

潰れかけの居酒屋でマスターが撮影した、最後の記念写真みたいだ。

写真 2016-07-25 19 42 38
今回はこの付属のタレは使用しない。

美味しくないからではなく、もっと美味しくしたいからだ。

メカブ独特のあの香りを抑えたいのだ。

写真 2016-07-25 19 42 50
さぁ、まずは根性を振り絞ってお湯を沸かし、塩を軽く10ふりしよう。

ここでは夏バテの気分を紛らわせる、鍋底アートをお勧めしたい。

今回の作品は、誰がどう見てもドラ〇もんだ。

写真 2016-07-25 19 43 05
ここにそっとささ身を投入。

即火を止めて、ぽけーっとして欲しい。

夏場は7分、冬場は9分。蓋をしてしっかりと中まで火を通そう。

写真 2016-07-25 19 43 28
ささみの温泉修行が終了したら、そっとお皿に移そう。

茹でたては非常に熱いので、お気をつけいただきたい。

写真 2016-07-25 19 43 46
これを最高にやる気のないオーラを出しながら、ほぐしていこう。

筋とかもパクッと食べてしまおう。

疲れている時こそ、簡単で美味しいご飯が一番だ。

写真 2016-07-25 19 43 16
そして次にアボカドだ。

包丁で半分にカットし、中のタネを包丁の端っこでグリグリくりぬこう。

写真 2016-07-25 19 44 13
これをトリケラトプスみたいに乱切りしたら、OKだ。

のど越し向上のためにも、少し小さめをお勧めしたい。

そして実際に使用するのは、半分でOKだ。

写真の残り半分は、私のおつまみだ。

写真 2016-07-25 19 44 28
次に海の栄養キング、メカブを処理しよう。

・ぽん酢  大さじ1.5
・生姜チューブ 小さじ1

これを混ぜ込み、独特のあの香りを消していこう。

写真 2016-07-25 19 45 54
この段階で、ゆず胡椒小さじ1を混ぜてしまってもOKだ。

いや、むしろそっちの方が遥かに楽だろう。

写真 2016-07-25 19 46 19
これを、先ほどのささ身に乗せたら完成だ。

写真ではお洒落ぶって、頂上に柚子胡椒を乗せている。

ただ、絶対先に混ぜておいた方が楽なのだ。

低糖質の美味しさ実食

写真 2016-07-25 19 46 30
はあ、おなかが減った。早速流し込もう。

このネバネバ感と、ささ身のほぐれっぷり。

最高ののど越しと共に、めちゃくちゃにマッチするぽん酢とゆず胡椒

これは勝手に流れ込んでくるタイプの、絶品メカブサラダだ。

写真 2016-07-25 19 46 37
そしてアボカドが、これまた旨い。

今回の相棒は恐らくお箸ではなく、レンゲだ。

トロトロネバネバの旨み具材が流れ込んでくる。

それと共に、鶏肉と海藻とアボカドの栄養分が流入してくる。

まさに美味しさとのど越しで、勝手に元気になってしまう。

疲れた日の晩御飯に、是非お試しいただきたい逸品。

メカブ、アボカド…。パワーをありがとう!

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク