野菜率5割越え。食感甘ふわスコッチブロッコリー(糖質6.0g)

野菜率5割強。甘ふわカレースコッチブロッコリー(糖質6.0g)
スポンサー様

ガッツリ美味しいはずなのに、コッソリ隠れた野菜の栄養。

そのギリギリラインを狙えるのが、美味しいスコッチハンバーグ。

普通は卵を入れるけれど、実はブロッコリーが激美味しい。

お肉の肉汁に隠れた、野菜の旨味が最高なのだ。

本日ご紹介する、食感甘ふわカレースコッチブロッコリー

ハンバーグとは思えない、圧倒的な柔甘さが特徴の逸品である。

スポンサー様


カレースコッチブロッコリーの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:15分糖質:6.0g脂質:19.7g塩分:1.3g
熱量:308kcalたんぱく質:動物 19.2g  植物 4.0g※上記は1人分/下茹で用未換算
野菜率5割越え。食感甘ふわカレースコッチブロッコリー(糖質6.0g)
ではまずは材料2人分)から。

・合いびき肉   200g
・えのき     100g
・玉ねぎ     1/3個
・ブロッコリー  1/3個

今回のスコッチブロッコリーは、見た目に似合わずほぼお野菜

しかしその甘みと肉汁で、お子様にも大好評いただけるだろう逸品だ。

野菜率5割越え。食感甘ふわカレースコッチブロッコリー(糖質6.0g)
そして次に調味料を。

・有塩バター    10g
・おろし大蒜    小さじ0.5
・カレー粉     小さじ0.7
・オイスターソース 小さじ1
・鶏ガラスープの素 小さじ0.5

そして味付けは、ガッツリ美味しいカレーオイスター

お子様猛ダッシュな味付けを狙ったら、成人男性も駆け寄ってくる味わいに仕上がってしまった。

野菜率5割越え。食感甘ふわカレースコッチブロッコリー(糖質6.0g)
では早速、本日の食材達の下処理から取り掛かろう。

まずはみんな大好きブロッコリーを1/3房分、小さくカットしてシリコンスチーマーに。

そして蓋をして600Wで5分間、まずは柔らかく仕上げていただこう。

さらに今回彼が隠れる先は、まさかの肉汁ハンバーグ。

こっそりお肉を野菜に変えても、皆が笑顔になれる優しい世界だ。

野菜率5割越え。食感甘ふわカレースコッチブロッコリー(糖質6.0g)
さらにここで、以下の食材を一緒に包丁で細かく刻んでいただきたい。

・えのき  100g
・玉ねぎ  1/3個

今回は繋ぎも兼ねて、玉ねぎだけでなくエノキ茸も。

飴色玉葱ならぬ飴色エノキを、皆様にご堪能いただこう。

野菜率5割越え。食感甘ふわカレースコッチブロッコリー(糖質6.0g)
そのためにもまずは、フライパンに有塩バターをちょこっと5g。

まずは全体に溶かす様に、鍋底に強火で広げていただきたい。

今回は様々な工程にこだわりを練り込み、通常のハンバーグにも一矢報いてやろう。

野菜率5割越え。食感甘ふわカレースコッチブロッコリー(糖質6.0g)
そして加熱後は、先程のエノキ&玉ねぎを投入して。

ここから一気に約4分間、程良く茶色になるまで炒めていただけるだろうか。

飴色玉ねぎの場合は時間もかかるが、これなら時短でお肉もニッコリ。

エノキと玉ねぎが手を組んだ、甘みと粘度が美味しさの秘訣である。

野菜率5割越え。食感甘ふわカレースコッチブロッコリー(糖質6.0g)
さらにそちらの玉葱エノキを、以下の食材と調味料に加えて。

・牛豚合い挽き肉 200g
・おろし大蒜   小さじ0.5
・カレー粉    小さじ0.7
・オイスターソース 小さじ1
・鶏ガラスープの素 小さじ0.5

こちらを片手でしっかり練り込むと、かなり柔らかめのハンバーグパテの完成だ。

ただ焼くと程よく硬まるため、今はその柔らかさをご堪能いただきたい。

秘孔の練習にも最適な、心地良い弾力である。

野菜率5割越え。食感甘ふわカレースコッチブロッコリー(糖質6.0g)
そしてそちらのパテを三等分して、各内部にレンチンブロッコリーを仕込んでおこう。

その量を分かりやすく言えば、ずばり『入れられるだけ』。

一口食べたお子様が後ずさりするほど、ブロッコリートラップをガッツリ仕掛けていただきたい。

またブロッコリーだけでなく、プチトマトや焼きナスなどもお勧めだ。

野菜率5割越え。食感甘ふわカレースコッチブロッコリー(糖質6.0g)
そして最後は、しっかり焼きあげる工程に突入しよう。

ここで一度フライパンを綺麗に洗い、有塩バターを5g鍋底全体に溶かしていただきたい。

そしてこの工程まで逃げ切れば、野菜が50%以上使われているとは誰も思わない。

成人された旦那様すら、今日はハンバーグかぁ(*‘∀‘)!と完全に騙されることだろう。

野菜率5割越え。食感甘ふわカレースコッチブロッコリー(糖質6.0g)
そして火力は中火に変更し、パテをドドンと全て投入。

またここでヘラを使って、軽くギュッと押し付けて小判型に成型しよう。

まずは片面を中火で3分間、焦げ目をつけて肉汁を閉じ込めていただきたい。

野菜率5割越え。食感甘ふわカレースコッチブロッコリー(糖質6.0g)
さらにひっくり返して、再度ヘラで軽く抑えて

こちらに蓋をして、再度3分30秒間焼き上げていただくと完成である。

合い挽き肉から溢れ出す油も、野菜増量タイプのため約半分

それでもかなりの肉汁感を感じる、低カロと肉汁のハイブリッドバーグだ。

野菜率5割越え。食感甘ふわカレースコッチブロッコリー(糖質6.0g)
そしてお好みで、真ん中をパカッと一刀両断。

これにて正々堂々野菜の挿入が分かる、カレースコッチブロッコリーの完成だ。

ハンバーグと言い張るも良し、お好きなスタイルでお楽しみいただきたい。


スポンサー様


低糖質の美味しさチェック

野菜率5割越え。食感甘ふわカレースコッチブロッコリー(糖質6.0g)
ハンバーグの方から、誘ってきたんです。

もし私が思わず2人分を食べ尽くし、そのことを誰かに咎められたら。

私は迷うことなく、そう言い訳しよう。

ハンバーグ独特の艶やかさは、もはや人が抗えるレベルではない。

では一刻も早く齧り付き、その味わいを確かめたいのだ。

野菜率5割越え。食感甘ふわカレースコッチブロッコリー(糖質6.0g)
まずは半分にカットしたハンバーグを、一口でパクリ。

柔らかく、甘く、肉汁がすごく旨い

玉ねぎの甘みにエノキの繋ぎ力、低糖質なのにかなりの美味しさである。

そして中に隠れたブロッコリーの、かくれんぼ力が異常に高い

事前に柔らかく蒸し上げたため、一瞬分からないほど自然である。

あぁこれは、野菜50%以上だと気づかれない一口ではないだろうか。

野菜率5割越え。食感甘ふわカレースコッチブロッコリー(糖質6.0g)
しかしそれでいて、合い挽き肉の照りっぷりもしっかり健在。

ジュワッと肉汁が溢れ出し、焼きたての美味しさは通常のハンバーグに全く負けない。

しかも野菜の割合が高いため、冷めても硬くならない点が特徴である。

これならば、日々の子供たちのお弁当にも採用したい。

ブロッコリーが隠れていることが分かったら、子供たちどう思うだろう…(*‘∀‘)

まだ独身にもかかわらず、思わず妄想の予行演習が止まらない逸品だった。

いつもご覧いただき、本当に感謝します(*‘∀‘)!
旨ブロレシピ本も是非ご覧ください(*‘∀‘)!
旨ブロ電子書籍
旨ブロのメルマガ・NOTE
スポンサー様
スポンサー様