香りもやばし。トロオニオンの砂肝赤ワインカレー煮込み。(糖質3.9g)

香りもやばし。トロトロオニオンの砂肝赤ワインカレー煮込み。(糖質3.9g)

週末になると胃袋に届く、宅飲みへの招待状。

そして毎回悩む、新しくも美味しいローカボおつまみ

簡単でお安く、なおかつ旨くて量もある。

ワガママな私が顔を出す、宅飲みおつまみ事情。

そんな本日は、砂肝赤ワインカレー煮込みをご紹介しよう。

クタクタの甘みが砂肝に絡む、スパイシーな逸品だ。

トロオニオンの砂肝赤ワインカレー煮込みの美味しい糖質オフレシピ

費用:150円時間:20分糖質:3.9gたんぱく質:動物 27.6g  植物 0.2g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-28-18-20-23-1
まずは材料2人分)だ。

・砂肝  300g
・玉ねぎ 1/4個

どシンプルだが、玉ねぎの甘みが最高だ。

下処理次第で、負けん気の強い砂肝に出会えるだろう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-28-18-20-33-1
次に調味料だ。

・塩/黒胡椒  軽く各6ふり
・カレー粉  小さじ1.5
・赤ワイン  大さじ4
・醤油    大さじ1
・オリーブオイル 大さじ2
・生姜/大蒜チューブ 各小さじ1

今回の売りは、抜群にスパイーシーな異国スメル

もう来年の夏休みは、バリ以外考えられなくなるヤバさだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-28-18-21-21-1
そしてこれが本日の主役、砂肝だ。

いつも近くの鶏肉専門店で購入するが、100g75円というナイスなお値段だ。

3キロ下さい!」『砂肝好きねぇ!

この小気味良いレスポンスも、お店の魅力の一つだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-28-18-20-51-1
そしてこれを、丁寧に下処理をする。

簡単な下処理の方法は、以下をご覧いただければ幸いだ。

砂肝の簡単で身を無駄にしない、美味なる下処理方法(写真付き)

そして下処理が終わったら、フォークで穴を開けまくろう。

少し面倒な作業だが、味の染み込みが格段に変わってしまう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-28-18-21-31-1
そして玉ねぎもみじん切りに。

本年も大変お世話になった、ぶんぶんチョッパー先生

彼のおかげで、トータル5時間は時間を節約できているだろう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-28-18-21-46-1
さぁ、おつまみは時間との勝負だ。

以下を同時に投入し、まずは中火で30秒加熱していただきたい。

・オリーブオイル 大さじ2
・生姜/大蒜チューブ 各小さじ1

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-28-18-22-03-1
そして、そこに玉葱と砂肝を投入しよう。

まずは強火で3分炒め、玉ねぎから甘みを奪い取ろう。

もし100点を狙うなら、玉葱と砂肝を1時間ほど漬け込んでおくと最高だ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-28-18-22-21
さらに、以下の煮込み仲間を投入だ。

・塩/黒胡椒  軽く各6ふり
・カレー粉  小さじ1.5
・赤ワイン  大さじ4
・醤油    大さじ1

なんか聞いたこともない国の、お袋料理みたいになってきた。

かるさっさ』とか『むじょあーに風』とか、適当にネーミングをつけてもばれない気がする。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-28-18-22-34
このカルサッサを、弱火でコトコト15分煮込めば完成だ。

部屋中に充満する、ヤバめの香り。

柴犬の回転が止まらなくなる、本能に訴えかけるスメルだ。

308
これをダンディなお皿に移したら完成だ。

最後にガリガリと黒胡椒をお好みでかけ、更なる異国感を狙おう。

低糖質の美味しさチェック

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-28-18-22-59-1
トロトロに煮込まれた玉葱。

甘みを帯びたエキスに、カレーの香りがまぶされている。

あぁ…。

この香りは、バリ100%だ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-28-18-23-20-1
そして、ものすごく旨い。

いくらでも食べられる系の、ハイボールキラーだ。

カレーと赤ワインの、甘みと香辛料が相性最高。

独特の食感と共に、しっかりとした味付けが微笑ましくなる。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-28-18-23-28-1
これをもし圧力鍋で作ったら…。

そう考えるだけで、AMAZONでポチってしまいそうになる。

鶏肉のエキスを持って生まれた、お安い砂肝。

煮込みレシピに最高だと、再確認出来た逸品だ。

あぁ美味しかった。

ハイボールと一緒に、タップリご馳走様でした。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク