柔らかに感謝。水漬け鶏ももの滑らかモツァレラ一味焼き。(糖質4.5g)

柔らかに感謝。水漬け鶏ももの滑らかモツァレラ一味焼き。(糖質4.5g)

プリプリなチキンを、スパイシーな味付けで楽しみたい。

そんなピンポイントな要望が渦巻く、午後の胃袋。

お仕事を頑張った日には、胃袋にもご褒美が必要だ。

蕩ける美味しさと、明日に向かうためのちょっとした刺激を。

本日ご紹介するのは、水漬け鶏もものモツァレラ一味焼き

想像以上の相性の良さに、嫉妬すら覚える素敵な逸品だ。

水漬け鶏もものモツァレラ一味焼きの美味しい糖質オフレシピ

費用:200円時間:20分糖質:4.5gたんぱく質:動物 27.8g  植物 0.4g
※上記データは1人分です。たんぱく質は食材のみの値です。
%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-06-18-21-30
まずは材料1.5人分)だ。

・鶏もも肉 300g
・小葱   1/2袋
・モツァレラチーズ 30g

今日狙うのは、チーズの滑らかな旨み。

そこに思春期の反抗期並みに押し寄せる、一味の猛攻を味わいたいのだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-06-18-21-44
次に調味料だ。

・醤油 小さじ2
・料理酒 小さじ2
・一味唐辛子 小さじ0.5
・塩/黒胡椒  各軽く4ふり

これぞまさに、どシンプルな調味料。

またしても糖質お貯金がはかどってしまう、嬉しい低糖質っぷりだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-06-18-22-12
では最初に、チキンに沢山の切り込みを入れよう。

これはサイズをボリューミーにすると同時に、染み込みやすい形状に整えるためだ。

決して、部長に叱られたことによるストレス発散ではない。

決して。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-06-18-22-27
そして次に、これを水に10分間漬け込もう。

しんみり染み渡るH2Oにより、チキンのふっくら感も倍増する。

今後水浴びをしている鳥を見たら、条件反射でよだれが垂れるかもしれない。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-06-18-22-43
そしてここに料理酒を小さじ2、塩/黒胡椒を各軽く4ふりしよう。

ここからは、シリコンスチーマーで3分30秒

シンプルプリプリ鶏が、あっという間に爆誕するだろう。。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-06-18-22-52
そしてこれが、完成形。

既に王者としての風格を持ち、非常に魅力的なビジュアルだ。

素材の味を生かしたチキン」という名前で、350円くらいで販売できるかもしれない。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-06-18-23-09
そしてこれを、包丁で6等分にカットしよう。

直に触ると非常に熱いため、フォークで抑え込むとすごく簡単だ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-06-18-23-31
そして次に、薫り高い小葱ソースを作成しよう。

まずは小葱を1/2袋、細かくカットしよう。

小葱LOVEな方は、思い切って一袋使ってもOKだ。

その場合、次の調味料を1.5倍程度にご調節頂けるだろうか。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-06-18-23-43
それが、以下の調味料だ。

・醤油 小さじ2
・一味唐辛子 小さじ0.5

シンプルな味付けだが、チキンの味を最大限に引き出してくれる。

和風な旨さに定評のある、池上調味料達なのだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-06-18-23-54
次にクッキングペーパーを敷き、食材を乗せていこう。

下からチキン、モツァレラチーズ30g、小ネギソース。

かつて、このフォーメーションで破れなかった胃袋があるだろうか。

いやむしろ、胃袋は破ってはいけないだろう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-06-18-24-05
最後にこれを、余熱無しのオーブンで220度7分間

この間、7分間の地獄のプランクに興じるのも一興だ。

ちなみに私は、ソファーでのんびり待つことにしよう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-06-18-24-29
火傷に気を付けて配置をしたら、さぁ完成だ。

沢山の方々に召し上がっていただきたい、和風チキンを愛でてあげていただきたい。

低糖質の美味しさチェック

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-06-18-24-39
まず鉄板なのが、このネギと一味。

これだけでドームを満員にするポテンシャルを秘めている。

そしてさらに、チーズが蕩けている…。

じっと見ていると、チーズが「はよ食え」と囁くだろう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-06-18-24-59
では早速、沢山のネギソースを乗せて一口。

あぁ、チキンが全力で旨い。

小葱と一味ソースが、思い通りの美味しさを引き出してくれている。

そしてそれを軽く超える、モツァレラチーズの絶妙な塩加減

何でもない平日に出てくると、何事か!?と思う美味しさだ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-01-06-18-25-08
そして、このネギラッシュ。

口の中がネギだらけになるかと思ったが、良いわき役に徹している。

あくまでもチキンと一味チーズが主役、これがいいバランスだ。

あぁ、チキンは今日も美味しかった。

いつか全長3メートルの鶏を捕まえたい、そう再確認した逸品だった。

いつも最後までご覧いただき、本当にありがとうございます。

ご満足いただければ幸いです。

FavoriteLoading記事をお気に入り!
スポンサーリンク