純白の食感。刻み生姜の柔らか黒酢蜂蜜マヨ鶏団子(糖質8.6g)

純白の怪物。刻み生姜の柔らか黒酢蜂蜜マヨ鶏団子(糖質8.6g)

極上に柔らかく、そして大変簡単な鶏むね団子。

その最短行程を習得すれば、日々の食事がもっと楽しくなる。

お鍋に入れるイメージの強い、柔らかな鶏団子。

本日はその美味しさを、サラダを作る感覚でお届けしたい。

本日ご紹介する、刻み生姜の蜂蜜黒酢マヨ鶏団子

柔らかさだけでなく、未知なる生姜の味わいにもご注目いただきたい。

スポンサー様


刻み生姜の蜂蜜黒酢マヨ鶏団子の美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:25分糖質:8.6g脂質:13.9g塩分:3.3g
熱量:277kcalたんぱく質:動物 32.0g  植物 1.5g※上記データは1人分です
刻み生姜の黒酢蜂蜜マヨ鶏団子
まずは材料2人分)だ。

・鶏むね肉 250g(皮なし)
・えのき  100g(約1/2袋)
・生姜   大1/4片
・お好みチーズ 30g

最近どハマりしている、簡単さを極めた柔らか鶏団子づくり

というのも友人の子供が、近々離乳食をご卒業されるらしい。

その友人に、とびきり柔らかい鶏団子レシピをお伝えしたいのだ。

刻み生姜の黒酢蜂蜜マヨ鶏団子
そして次に、調味料だ。

・塩/黒胡椒   各軽く8ふり
・純米黒酢   大さじ1
・顆粒コンソメ 小さじ1
・醤油     小さじ0.5
・はちみつ   小さじ0.5
・マヨネーズ  大さじ1.5
・片栗粉    小さじ1

そして味付けは、大人が喜ぶ蜂蜜黒酢マヨ。

すりおろし生姜も合わせれば、もはや手の付けられない味わいになるだろう。

刻み生姜の黒酢蜂蜜マヨ鶏団子
まず今回の料理は、以下を合流させる所からスタートしよう。

・鶏むね肉 250g(皮なし)
・えのき  100g(約1/2袋)
・生姜   大1/5片
・お好みチーズ 30g
・塩/黒胡椒   軽く8ふり/軽く4ふり
・顆粒コンソメ 小さじ
・片栗粉    小さじ1

さらにこの段階で、食材は全てざく切りにしていただけるだろうか。

刻み生姜の黒酢蜂蜜マヨ鶏団子
そしてこれを、ミキサーorぶんぶんチョッパー先生にて、細かくミンチ状に。

まるでそのビジュアルは、独創的な家庭科授業の如し。

明らかに食欲をそそらない見た目に、撮影する手が震えてしまう。

刻み生姜の黒酢蜂蜜マヨ鶏団子
そんな後悔を振り払うように、いざ細かくミンチ化スタート。

一気にそれっぽく仕上がるチキンパテに、ほっと胸をなでおろす瞬間である。

刻み生姜の黒酢蜂蜜マヨ鶏団子
では早速、チキンボールの茹で作業を開始しよう。

まずはお湯を1ℓほど沸騰させ、それで下準備は完了である。

ここからはどえらい簡単なため、是非大量にご作成いただきたい。

刻み生姜の黒酢蜂蜜マヨ鶏団子
そしてここに、先ほどのパテをスプーンでひょいひょい投入するだけ。

これを強火で約3分30秒煮込めば、あっという間に完成である。

お相撲さんのチャンコ作りにそっくりな、この簡単行程。

豪快にぶんぶんチョッピングしているお相撲さんは、きっと絵になるだろう。

刻み生姜の黒酢蜂蜜マヨ鶏団子
また時間の目安に、チキンボールが浮いてくる時がある。

ただ時に1分弱で浮いてくるやんちゃ団子もいるため、やはり時間の目安が良いだろう。

そのお鍋に大量に浮かぶチキンボールは、まさに圧巻である。

刻み生姜の黒酢蜂蜜マヨ鶏団子
そして完成後はしっかり水気を取り除き、ソースの完成まで待機させよう。

この段階の味付けは、極めてシンプル。

チキンと生姜の仄かな味だけで構成される、結構お気に入りのテイストである。

刻み生姜の黒酢蜂蜜マヨ鶏団子
ではその大人しい味わいを攻撃的に仕上げる、黒酢生姜マヨソースを完成させよう。

そのソースとは、以下の調味料等を混ぜ込むだけである。

・黒胡椒    軽く4ふり
・純米黒酢   大さじ1
・醤油     小さじ0.5
・はちみつ   小さじ0.5
・マヨネーズ  大さじ1.5
・おろし生姜  大さじ1

ここですりおろす生姜は、お好みで多めでもOKである。

刻み生姜の黒酢蜂蜜マヨ鶏団子
これにて甘さと酸味が混在する、マヨ黒酢ソースの完成だ。

タンパクな奴は大体友達』的な、何ともクールな極上ソースである。

刻み生姜の黒酢蜂蜜マヨ鶏団子
これを先ほどのチキンボールにかけたら、いざ完成だ。

鶏むね肉の新しい食感が開ける、柔らかチキンボール

結構な頻度で食卓に登場する、スタメンな美味しさをご堪能いただきたい。


スポンサー様


低糖質の美味しさチェック

刻み生姜の黒酢蜂蜜マヨ鶏団子
白い

まるで大学時代の私のクリスマスの予定くらい、白い。

こんなに純白に染め上げられたら、生姜の黄色すら目立ってしまう。

まるでどこぞのご令嬢の様な、柔らかな旨みをいざ頂戴しよう。

刻み生姜の黒酢蜂蜜マヨ鶏団子
一口食べればふわりと香る、チーズのミルキーな香り。

そこに飛び込んでくる、刻み生姜の心地良い辛み

そしてとびきり柔らかい鶏むね団子には、エノキの気配は一切感じない。

あぁ、素晴らしく優しい美味しさだ。

刻み生姜の黒酢蜂蜜マヨ鶏団子
しかし優しいだけではなく、黒酢マヨソースがビンビンに生きている。

練り込まれたすりおろし生姜が香り、体が一気にポッポする。

指先までじんじん熱くなり、生姜ジンゲロール先生の本気を感じてしまう。

これは近くに猫がいたら、容赦なくすり寄ってくる暖かさだ。

内から外から、何と心地良いのだろう。

生姜の素晴らしさを全身で感じる、元気の出てくる逸品だった。

いつもご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
スポンサー様
スポンサー様