語彙足らぬ旨さ。アボカドおろしのコンソメ醤油チキン(糖質3.4g)

語彙足らぬ旨さ。アボカドおろしのコンソメ醤油チキン(糖質3.4g)

時々、素晴らしい組み合わせに出会うことがある。

前触れもなく訪れる美味しさに、生産者への感謝が溢れだす。

なぜ、君たちはもっと早く出会わなかったのか。

いやむしろ、同じ時代に生まれたことを感謝するべきか。

本日ご紹介する、アボカドおろしのコンソメ醤油チキン

伝書鳩で実家に美味しさを伝えたくなる、素敵な逸品だ。


スポンサー様

アボカドおろしのコンソメ醤油チキンの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:35分糖質:3.4g脂質:33.0g塩分:1.8g
熱量:418kcalたんぱく質:動物 20.3g  植物 2.3g※上記データは1人分です。
アボカドおろしのコンソメ醤油チキン(糖質3.4g)
まずは材料2人分)だ。

・鶏もも肉  300g
・アボカド  1個
・大根おろし 1/8本

先日出会ったばかりの、アボカド・おろしの最恐タッグ

彼らに任せておけば、鶏もも肉も格段に美味しくなるだろう。

アボカドおろしのコンソメ醤油チキン(糖質3.4g)
次に調味料だ。

・醤油     小さじ1
・コンソメ顆粒 小さじ0.3
・料理酒    小さじ2
・塩/黒胡椒   各軽く4ふり
・大蒜チューブ 小さじ0.5
・オリーブオイル 小さじ1

今回の調味料は、極めて少量で。

コンソメに関しては、煮込むことでその甘みのポテンシャルを引き出してあげよう。

アボカドおろしのコンソメ醤油チキン(糖質3.4g)
では早速、鶏もも肉の調理から始めよう。

まずは一口大にカットして、皮以外の余分な脂肪を取り除く。

そして同時にフォークで穴を開けていき、柔らかさも追い求めていこう。

アボカドおろしのコンソメ醤油チキン(糖質3.4g)
そしてよく頑張った鶏もも肉には、ご褒美に以下の調味料を。

・料理酒    小さじ2
・塩/黒胡椒   各軽く4ふり
・大蒜チューブ 小さじ0.5

この程度のご褒美で頑張れる素直な人間に、私はなりたい。

アボカドおろしのコンソメ醤油チキン(糖質3.4g)
そして大根おろしも、約1/8本分完成させよう。

ここではこれから、鶏モモ肉柔らか特訓が行われる。

少し握りしめて水分を取り除いたら、いざ特訓開始である。

アボカドおろしのコンソメ醤油チキン(糖質3.4g)
たっぷりと酵素を絡めて、漬け込み約20分

できれば時間をかけたほうが良いが、ここはお料理全体のバランスを考慮しよう。

おろし自体の甘みも活用するため、チキンエキスも絡めつつ美味しくなっていただこう。

アボカドおろしのコンソメ醤油チキン(糖質3.4g)
そして鶏もも肉を漬け込んでいる間に、アボカドもペースト状に。

ギュッと握りつぶして、フォークでねっとり感を引き出していく。

これがまた、シンプルで大変に美味しい。

コストコで業務用サイズが存在すれば、ご飯代わりにモリモリいってしまうかもしれない。

アボカドおろしのコンソメ醤油チキン(糖質3.4g)
では早速、フライパンにオリーブオイルを小さじ1投入し、中火で加熱していこう。

ここから先は非常に簡単なので、音楽でも聴きながらふんふん作ろう。

しかし時に鶏肉が焼けるサウンドが、どんな名曲より胃袋に沁みることも事実である。(哲学)

アボカドおろしのコンソメ醤油チキン(糖質3.4g)
それっぽいことを言いながら、皮面を下にして約90秒

軽く焦げ目をつけつつ、鶏皮の脂分をしっかりと利用しよう。

アボカドおろしのコンソメ醤油チキン(糖質3.4g)
そして90秒立ったらひっくり返し、以下の調味料を加えよう。

・醤油     小さじ1
・コンソメ顆粒 小さじ0.3
・水      50cc

ここからは中弱火で煮込むように、約7分間お待ちいただきたい。

アボカドおろしのコンソメ醤油チキン(糖質3.4g)
そして煮込む時にはもして、水分を必要以上に逃がさないように。

クツクツ…。

靴靴…。

アボカドおろしのコンソメ醤油チキン(糖質3.4g)
そして最後にアボカドを投入して、追加で1分間煮込んでいこう。

トロリとしたアボカドが全体に絡み、ビシバシと美味しそうな感じが伝わってくる。

旨い。

先に感想を言ってしまうフライング気味の私を、どうかお許しいただきたい。

アボカドおろしのコンソメ醤油チキン(糖質3.4g)-2
そして最後にお好みで黒胡椒をかけたら、いざ完成だ。

おろしアボカドの未知なる美味しさを、ぜひ皆様とご共有させていただこう。


スポンサー様

低糖質の美味しさチェック

アボカドおろしのコンソメ醤油チキン(糖質3.4g)
緑の入り込んだ、さっぱり感+まったり感の極悪おろし。

そこに大好物の鶏むね肉を閉じ込めた、まさに私得の逸品。

では早速、一口大きめにいただきます。

アボカドおろしのコンソメ醤油チキン(糖質3.4g)
アボカドのねっとり感と、おろしコンソメの甘み。

ギュッと噛みしめると、チキンからも遠慮のない旨みが飛び出してくる。

おおぅ、これはすごい。

柔らかな鶏もも肉も手伝い、これは形容しがたい美味しさだ。

アボカドおろしのコンソメ醤油チキン(糖質3.4g)
そしてこの、全てが溶け込んだ旨みエキス

飲み干す一杯とは、まさにこのことである。

栄養価の高いアボカドに、おろしの野菜の甘さを追加する。

あぁ、何と素敵なアボカドおろし。

野菜の旨みとチキンの旨み、堪能させていただいた。

肉世界と野菜世界がタッグを組んだ、大変美味しい逸品だった。


いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。
ご満足いただければ幸いです。
語彙足らぬ旨さ。アボカドおろしのコンソメ醤油チキン(糖質3.4g)

ご共有いただければ幸いです!
(当サイトはリンクフリーです)

こちらの記事もいかがですか?